きよぺーです。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

さて、あなたはサシ飲みの後の誘導。

しっかり出来ていますか?

 

他の記事でも申し上げておりますが、
ワンナイトラブにおいては、

「女性を口説く」というのは、
「女性を誘導する」ということです。

 

我々のように、

恋愛を成功させたいわけではなく、
ワンナイトラブを成功させたい
と思っている場合、

女性を恋に落とすのではなく、
女性を次にステップに誘導する、

ということが重要になってきます。

 

「きよぺーさん、大好き❤」

を目指すのではなく、

「あれ、キスしちゃった」

「あれ、抱かれちゃった」

って、感じに持って行くわけです。

 

で、これまでの経験上、

成功(性交)するホテル誘導には、
3つの構成要素が含まれていました。

ってわけで、今回は、この
構成要素について説明したげる。

 

成功するホテル誘導を構成する3つの要素

さて、ワンナイトラブの最終奥義

ホテル誘導

成功するホテル誘導を分析すると、
3つの要素で構成されていることがわかりました。

 

この構成要素は、以下の3つです。

  1. 導き
  2. 招き
  3. 許可

この3つの構成要素をエロく配合することで、
正しいホテル誘導が可能になります。

 

では、それぞれについて見ていきましょう。

 

成功するホテル誘導の構成要素1   導き

成功するホテル誘導の構成要素の一つ目は、

導き

です。

 

説明が難しいのですが、

要は、サシ飲みの後に、
駅に向かうわけではなく、

なんとなく一緒に歩き始めてしまう雰囲気

のことです。

 

誘導力と言ってもいいかもしれません。

ホテル誘導の基礎になる要素です。

 

実は、この誘導力が低い状態ですと、
サシ飲みの後、一緒について来てくれません。

「え? どこ行くんですか? 駅は反対ですよ」

こんなことを言われたことのある方も
いらっしゃるかと思います。

 

これは、つまり、あなたの誘導力の
低さが招いた状態なのです。

 

このような状況になる原因は、
様々ありますが、

大きな理由の一つが、

サシ飲み時に非日常的雰囲気が構築できていなかったから

だと思われます。

 

女性が、論理的・日常的思考状態のため、
駅の方向に向かわないあなたに
疑惑・疑念・不安を感じるのです。

地に足がついている状態って感じですね。

 

しかし、一方で、

本能的・非日常的思考状態であると、
女性は、地に足のついていないような状態

ふわふわ・ほわーんとした状態に
なっている感じになりますので、

居酒屋やカラオケの外に出た後で、
なんとなくあなたの後についていく

このような状態になるわけです。

 

ワンナイトラブには非日常感が必須です。

必ず意識するようにし、
導きができるような雰囲気を
作り上げていきましょう。

 

成功するホテル誘導の構成要素2   招き

成功するホテル誘導の構成要素の二つ目は、

招き

です。

 

「こっちおいでよ」

って、やつです。

 

はっきり言って、飲みの後の誘導に、

率先して、前のめりで、
やる気満々でついてくる女性は稀です。

まあ、いないこともないのですが(笑)

 

そんな時に、有効なのが招きのスキルです。

導きとは少し異なる能力になります。

 

導きは、いわゆる

シンクロ

です。

 

イメージとしては一緒に動いて行く、
ついて行ってしまう感じですね。

 

しかし、招きは、少し違います。

1歩あるいは数歩先から、相手に対して
こちらに来るように促すアクションです。

 

ホテルへ入ることに躊躇している
女性の後押しをしてあげる。

それが招きです。

 

あくまで、招くんです。

躊躇している女性を背後から
押すようなことはしないでください。

 

背後から押すのは

強引

です。

 

これは絶対にダメです。

 

招きを成功させるためには、
女性があなたに対して、

  • 心地よさ
  • 感情の高ぶり
  • 期待

などの気持ちを持っていることが必要です。

 

これらの気持ちが芽生えているからこそ
あなたの招きに反応するのです。

 

私の場合は、基本的には、
導きで入ることが多いのですが、

多少躊躇している女性には、1歩先から

「ほら」

「楽しいよ」

などと手でおいでおいでする。

 

「ちょっと、来てみて」

でもいいかもしれません。

 

ほんの一瞬のことです。

ここで招けるかどうかが鍵になります。

 

「そんな簡単に、上手くいくのかなあ」

と不安に思われている方も
いらっしゃるかもしれません。

 

正直申し上げると、

不安を持たれている状態では、
招きは成功しないでしょう。

 

なぜなら、招きを成功させるためには、
もう一つ重要なものがあるからです。

 

それは、

です。

 

女性よりも、あなたの方が格上だからこそ、
招きに応じてくれるんですね。

 

実は、この招き力がどの程度あるか。

簡単に知る方法があります。

 

それは、職場や学校で、気になる女性を、

「ちょっと、こっちおいでよ」

と言って、招けるかどうか。

これを試してみれば良いです。

 

「え? 何で?」

みたいに思われて、女性が来てくれない場合。

それは、あなたが格下と
認識されているということ。

つまり、ホテル誘導できるレベルの
招き力がないということです。

 

あなたが格上であった場合、
女性は何も考えることなく、
あなたの呼ぶ方へ来てくれるはずです。

簡単にできますので、
ちょっと試して見てください。

 

ただ、やり過ぎるとキモいので
注意が必要です。

 

成功するホテル誘導の構成要素3   許可

成功するホテル誘導の要請要素の3つ目は、

許可

です。

 

では、何を許可するのでしょうか。

 

実は、あなたが女性に

  • 期待
  • 心地よさ
  • 感情の高ぶり
  • Hな想像

などなど、サシ飲み段階でこのような
思いを抱かせているのであれば、

女性はあなたと一夜を過ごすことを
うっすらと望むようになってきます。

 

しかし一方で、女性は一般的に、

「彼氏でもない、夫でもない、男性とホテルに入っていいのか?」

「許されることなのか?」

「いや、ダメだよね」

という常識的な部分も持っています。

 

ワンナイトラブを禁止事項として
認識しているわけです。

ここで重要な役割を果たすのが、
許可です。

 

女性の持っているワンナイトに対する

  • 禁止
  • ガード
  • 封印のお札

これをさらっと取っ払ってください。

 

一言でいいんです。

「大丈夫だよ」

さらっと言ってみてください。

あくまでさらっとです。

 

ここで、長くおしゃべりをしてしまうと、

非日常感が消え、女性の脳が
論理的思考に入ってしまいます。

なので、ホテル誘導は、
基本的に口数少なく行うものなのです。

 

女性が、

「えー、いいのかなあ」

など言って来たら、

「いいんじゃない」

と、一言。

 

これで禁止ガードは崩れます。

 

 

さて、今回は、ホテル誘導について、
分析してみました。

 

ただ、ホテル誘導は、

これはもう、

経験値がものをいうシーンです。

是非、実戦を積み上げていってください。

 

きよぺーでした。

 

きよぺーの会話具体例シリーズ

モテるノウハウを身につけたら
仕上げに会話の具体例を手に入れ、

他の男子たちと差をつけよう!

『サシ飲み会話具体例集』

きよぺーが「note」デビューいたしました!『サシ飲み会話具体例集(待ち合わせから夜のお誘いまで)』のご案内

ターゲットの女性と二人きりの空間で
誰にも邪魔されることなくサシ飲み

だが、サシ飲みは男女にとって戦場ですよ

待ち合わせから夜のお誘いまで、
サシ飲み全シーンの会話具体例をあなたに!

『サシ飲み会話具体例』はこちらから。

 

『サシ飲みの誘い方21パターン』

『サシ飲みの誘い方17パターン(声かけからオファーまでの具体例)解説付き』が完成いたしました!

女性へのアプローチにおける
最初の関門であるサシ飲みへの誘い

誘う男性も誘われる女性も楽しくなる誘い

怯えながら震えながらサシ飲みに誘う
あなたとサヨナラしましょう。

『サシ飲みの誘い方21パターン』はこちらから。

 

『いじり会話具体例集』

いじり会話具体例集〜いじりから始まる縦横無尽なトークを手に入れよう!

女性との関係性を深めるために
必須のスキルである「いじり」

いじりを制する者がアプローチを性する

上手にいじり、女性の感情を揺さぶり、
非日常の世界に誘(いざな)いましょう。

『いじり会話具体例集』はこちらから。