巨蟹宮のきよぺーです。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

さて、女性にモテるために
日々努力をしていると、

脈ありサイン

って概念にぶつかります。

 

女性が示す、OKサインのことで、
ひとえに脈ありサインと言っても、

「サシ飲みならついていくよ」

「あなたに好意を持っているよ」

など、様々なタイプのサインがあります。

 

その中でもとりわけ、最強のサインが

やれるサイン

です。

 

とんでもなく下品な記事になる予感が
しますが…いたって真面目な内容です。

 

やれるサインとは?

やれるサインとは、もうそのまま

このサインを確認できたら、
やれるってサインです。

 

一般的に、一番信憑性が高いと
言われているのが、

女性の家に行けた

男性の家に呼べた

ってやつだと思います。

 

「うそーん、君んち行っていいの?」

「まじ? うち来てくれるの?」

 

この、相手の家に行ける、自分ちに呼べる
ってサインを確認できた男性の多くは、

「うひょおおおおおお! ぜってーやれるううう」

なんてはしゃいでしまうかもしれませんが、

はっきり言うと、

そんなことありません!!!

 

私のサイトの閲覧者様から、
心や身体を傷つけてしまう方が
出ないように、きつく言っておきますが、

女性の家に入れた

自分の家に入った

これだけでは、セックスOKサイン
にはなりません。

 

これは、超誤解です。

 

もちろん、

女性の家に入れた

自分の家に入った

ってのは、ただならぬ関係であることは明白。

 

そのこと自体を批判するつもりはありません。

 

しかし、

女性は、あなたとの関係性次第では、
セックスをするしないに関係なく、

家に入ることをOKすることは少なくありません。

 

例えば、

  • あなたのことをとても仲の良い友達という認識
  • あなたが泥酔して自分が助けないといけないような状況
  • 共通の好きな映画がありいつか一緒に見たいと話していた
  • 終電がなくなりどうしようもなくなった

など、このような理由で女性は、

自分の家にあなたを入れることを許可したり、
あなたの家に入ることをOKすることがあります。

 

しかし、

上記のような理由では、

あなたとセックスをすることを
許可したわけではないのです。

 

家に入れたらセックスOKって・・・怖い

男性側からすると、こんな意見もあるでしょう。

「いや、家で二人きりになったってことは、エッチOKってことだろ?」

「セックスしてもいいですかって、聞けないんだから、家に入れたらOKでしょ」

「さすがに、家に入ってエッチ拒絶はないわー」

などなど。

 

わかります。

おっしゃることは重々わかります。

 

しかし、これらは、

野獣の考えです。

まじ、女性からしたら、超怖い考え方です。

 

いいですか?

 

あなたが口説いている女性は、

他人です。

 

よほど、しっかりと、相手の心境や心理を
読み取ろうとしていない限り、

こちらが思っているのとは、全く異なる
感情を抱いていることなんて、ざらにあります。

 

とくに、口説きやアプローチについてはそうです。

 

先ほどの男性からの咆哮にもありましたが、
間違っても、男性から女性に対して、

「セックスさせてください」

とはいえないもの。

 

つまり、最終的には

やれるサイン

を見抜かなければならないということ。

 

それは間違いありません。

 

しかし、家に入れるまでの女性との
関係性次第では、

会話の流れ次第では、

女性は、あなたのセックス希望状態を
全く認識していないことは多々あるのです。

 

一番危険なサインは「迷いなし」

さて、まずは、あなたが、

  • 女性の家に行きたい
  • 自分の家に呼びたい

このようなオファーをしたときに、
女性からの反応で

最も危険なサインからお話しします。

 

一番気をつけなければならないのは、

女性が全く迷っていない場合

これが一番危険なサインです。

 

一般的には、お互いの家に行くというのは、
男性がエッチするつもりであることは
わかりそうなもの。

 

そのため、この認識のある女性の場合、

「家に行っていい?」

「俺んち来る?」

というオファーに対し、必ず、

迷い

あるいは

拒絶

という反応を示すはずなのです。

 

この時、女性が全く、
迷いや拒否の様子がない場合、

女性が、こちらの下心に全く
気が付いていないケースがほとんどです。

 

ともすれば、我々男性は、
家オファーに対して、女性が
全く動じることなくOKしてくれたら、

「うおおおおお!100%オッケーじゃあああん!」

と脳が爆発するくらい舞い上がってしまいそうですが、

逆です!

 

女性は、全くセックスの意識がないのです。

 

このようなケースで、女性の家は、自分の家で
二人きりになり、セックスを迫ると、

100%関係性は壊れます。

 

下手するとトラブルに発展します。

 

「そんなつもりじゃなかった!」

「私のこと、そんな目で見てたなんて!」

 

あなたのこれまで積み上げてきた信頼感は
一気に大崩壊。

次の日以降、いばらの毎日が待っています。

 

そのため、家オファーに対して、
女性が全く動じていないときは、

ちょっと立ち止まってください。

 

「え?いいの?」

「男を家に入れちゃだめじゃん」

「俺、超危険な奴だよ」

 

など、ちょっとユニークに
女性の目を覚ましてあげてください。

 

正しいやれるサインの見抜き方

では、お互いの家に行くために
もっとも望ましいサインはなんなのか。

 

私のこれまでの経験上、
非常に上手く進めたのは、
以下のような反応です。

 

● 良いサイン①

「じゃあ、家行っていい?」

「えー、凄いちらかってるし」

「まじ、じゃあ、もっと汚してあげるよ」

「やだ、最悪」

「うそだよ・・・行っていい?」

「まあ…じゃあ、来る?」

 

● 良いサイン②

「暑いねー」

「ほんと」

「ねえ、シャワー貸してよ」

「えー、シャワー?」

「そう。あの高級シャワー」

「来たことないじゃん」

「あれ、そうだっけ?」

「…別にシャワーくらいいいけど」

 

● 良いサイン③

「家に彼氏よく来るの?」

「たまに来るね」

「アポなしで?」

「いや、事前に連絡はしてくる。ってかしてって言ってある」

「俺は?」

「え?」

「俺も家に行くのにアポ必要?」

「えー、まじ?」

「じゃあ、アポなしでいい?」

「アポなしはだめ」

「今から行っていい?」

「…まあ、いいよ」

 

と、こんな感じです。

 

てか、すいません。

自分の家に女性を呼ぶことが
ほとんど皆無なので、

女性の家にいくバージョンのみと
なってしまいました。

 

上記のように、ちょっとユーモラスに
オファーしてみましょう。

ここで、拒絶されるようだと、
まだまだ全く口説けていなかったってことです。

また出直しましょう。

 

絶対に言ってはいけないこと、やってはいけないこと

最後に、女性の家に行ったり、

自分の家に呼ぶ際に、

絶対に言ってはいけないセリフなどを
お伝えいたします。

 

それは、以下のようなもの。

「絶対に何もしないから」

「玄関まで送るだけだから」

「タクシーから降りないから」

このような発言ですね。

 

これらは、絶対にNGです。

 

本当に、あなたの言っていることを
信じてしまう女性がいます。

 

なので、このような発言を信じて、
女性があなたを家に入れる可能性が
ありますが、

もちろん、トラブります。

 

むしろ、言うのであれば、

「指一本しか触れないから。いや、指二本は触れるかな」

「玄関入って、リビング入って、お茶して…」

みたいな冗談みたいなものは、
使ってみてもいいかもしれません。

 

私は、このようなセリフから

「まじ、馬鹿みたい。わかったよ。いいよ」

みたいな感じで家に入れてくれたことがありました。

 

後、当たり前ですが、

強引に女性の家に行ったり、

暴言でビビらせたりなどは、

論外です!

 

酔った勢いでとか通じませんので、
気を付けてください。

 

当サイトでも何度も申し上げていますが、

女性があなたに抱かれてもいい

女性があなたに抱かれたい

このような女性側のニーズがあって、
初めてセックスができるのです。

ワンナイトラブが成功するのです。

 

ここを間違わないでください。

 

きよぺーでした。

 

『サシ飲み会話具体例集(待ち合わせから夜のお誘いまで)』のご案内

ついに!

女性へのアプローチにおいて
必須のイベントである

サシ飲み

を具体的な会話例と共に
完全解説した記事が完成。

ついに、きよぺーのサシ飲みの
全容が明らかになりました。

ワンナイトラブが成功する
サシ飲みとは一体どのようなものなのか?

『サシ飲み会話具体例集(待ち合わせから夜のお誘いまで)』のご案内

きよぺーが「note」デビューいたしました!『サシ飲み会話具体例集(待ち合わせから夜のお誘いまで)』のご案内

ツイッター始めました

きよぺーがツイッターを始めました。

短い文章にモテのエッセンスを注ぎこんでおります。

当ブログでは見られない、きよぺーを是非お楽しみください。