きよぺーです。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

さて、今回は、

既婚者とデートする女性の心理〜曖昧なまま進めよう

という邪悪系なお話をさせていただきます。

 

「俺に奥さんがいることを知ってるのに」

「サシ飲みに誘ったら来てくれるなんて」

「いったい女性はどんな気持ちでいるんだろうか?」

という既婚男性の疑問に
お答えしたいと思います。

 

ただし!

私は、完全体男子なので、
女性の気持ちを伝えるといっても、
経験上の推測に過ぎないので、

そこんとこ四露死苦だぜ!

 

既婚者とデートする女性の心理

さて、

既婚男性が誘ってきたにも関わらず、

デートやサシ飲みにOKをしてくれた
女性心理について解説をさせていただきます。

 

まずですね、前提として、

あなたとその女性が
どのような関係性なのか?

ということ分析することが重要です。

ここによって、女性心理も
変わってくるからです。

 

ここで分けるべき関係性は二つ

 

あなたとのデートやサシ飲みに
OKをしてくれた女性が、

あなたのことを仕事上の関係しかない男性

と思っているのか、あるいは、

あなたに興味や関心をもっているのか

という二つの関係性です。

 

いま、あなたがターゲットの女性に、
どちらのタイプに思われているのかは
判断が難しいところですが、

職場などにおいて、おおむね
仕事の話しかしないような仲であれば、
前者と思っていただいて大丈夫です。

 

逆に、仕事の話よりも、くだらない話や
面白い話、中身のない話をするような仲
なのであれば、後者の可能性が高いです。

では、それぞれのタイプ別に
女性心理を解説したいと思います。

 

既婚者とデートする女性の心理1   仕事上の関係のみの男性の場合

既婚者であるあなたが、
ほぼほぼ仕事上の関係しかない状態で、

女性をデートやサシ飲みに誘って、
OKがもらえた場合の女性心理としては、

「面倒臭いけど仕方ない」

「既婚者が誘って来てんじゃねーよ」

「まさか迫って来ないよね?」

「職場にバレたらやだなあ」

「仕事の相談したかったからなー」

「いつもお世話になってるから断りづらい」

「これからも仕事で絡むから断りづらい」

と、まあ、こんな感じです。

 

あまりポジティブな心境ではないことが
わかります。

 

と、いうのもですね、

仕事上の関係としか思っていなかった
男性と、プライベートで会うってのは、

女性にとっては、結構ハードルの高いもの

 

ましてや相手が既婚男性であれば、
なお一層です。

正直、行きたくないという気持ちが
ほとんどでしょう。

 

なので、ぶっちゃけですね、

ターゲットの女性と

  • 仕事の話しかしない
  • 仕事以外では関わらない
  • 笑いをとったことがない
  • 仕事以外の自分に興味関心がなさそう

という状態であれば、

まだデートやサシ飲みに誘うべきではありません!

 

このような状態ですと、あなたの誘いは、
女性にとって負担でしかありません。

なので、まだ口説くのには、
関係性が未熟ということです。

 

既婚者とデートする女性の心理2   あなたに仕事以外の興味関心がある場合

次なるパターンは、

あなたに対して興味関心を
持っている状態の女性が、

既婚者であるあなたからのデートや
サシ飲みの誘いをOKした場合です。

 

この場合の女性心理は、

「まあいいかな」

「なんか面白そう」

「迫って来たら断ればいいし」

「なんかエロいこと考えてるかも」

「ちょっと飲みに行きたかったんだよね」

という感じです。

 

これを見てお分かりになるかと思いますが、

別に、既婚者からデートやサシ飲みに
誘われてOKをしただけでは、

多少脈ありな感じではありますが、
こちらに好意を持っているとは
いえない状態です。

 

ここを誤解している方がいるので、
忠告しておきます。

 

「俺に奥さんがいることを知っていて、俺とデートしてくれるなんて!」

「これは、抱けるってことだろお?」

なんて思わないでください。

大怪我します。

 

とはいえ、脈がないわけではないので、
大いにワンナイトが成功する
可能性はあります。

 

既婚者は曖昧なままアプローチを進めよう

さて、それでは、あなたに興味関心を
持ってくれている女性が、

既婚者であるあなたとデートやサシ飲みを
OKしてくれた場合、

どのようにアプローチを進めれば良いのでしょうか?

 

とても重要なことは、

というか、これだけ守ってねという
たった一つのルールとも言えるのですが、

 

あなたが既婚者である場合、

曖昧なままアプローチを進めてください。

 

逆に言うと、

白黒をつけようとしないでください。

 

どういうことかと申しますと、

これ、本当に多いのですが、

アプローチの途中で、
自分の好意を相手女性に伝えてしまう
既婚男性がめちゃくちゃ多いんですね。

 

これはマジで辞めてください。

 

いや、気持ちはわかりますよ。

 

「自分の好きって気持ちを伝えたい」

「そして、相手女性からの好意も受けたい」

「あわよくば、両思いになりたい」

と。

 

でもですね、

既に既婚者なのです。

奥様がいるのです。

なので、好意を伝えるのはNGです。

 

もちろん、信義則上、倫理上、
既婚男性が女性に好意を伝えてはいけない
という意味もありますが、

それ以上に、

好意を伝えるとですね、

アプローチが止まってしまうんですよ。

それ以上、深い関係に
なりにくくなってしまうのです。

 

なぜなら、

好意を伝えられた女性は、
考えてしまうからです。

 

  • 自分の立場
  • 自分の気持ち
  • これからの関係
  • トラブル
  • 裁判
  • 離婚
  • ドロドロ
  • レディースコミック的雰囲気

などなど。

 

で、結局、

「やっぱりダメだと思います」

ってなっちゃうわけです。

 

で、多くの既婚男性は、ここで、
下手に粘ったり、グズったりして、

関係を壊してしまうことになるのです。

 

原因は、あなたです!

好意を伝えちゃうからです!

白黒つけようとしちゃうからです!

 

だからですね、

女性に、答えを考えさせてはいけません。

 

曖昧でいいんです。

既婚者であるあなたのアプローチは
曖昧模糊にしておいてください。

 

やるべきは、

トークによって女性の感情を高めてから、

手を繋ぎ、

キスを迫り、

ホテルに誘導する

このような段階的オファーです。

 

好意を確認したり、伝えたり、
そんな許可、認可、特許はいりません。

曖昧なまま、ふわっとした感じで、
非日常的な空間で、ゆるゆるーっと、
自然なオファーを心がけてください。

 

 

ってなわけで、

既婚者とデートする女性の心理と
その後のアプローチについて
お話をさせていただきました。

 

あ!

最後に一つだけ。

 

奥様は世界一大事にしてください!

 

きよぺーでした。

 

きよぺーの会話具体例シリーズ

モテるノウハウを身につけたら
仕上げに会話の具体例を手に入れ、

他の男子たちと差をつけよう!

『サシ飲み会話具体例集』

きよぺーが「note」デビューいたしました!『サシ飲み会話具体例集(待ち合わせから夜のお誘いまで)』のご案内

ターゲットの女性と二人きりの空間で
誰にも邪魔されることなくサシ飲み

だが、サシ飲みは男女にとって戦場ですよ

待ち合わせから夜のお誘いまで、
サシ飲み全シーンの会話具体例をあなたに!

『サシ飲み会話具体例』はこちらから。

 

『サシ飲みの誘い方21パターン』

『サシ飲みの誘い方17パターン(声かけからオファーまでの具体例)解説付き』が完成いたしました!

女性へのアプローチにおける
最初の関門であるサシ飲みへの誘い

誘う男性も誘われる女性も楽しくなる誘い

怯えながら震えながらサシ飲みに誘う
あなたとサヨナラしましょう。

『サシ飲みの誘い方21パターン』はこちらから。

 

『いじり会話具体例集』

いじり会話具体例集〜いじりから始まる縦横無尽なトークを手に入れよう!

女性との関係性を深めるために
必須のスキルである「いじり」

いじりを制する者がアプローチを性する

上手にいじり、女性の感情を揺さぶり、
非日常の世界に誘(いざな)いましょう。

『いじり会話具体例集』はこちらから。