女性に拒絶されたらその気持ちを変えようとせずチャンスを伺う

 

きよぺーです。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

さて、今回は、

女性に拒絶をされたら、
その女性の気持ちを変えようとはせず、

いったん女性の望むような流れに乗り、
チャンスを伺う

って、お話しをさせていただきます。

 

なんだか、先に、
全部説明してしまったみたいに
なってしまいましたが、

最後まで読んでいただければ幸いです。

 

ワンナイトに絶対必須な誘いやオファー

さて、女性にアプローチをしていると
当然のごとく、やらなければならないのは、

誘い(オファー)

ですね。

 

  • サシ飲みへの誘い
  • デートへの誘い
  • 手をつなぐオファー
  • キスを迫ってみる
  • ホテル誘導

 

ワンナイトを成功させるまでに、
様々な誘いやオファーを
実行していくことになります。

 

しかし、当然のことながら、
その誘いやオファーを
拒否されることもあります。

普通にあります。

 

そのときに、皆さんは、
どのような反応をしているでしょうか?

 

例えば、サシ飲みの誘いをする場合、
以下のような感じになっちゃってませんか?

 

職場の後輩との会話にて。

「じゃあ、今度、飲みにでも行こうよ」

「えー、じゃあ、○○さんとかも誘いましょうよ」

「いや、たまにはさ、二人でさ、飲みに行ってみない?」

「いや、私、彼氏いるし、男性と二人はちょっと…」

「いやいや、まあ、仕事仲間としてさ」

「なら、○○さんとか入れて、複数で行きましょうよ」

 

いかがでしょうか?

これは、クソですね。

 

上記のような誘いのどこがいけないのかは、
いろいろありますが、

今回の趣旨に沿って解説をさせていただくと、
この誘いの悪い点、バッドなポイントは、

女性の拒絶心を変えようとしているところ

ですね。

 

とはいえ、当然ですよね。

だって、こちらは、
サシ飲みに行きたくて、
誘ってるわけですから。

拒否されたら、そりゃあ、
挽回したくなります。

 

「もうちょっと誘ってみよう」

「もしかして、あと一息か?」

「ここまで来て、諦めきれん!」

って感じになっちゃいますよね。

 

でも、

ファックユー!

ダメです!

 

これじゃあ、ワンナイトラブなど程遠いです。

 

女性に拒絶されたらその気持ちを変えようとしない

冷静になって考えれば、
おわかりになるかと思いますが、

上記の例では、女性は、
こちらの誘いに対して、
明確にNOを突きつけています。

 

つまり、こちらの誘いを
拒否しているわけです。

 

そんななか、答えの出ているものを
覆そうと、粘るなんて、

非モテです。

 

細かく言うと、

対応が頑な過ぎます。

 

もっと柔軟になってください。

 

女性は一度は、誘いを拒否
している訳ですから、

まずは、その女性の意を汲んでください。

 

でないと、ただの

ワガママなクソ野郎

と、認識されてしまいます。

 

他の記事でも申し上げておりますが、

目的はサシ飲みに行くことではなく、
ワンナイトラブを楽しむことですよね?

となれば、

サシ飲みはワンナイトラブを楽しむための
ただの手段の一つでしかありません。

 

ここの認識が非常に重要なのです。

 

女性が拒否をしたら、
その拒否に立ち向かうのではなく、

拒否を認識しつつ、
女性の望むような流れに乗りましょう。

 

その上で、会話の流れの中で、
自然に再度の誘いに持って行けそうな
雰囲気が出てきたのであれば、
そちらに誘導してみる。

ってな感じで進めてみましょう。

 

なので、決して、女性の拒絶心を
変えようとはしないことが重要です。

例えば、上記のような流れの場合、
下記のようになるでしょうか。

 

女性の拒絶心に抵抗しないサシ飲みの誘い具体例

それでは、前出と同じシチュエーションで
具体例をお示しします。

 

職場の後輩との会話にて。

「じゃあ、今度、飲みにでも行こうよ」

「えー、じゃあ、○○さんとかも誘いましょうよ」

「わかる、確かに俺と二人で飲みに行くのは止めたほうがいいね」

「出来れば、他にもいた方がいいかなーって」

「100人くらい?」

「それは多過ぎますね(笑)」

「瓶ビールが足りなくなっちゃうね」

「生じゃないんですね」

「いや、俺、ビール飲めないから」

「えー、そーなんですか?」

「お酒飲めないんですよ」

「えー、意外」

「何にも飲めないんです」

「じゃあ、何で誘ったんですか(笑)」

「ゆっくりお話ししてみたかっただけだよ」

「ああ」

「お酒強い?」

「私も、そんなに強くなくて」

「じゃあ、二人でタピオカティーでも飲みに行こうか」

「あー、ちょっと飲みたいかも」

 

と、こんな感じで、拒否をされた後は、
女性の意向に添いつつ、

女性の感情の流れを堰き止めないよう、
会話を流しつつ、会話を楽しませ、

次なるオファーのチャンスを窺いましょう。

 

その時が無理でも、他の日でもいいんです。

最終的に女性に求められる男に
なれればいいんです!

 

そんな感じで。

きよぺーでした。

 

きよぺーの会話具体例シリーズ

モテるノウハウを身につけたら
仕上げに会話の具体例を手に入れ、

他の男子たちと差をつけよう!

『サシ飲み会話具体例集』

きよぺーが「note」デビューいたしました!『サシ飲み会話具体例集(待ち合わせから夜のお誘いまで)』のご案内

ターゲットの女性と二人きりの空間で
誰にも邪魔されることなくサシ飲み

だが、サシ飲みは男女にとって戦場ですよ

待ち合わせから夜のお誘いまで、
サシ飲み全シーンの会話具体例をあなたに!

『サシ飲み会話具体例』はこちらから。

 

『サシ飲みの誘い方21パターン』

『サシ飲みの誘い方17パターン(声かけからオファーまでの具体例)解説付き』が完成いたしました!

女性へのアプローチにおける
最初の関門であるサシ飲みへの誘い

誘う男性も誘われる女性も楽しくなる誘い

怯えながら震えながらサシ飲みに誘う
あなたとサヨナラしましょう。

『サシ飲みの誘い方21パターン』はこちらから。

 

『いじり会話具体例集』

いじり会話具体例集〜いじりから始まる縦横無尽なトークを手に入れよう!

女性との関係性を深めるために
必須のスキルである「いじり」

いじりを制する者がアプローチを性する

上手にいじり、女性の感情を揺さぶり、
非日常の世界に誘(いざな)いましょう。

『いじり会話具体例集』はこちらから。