【半永久保存版】モテる男になる方法ベスト16を発表します!(後腐れのないセックス編)

 

きよぺーです。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただき、ありがとうございます。

 

さて、当サイトも開設から
3年を経過し、私のみならず、
サイト閲覧者様の中から、多くの

ワンナイトラブ成功者

を輩出してきております。

 

 

このような状況になった今、
改めて、女性からモテる方法を
お伝えしたいと思います。

題して、

「後腐れのないセックスをする方法
 ベスト16を発表!」

しちゃいます。

 

最低なタイトルですね(笑)

 

では、ちょっと変更して、

「モテる男になる方法
 ベスト16を発表しちゃいます!」

で行きたいと思います。

 

ただし、ネット上に落ちている

「自信をもちましょう!」

「積極的に話しかけましょう!」

「女性の話を聞きましょう!」

みたいな爽やかなものではありません。

 

マジで、職場や学校の知り合いの女性を
誘って、口説いて、抱いちゃう!

いわゆる

ワンナイトラブを成功させる!

そんな悪魔的モテる方法
大公開してしまいます。

 

 

私のこれまでの経験や、
ワンナイトラブ成功に至った
サイト閲覧者様のお話なども
考慮して、紡ぎだした

ガチランキングです。

 

中には、今すぐに実践可能な
ものもありますが、

時間のかかるものもあることでしょう。

 

しかし、内容的には、
自分の意識さえ変えられれば
出来るものだけを抽出した
つもりです。

 

それでは、後腐れのないセックス

ワンナイトラブ成功のための方法

もとい

「モテる男になる方法 ベスト16」

イッちゃいましょう!

 

 

このページの目次

モテる男になる方法 第16位 メールやLINEで口説こうとしない

第16位いランクインしたのは、
いまやほとんどの方が使っているであろう、

LINEです。

 

サイト閲覧者様やメルマガ読者様から
ご質問のメールなどをいただくのですが、

メールやLINEのご相談が
結構多いんですね。

 

そして、その中でも気になっているのが、

メールやLINEを口説きのツールとして
使っている方が多いということ。

 

 

ノーーーーー!

 

ダメです!

 

メールやLINEは誘いのツールであって、

口説きのツールではありません!

 

あなたも送ってませんか?

「おはよう」

とか

「また会いたいな」

なんて。

 

ダメですよ!

これらは彼氏や彼氏候補の男性が送るもの。

 

口説きの途中。

ましてや、我々のような
ワンナイト狙いの男性は、

こんなメールやLINEを
送ってはいけません。

 

メールやLINEで
口説こうとしないでください!

 

特に、毎日のように、
職場や学校で会う女性に対して、

メールやLINEを送らないでください。

 

あなたも感じたことありませんか?

メールやLINE上では、
とても盛り上がったのに、
リアルに会うと、何だか気まずい。

なんてこと。

 

そりゃそうです!

だって、やりとりを
仮想空間でしていたのですから。

 

考えてください。

 

サシ飲みは仮想じゃありません。

セックスは仮想じゃありません。

私は仮性包茎ですが、それは関係ありません。

 

つまり、リアルの場所で
口説けなければ、誘えなければ、

絶対にワンナイトラブは成功しません。

 

メールやLINEを使うとすれば、

実際に会える場所にいない、とか

例えば、出会い系な場所で
やりとりが始まった、とか

職場が離れてしまった、とか

こんな場合だけです。

 

もし、職場や学校にいる
気になる女性に対して、

メールやLINEを
送っているような方がいれば、

それはもう止めましょう!

 

実際は、結構大きい確率で
ウザがられてますよ。

 

基本は、原則は、

リアルで会話してください。

リアルで口説いてください。

お願いします。

 

では、ランキングを進めましょう!

 

 

モテる男になる方法 第15位 女性を色眼鏡で見ない

色眼鏡?

抽象的でわかりにくいですね~。

でも、結構重要なのです。

 

 

第15位は、

女性を色眼鏡で見ないことです。

 

ここで私が申し上げたいのは、
ワンナイトラブを成功させるために、

女性の「立場」で諦めないで欲しい

ということなんです。

 

つまり、気になる女性に、

  • 彼氏がいた
  • 結婚していた
  • 超アニメオタクだった
  • 東大卒だった

などなど、いろいろ

「うわあ、もう駄目だあ!」

と口説きに二の足を
踏んでしまうような女性であっても
諦めないでください。

 

「彼氏付きなら、口説けないだろ?」

「既婚者なら飲みに行ってくれるわけないよ!」

「飲みの最中にアニメの話されてもギザコワス」

「俺は、Fラン大学中退だから東大卒なんて絶対無理!」

 

このように思ってしまい、
口説きを躊躇してしまう気持ちは
よくわかります。

私自身そうでした。

 

しかし、ある程度、上記のような
女性を口説き落とした今、
はっきり言えます。

 

女性の立場は関係ないです!

 

あなたが、モテる男になる方法をしっかりと
理解し、実践していけば、

上記のような女性を相手にすることも
問題ありません。

 

女性を色眼鏡で見ないでください。

 

目の前にいる魅力的な女性は、
これまで歩んできた道は
人ぞれぞれなれど、

一人の女性なんです。

ただの女性です。

口説き方に大きな違いはありません。

 

なので、自ら、口説ける女性の候補を
狭めないでください。

そんなことをしていると、
どんどん口説ける女性の
範囲が狭まっていきます。

 

「ああ、彼氏いるから無理」

「ああ、彼氏がいたから無理」

「ああ、成人だから無理」

冗談ではなく、本当に、
誘える女性がいなくなっちゃいますよ。

 

是非、

「女なら全員いったらああ!」

くらいの気持ちで
日々興奮しながら生活してください。

 

それでは、ランキング発表を続けましょう!

 

 

モテる男になる方法 第14位 トークは縦横無尽に広げる、深める

さて、ここでちょっと、テクニック的な、

口説きの初心者様では
難しそうな内容が出てしまいました。

 

実は、口説けない男性の多くは、

トークが一問一答式

になってしまっているんですね。

 

一個質問して、女性が答える。

これの繰り返し。

 

これじゃあ口説けません。

 

 

このようなFAQみたいなトークでは、

トーク自体が盛り上がりませんし、
すぐにネタ切れを起こして、エンストします。

燃費が悪いです。

 

車っぽい流れになっているので、
車で例えると、

エンジンかけて、
ちょっと進んで、すぐ止まる。

で、またエンジンかけて
ちょっと進んで、すぐ止まる。

こんな感じです。

 

これでは、燃費も悪いですし、
到達したい場所まで
超時間かかります。

それに、こんな運転をすうような
男性の車に乗りたくはありませんよね。

 

そうではなく、一つのネタで
会話を広げてください。

 

例えば、リンゴがネタならば、
果物つながりで、

次は、みかんに行ったり、
メロンに言ったり、

あるいは、赤つながりで、
ポスト、マルちゃん赤いきつね
浦和レッズ、
惣流・アスカ・ラングレー

などなど広げようは
いくらでもあります。

 

または、ネタを深めることも
重要です。

リンゴであれば、
ふじ、つがるなどの品種

育て方、農場の風景、
販売経路などなど、
深めることができるでしょう。

 

または、リンゴから
白雪姫、万有引力、
ビートルズ、など、

連想して、他のネタに
変えることもできます。

 

もちろんリンゴは例えで
実際にリンゴをネタにワンナイトラブを
成功させる方がいらっしゃれば、
それは、かなりの兵(つわもの)ですが。

 

ただ、このネタを
広げる、深める、連想させる
といったスキルは、

頑張れば、誰でも身につける
ことができます。

 

これは、会話に対する意識の問題です。

 

「ああ、何しゃべって良いのか、
 見当もつきません!」

とビビっていると、
会話の内容が頭に入ってこないんです。

 

ネタを広げる、深める連、想させる
といった意識で
会話をすることで、

実際にネタを広げたり、深めたり、
連想させたり
することは可能です。

 

そう考えれば、会話でネタ切れなんて
起きようがありません。

 

ただ、サシ飲みなんかで
長時間飲んでしまうのは、

それはそれで問題ありです。

サシ飲みに費やす時間については、
こちらの記事を参考にしてください。

 

それでは、ランキングを続けましょう!

 

 

モテる男になる方法 第13位 女性に自分の考えを押し付けない

いや、結構難しいんですよ。

この

「自分の考えを押し付けない」

ってのが。

 

言いたくなってしまうんですよね。

 

例えば、職場の後輩と
仕事の話をしていると、

「こいつは何でこんな無駄なことを
 やっているんだ!」

って思っちゃって、あれこれと
説教まがいなことをしてしまいます。

 

 

いいんですよ。

もちろん。

 

ただ、これは、
組織人としてはOKですが、

ワンナイトラブ求道者としては
NGと言わざるを得ません。

 

職場でしっかりと仕事を教え、
夜はしっぽりなんて、

ドラマみたいな想像をしている
男性がかなり多いですが、

そんなことはほとんどありません。

 

だって、心地よくないから。

説教なんて面白くないですよ。

 

昼は厳しい上司。

夜はセフレ。

これはよくあるドラマ・小説の中だけのお話。

 

実際は、気軽に話かけられる
ユニークな先輩や、同僚が
パックンチョしてます。

なので、職場でもかかわり方は
結構重要です。

これについてはまた後程。

 

で、自分の考えを
押し付けないの他のケースでは、

例えば、浮気。

 

女性が、

「絶対に浮気はしない」

なんて言っていると、
たいていの男性は日和ってしまって、

「そ、そうだよねええええ」

なんて言ってしまうと思います。

 

ただこれはまだましな方。

 

一部の武闘派な男性であれば

「浮気は悪という考えは、
 短絡的過ぎる!」

なんて言って、自分の
考えを押し付けるみたいな
流れになってしまいがち。

 

でも、これがダメです。

自分の考えを押し付けるのは
ダメなんです。

 

女性からしたら、自分を
否定されているような気分になります。

 

それに、話の内容なんて
どうでもいいんですよ、本当は。

 

なので、あなたの言っている
内容が本当は正しくても、
女性は、

「この人、物知り。素敵。抱かれたい!」

なんて思うことはなく、

「何こいつ。かっこつけて
 つまんねー奴。早く消えないかなあ」

って思われてますよ。

 

 

大事なのは、女性が心地よくなるような
空間を作り上げること。

 

女性が変なことを言っていても、
気にしないでいいんです。

女性は、トークの中身より、
トーク自体を楽しみたいのですから。

 

もし、女性の話している内容が、
とんでもなく認められない
と思うのでしたら、

その気持ちは「いじり」に
変えてください。

「途中から聞いてなかった」

「眠くなる話だね」

など。

 

これは、あなたと女性との
関係性も必要になりますが、
女性はいじられると
楽しくなるものです。

そして、女性から
いじられるようになれば
しめたもの。

ワンナイトラブも
近づいています。

 

女性をいじる方法については、
こちらの記事を参考に、

女性からいじられる方法については、
こちらの記事を参考にしてみてください。

 

女性の言っていることを
否定しないでください。

そんなものは、女性の彼氏や夫、
真面目な上司にでも任せておけばいいんです。

 

あなたの目的が、
後腐れのないセックスなのであれば、

その目的を見失わないでください。

 

それでは、次に移ります。

 

 

モテる男になる方法 第12位 仕事を理由にして飲みに誘わない

これも重要ですねー。

凄く多くいます。

仕事を理由にして、飲みに誘う男性が。

 

多分、その方が、
誘いにOKをもらえる可能性は
高くなるでしょう。

「仕事の相談したいから
 お酒でも飲みながらでも」

まあ、女性側にその
下心が見てていたとしても、

「普段からお世話になってるからなあ」

「断ったら気まずくなりそうだしなあ」

などど思い、誘いに
OKを出すでしょう。

 

 

止めてください!

少なくとも、当サイトを
参考にしているあなたは!

 

かっこ悪いです、こんな誘い方は!

 

だって、女性は嫌がっているですよ。

それを仕事を理由に誘うなんて。

絶対にやめましょう。

 

それに、お酒で酔えば、
あわよくば、なんて
考えがあるのかもしれませんが、

止めて下さい!

 

酔っても、きっと、ホテル誘導はおろか、
キスも出来ません。

だって、口説けていないのですから。

 

それに、ベロベロに酔った女性に
ちょっかいを出すのは、もう犯罪です。

訴えられますよ。

 

ワンナイトラブは、女性があなたに
心を許し、
そして、身体を許すのです。

なので、サシ飲みの誘いは
堂々を行いましょう。

 

仕事を理由にするのではなく、
あなた自身を理由にしてください。

 

「俺と飲みに行けば面白いよ!」

そんな意識で行ってください。

 

サシ飲みの基本事項については、
こちらの記事を参考にしてみてください。

 

目的は飲みに行くことではありません。

ホテルに行くことです。

飲みはただの手段にすぎません。

そこを誤解しないように、
気を付けてください。

 

では、続きまして!

 

 

モテる男になる方法 第11位 女性の不安を一瞬で消し去る

ワンナイトラブを狙うに当たって、
間違いなくぶち当たる関門。

それが、

女性の罪悪感

です。

 

これをぶち壊せるかどうかで、
ワンナイトラブの成否が分かれます。

 

女性が罪悪感を感じる段階まで
来るということは、

あなたはきっと、女性を
ある程度口説けている状況にあります。

つまり、もう
ワンナイトラブはすぐそこにあるのです。

 

 

しかし、多少なりとも
女性を口説けているこの段階で、

多くの男性は、女性の
罪悪感の壁を壊せないでいます。

 

そんな中、多いのは、

「実は、好きなんだ」

など、恋愛モードに
突入させてしまうケース。

 

超絶最悪です。

 

もちろん、その女性のことを
真剣に考えていて、

彼女にしたい、結婚したい
っていうのであれば、当然OKです。

是非是非、恋愛モードに突入し、
その女性を幸せにしてあげてください。

 

しかし、私が最悪と
申し上げているのは、

女性と付き合う気もない、
責任の取れない状態で、

恋愛モードに突入してしまうことです。

まさに、ワンナイトラブ狙いの
状況ですね。

 

これで仮にセックスしてしまったら、
どうしますか?

女性の恋心がこちらに傾いている中、
その恋心に答えられないでいるなんて。

 

最悪です。

 

以前は、世間を騒がせている
浮気や不倫の多くは、このパターンでした。

いわゆるドロドロな関係ですね。

まあ、今はワンナイトラブを
楽しんだだけでメディアに
取り上げられてるのでは?
というニュースが散見されますが。

 

では、女性の罪悪感に対して、
どう上手く対処するのが良いのか。

 

それは、

楽しいことをしようよ

楽しいことをしてもいいんだよ

楽しいことが出来るのは俺

と、心理誘導していくことです。

 

とはいえ、トークの前面に
上記のようなことを出すのではなく、

スパイス的に、トークのところどころに、
挟み込んでいくイメージです。

 

例えば、

「大人になると、楽しいことって
 結構少ないよね」

「昔は、昼休みにバーッと
 外に出たりしたけど、今はね」

「都内のサラダバーの店は
 極めたね」

などなど。

 

もちろん、これらは、ほんの一部ですが、

トークから、ワンナイトラブへの罪悪感
を消し去り、

楽しいことをしたいという
欲求が増し、そして、

楽しい場所へといざなってくれるのが
目の前にいるあなたである。

 

ここまで認識させることが出来れば、
もう恋愛を餌にして、

その女性を不幸せにすることも
なくなります。

 

女性の心が揺れ動いている
状況は、ピンチでありチャンスでもあります。

是非、この大きな波を
見事乗り越えてください。

 

それでは、いよいよベスト10に入ります

 

 

モテる男になる方法 第10位 無償の愛を身につけておく

モテる方法って何だ?

って考え始めると、

超絶魅力的なセリフがあったり、
シチュエーションがあったり、
なんて思ってしまいますが、

そんなものは不要です。

 

実は、ワンナイトラブ成功に必要なのは、

「本当のやさしさ」

なんです。

 

 

これはどういうことか?

 

女性があなたに幻滅する瞬間って、
何だと思いますか?

・・・失礼しました。

あなたには限りませんね(汗)

 

女性が一般的に、男性に幻滅する瞬間。

それは、

非常識

を見た瞬間です。

 

例えば、レストランなどで、
店員さんにため口をきいたり、

食事が出てくるのが遅かったことで
店員さんに小言を言ったり。

または、ビジネス上下の立場の方に、
上から目線で話をしたり。

 

などなど、基本的な
マナーが出来ていない方や
礼節に欠いた方が結構見られます。

 

これらを私は、

「一発アウト」

と定義しているのですが、女性から見て、

「うわああ」

と一瞬でも思われてしまったら、
ワンナイトラブ成功はないと
思っても良いです。

 

これらを自分の彼氏が
やってしまうのであれば、それは、

「いやだな」

で済みます。

 

でも、彼氏でも夫でもない
男性に身体を許すということは
かなりハードルの高いもの。

そんな価値ある男にしか
身体を許さない女性が、

上記のような男性に
身体を許すはずはありません。

 

なぜか?

 

それは、そこに

「愛」

を感じないからです。

 

すかすかな、中身のない男。

価値のない男。

愛のない男は、このように認識されます。

 

一方で、自ら女性に、

  • 仕事できるアピール
  • 優しいアピール
  • 面倒見が良いアピール

などを行っている男性もいますが、
こんなことをしてもあまり意味はありません。

 

そんなことは止めにして、本当の優しさ

つまり、

「無償の愛」

を持って下さい。

 

有能さや優しさは、自分の中に
隠し持っておけば良いのです。

 

  • 例えば、誰も見ていない中で、
    コピー機の用紙を補充しておく。
  • 廊下に落ちているごみを
    拾っておく。
  • 街で困っている人に
    近づいて助けてあげる。

など、無償の行為を
習慣化してください。

 

習慣のチカラは凄いです。

 

これは、女性との
デート中でも発揮されます。

何の見返りも求めることなく、
女性や店員さんなどに
優しい気配りができるようになります。

 

そして、その

無償さに女性は惹かれるのです。

器の大きさを感じるのです。

 

当サイトをご覧になられている
あなたは、是非、見た目だけでない

無償の愛を、無限に与えられる男

になってください。

 

続いては、社会人必見。

 

 

モテる男になる方法 第9位 立場を常に意識し、そして女性には意識させない

人生とは諸行無常なもの。

ほおっておいても、
人は日々老いていきます。

 

しわが増え、髪が抜け・・・

 

なんて、ネガティブに入って
しまいましたが、ご心配なく。

老いとモテはあんまり関係ありません。

 

むしろ、年取ってより
モテるようになるくらいです。

 

 

たぶん、ルックス勝負で、
女性にアプローチしてきた方は、

年齢が上がるにつれて、
女性が口説けなくなるような気がしますが、

 

少なくとも、当サイトで
お伝えしているような内容は、

年を取っていくごとに、
徐々に効果を発揮していく。

そんな気がしています。

 

年を取ると、その分、
人生においての余裕が生まれ、

人としての

「格」

も上がっていきます。

なので、超いいんです。

 

ちなみに私自身、30歳を越えてから、

「○年前に戻りたいなあ」

なんて思ったこと1回もありません。

 

もう、1か月前の自分に
戻ることすら嫌です。

 

今、ちょっと前の自分を思い出すと、

「うわあ、寒い!」

なんてこと結構あります。

 

おっと、だいぶ内容が、
ランキングから外れてしまいましたね。

すんまそん。

 

で、第9位は、

「立場を常に意識し、そして女性には意識させない」

ってことなのですが、
これ、どういうことなのかというと、

むしろ、老いて価値が下がるのではなく、
年齢を重ねるごとに、

女性との立場の「差」が
生まれてしまうんですね。

 

例えば、

  • 上司と部下
  • 先輩と後輩
  • 発注元と受注先
  • カンダタとカンダタ子分

 

まあ、とにかく、
立場が異なっていることで、

それが、むしろ、
口説きの邪魔になってしまう
ってことなのです。

 

 

例えば、部下を口説きたいときに、
真正面からアプローチしても、
多分、拒否られます。

で、前述したような仕事を理由とした
サシ飲みの誘いしか出来なくなるわけですね。

立場が上の状態で、
口説くのって、結構難しいのです。

 

そこで、重要なのが、

「立場の違いをきちんと認識すること」

なんです。

 

「俺は、相手女性から目上だと
 思われている」

と、正しく認識できた上で
アプローチの方法を
模索していく必要があります。

 

で、じゃあどうやって
アプローチするのか、というと、

それは、

女性に立場の違いを
意識させないように接する

ということです。

 

例えば、言葉遣い。

女性が、上司や先輩であるあなたに対して、

敬語で話しかけてくる。

敬語で応対している。

このような状態では、
立場の違いが鮮明なわけで、

口説きには邪魔にしかなりません。

 

なので、この

「敬語」

を使わせないようにしましょう。

 

とはいえ、職場などで、
部下や後輩の女性から、

「ちっと、この書類どーなってんだよ!
 まじ卍なんだけど、てめー」

なんて言われたら、
それはそれで…

まあ、私は嬉しいのですが、

会社としてあなたに
制裁が加えられる可能性があります。

 

なので、目指すべきは、敬語ではなく、

「タメ敬語」

これを目指しましょう。

 

タメ敬語とは、

社会的な立場の違いは認識しつつ、
人間的な関係性は同等として認識している。

と、定義させていただきます。

 

つまり、敬語は敬語なのですが、
とてもフランクな言葉使い。

 

例えば、

「ちょっと何やってんですかー?」

「まじですかー!」

などのこと。

 

要するに、

ちょっとなめられている感

が入っている敬語のことです。

 

このようなしゃべり方を
してくれるようになると、

立場の違いによる邪魔は、
ほぼなくなっています。

 

なので、サシ飲みに誘っても、

「うわ、上司と飲みかよ」

なって、嫌がられることなく

「きよぺーさん誘ってくれた。
 やったね。楽しみ」

みたいに思ってもらえます。

 

「俺は、部下になめられたくないんだぜ!」

などと思われている方は、
ワンナイトラブ的な方法では
部下は口説けないと思ってください。

それに、私は、部下や後輩に
なめられたら嬉しいですし、

アソコをなめられたら、
もっと嬉しいです。

 

それでは、ネクスト。

 

 

モテる男になる方法 第8位 今いる環境において、他の男性との差別化を常に意識している

これも出来ていない方が多いですねー。

魅力的な男性とは、他の男性とは違う。

と言っても過言ではありまえん。

 

めったにいない。

希少な男性がモテるんです。

いわば、ガチャの
レアキャラみたいなものですね。

 

そこで重要になってくるのが、
職場や学校において、

どのようなキャラの男性が
多いのか?

をしっかりと分析することです。

 

 

例えば、真面目キャラばかりの
職場であれば、ちょっとヤンチャキャラを演じる。

オラオラ系な男性が多いのであれば、
真面目でおとなしい男性を演じる、など。

 

今いる環境の中に埋もれない、
稀有なキャラになることが必要です。

 

「でも、俺は、キャラを
 演じるなんて無理どすえー」

って、方も大丈夫です。

 

キャラは変えられます。

 

私自身、コンビニで
買い物もできないくらい
対人恐怖症でしたが、

今では、気になる職場の
女性の隣の席に突然座り、

「何してんの?」

なんて、言えちゃいます。

 

また、キャラを変えると言っても

別に街でナンパしろと
言っているわけではありません。

ちょっと、しゃべり方や
仕草を意識すればいいだけのこと。

キャラ変更については、
こちらの記事を参考にしてみてください。

 

重要なのは、周囲の分析です。

 

多分、周りの若手社員の多くが
真面目な職場が多いと思います。

後は、あまり無駄話しなかったり。

 

で、あれば、あなたは、
気軽に女性を含め、
周囲の社員にアホな話をする。

例えば、残業中に
フロアがシーンとしているのであれば、
いきなり、

「なんか、面白い話してよ」

などと振ってみる。

 

多分、そんなこと言いだす
男性は他にいませんから、

それだけでも女性の心が動きます。

 

男性的な、ガサツな男が多い職場であれば、

女性的で気配りのできる
男性キャラになってみる。

 

このような差別化意識を持つことで、

その職場内でのあなたの
価値が上がります。

 

当然、口説きもスムーズに
行えるようになるわけです。

なので、もし、

「俺ってば、この職場に慣れないなあ」

なんて状況はむしろ、好都合。

 

慣れていない状態を
良い方向へ向けて下さい。

他の男性との差別化。

重要です。

 

さて、まだまだ飛ばしていきますよ!

 

 

モテる男になる方法 第7位 悪い言葉を使わない。悪い表情を作らない。

コミュニケーションの基本。

それは、

言葉と表情

これですね。

 

つまり、

言葉や表情次第では、女性を
口説き落とすことができますし、

言葉や表情次第では、女性から
避けられてしまうこともあります。

 

これって、超常識です。

 

 

でも、理解できていない方が、鬼多いです。

 

凄く簡単な例でいうと、

朝来て、

「眠い」

昼には、

「だるい」

夜には、

「帰りたい」

こんなこと言っている方も
多いのではないでしょうか?

 

でも、ダメですよ!

こんな愚痴ばかりの男は、
魅力ゼロです。

 

サイト内でも、
言っていますし、

カイジの利根川先生も
似たようなことを言っていますが、

「女性はお母さんではないんです」

 

眠い、だるい、帰りたい

これって、子供がお母さんに
言っていることと同じですよ。

 

それを、これから口説いて
セックスしたいと思っている女性にも
言っちゃってるんです。

寒いです!

 

もうあなたに口説き落とされた
女性なら、こんなことを
言われたら、ちょっとは
嬉しいかもしれません。

でも、そうでない女性は、

「まただよ、こいつ」

「かまってちゃんは、うぜえんだよ」

「帰りたいなら帰れよ、ごみが」

って、割とマジで思われてますよ。

 

同様に、表情もそうです。

 

嫌なことがあっても
表情に出さないでください。

本当に、格下な男と思われます。

 

わかります。

わかりますよ、
眉間にしわが寄ってしまうのも。

特に、社会人は、
嫌な事が給料になっているようなものですし。

 

でも、そんなことも
顔には出さないでください。

 

嫌なことがあって、イライラした
顔になったあなたを見た女性は、

「まただよ」

と呆れます。

 

しかし、嫌なことがあっても、
次の瞬間には、

「なんかさあ、クレープ食べたくない?」

なんて言う男性。

結構素敵ですよ。

 

そして、最も気をつけるべきは、

「悪口や陰口」

これはもう、超最悪です。

絶対に口説けません。

 

 

  • 電話で嫌なことを言われた後
  • 上司に怒られた後
  • 無駄な仕事が回ってきた後

すかさず、

速やかに、

超速攻で、

クリエイティブに、

悪口を言う男性っていますよね。

 

だめです。

ダメなんです。

とにかく、愚痴も悪口も陰口も
止めましょう。

 

これを聞いても女性は、
あきれるしかないんです。

あなたへの価値を下げるしかないんです。

 

愚痴や悪口や陰口を言って、
女性があなたに同情したり、

まあ、同情くらいなら
1mmくらいはするかもしれませんが、

あなたに愛情を感じたり、
魅力を感じることは一切ありません。

 

その結果、

抱かれることもありません。

 

「悪口を言っている男性を見ると、
 自分も言われているかもしれないと思ってしまう」

なんて悠長な解説はしません。

 

それどころか、

あなたが愚痴・悪口・陰口を
言った瞬間、刹那、

悪・即・斬

で終了。

 

もうアプローチは終わりです。

 

それよりも、イライラする、
陰口の一つもいいたくなる。

そんなシーンは有効活用してください。

 

怒られても、
全然堪えていないようにふるまう。

バカな命令をされても、
やらなければならないのであれば、
平然とこなす。

これを習慣としてください。

 

そうすれば、そのうち、
何とも思わなくなります。

 

そして、女性は、何があっても平常運転な
あなたに興味を持ちます。

つまり、口説きが
イージーモードになるのです。

 

「愚痴や悪口や陰口を
 ためたらストレスマックスだぜ!」

とお思いの方もいるかと思いますが、

ストレスの解消法くらい、
複数用意しておきましょう。

 

食事、カラオケ、オナニー

いくらであります。

 

いいですか!

もう一度おさらいします。

 

目的は、

ワンナイトラブの成功

なのです。

 

そのために必要なことをする。

不要なことはしない。

これだけです。

 

それでは、次行ってみましょう!

 

 

モテる男になる方法 第6位 重い誘いをしない

かなり重要度が増してきました。

これもかなり多くの
怪我人を出している部分です。

 

誘いです。

 

 

いろいろな方も誘いを見てきましたが、

重いんですよ!

誘いが!

 

「○○さん。何月何日何曜日の
 何時何分地球が何回回ってから、
 ○○市○○町の○○ってお店で・・・」

なんて、誘いを

まあ、これはもちろん極端ですが、

とにかく重いんです!

 

しかし、わかります!

私もそうでしたから。

 

アルバイト先の女性を
映画に誘うために、

(今考えると、映画ってって感じですが)

携帯電話を片手に、
町内を一周したことがあります。

 

何回も何回も誘い文句を頭の中で
リピートして、

女性が何て言うか考えて

それにどう答えるか考えて

 

断られたらどうしよう。

もう会えない。

ううううううううう
ううううううううう
ううううううううう

 

辛い。

苦しい。

死にそう。

 

わかります。

ホントわかります。

 

でもね。

重い誘いは、失敗します。

 

だって、重いから
受け止められないんです。

 

後、誘う時に、

「ちょ、ちょっと、時間いいですか?
 ちょ、ちょっと、話がありまして」

なんて声掛けをしていたら、
女性は構えちゃいますよ。

「うわ、え? 何?」

で、結果、サシ飲みの誘い。

 

あきれちゃいますね。

 

まあ、これも恋愛で口説くうえでは、
効果的なこともありますが、

我々が狙っているのは、
ワンナイトラブですから。

とにかくライトに行きましょう。

 

私が使うのは、
ホント、シンプルで簡単です。

 

「おなかすいたね」

「そうですね」

「何か、食べに行こうか?」

「えー、何食べるんですか?」

「歩きながら決めようよ」

こんな感じです。

ユニークですし、断られても、
別に気まずくなりません。

 

軽く誘ってください。

相手女性にストレスを
与えないように誘ってください。

これが誘いの極意です。

 

サシ飲みの正しい誘い方については、
こちらの記事を参考に。

 

それでは、ついにベスト5の発表です!

 

 

モテる男になる方法 第5位 女性を喜ばせることが第一

当サイトの根源を流れる
たった一つのマインド。

それは、

アプローチの全ては、
女性を幸せにするために行う

ということ。

 

 

決して、自分に都合が良いから
誘ってはいけません。

 

飲みに行くのも。

カラオケに行くのも。

普段の会話も。

もちろんセックスをするのも。

 

全て

相手女性が楽しめるから。

相手女性の良い思い出になるから。

相手女性が幸せになるから。

そう思って行動してください。

 

これがぶれると、
自信を持ったアプローチができません。

 

誘い一つとっても、

「俺なんかが誘ったら迷惑だよなあ」

なんて思って誘ったら、
本当に迷惑と思われます。

 

逆です。

「俺と飲みに行けば、超楽しいぜ」

って、気持ちで誘ってください。

 

だからこそ、女性は

「あ、面白そう」

って思ってくれます。

魅力を感じます。

 

「彼氏がいるから、誘ったら迷惑だよなあ」

も同じです。

 

「彼氏との仲が今後も上手くいくように、
 俺と遊ぼうぜ!」

って、気持ちで誘うのです。

 

ただ、これは
マインドだけの話ではありません。

本当に、女性の幸せに通じるように
アプローチをしてほしいんです。

 

  • 例えば、断られてもしつこく誘い続ける
  • 女性をじっと観察する
  • メールやLINEを送りまくる

これって、女性の幸せに
つながっていますか?

 

違いますよね。

 

これらは、全て、自分のため。

自分の目的達成のため、
女性の気持ちは関係ない。

自分よがりなアプローチです。

 

こんなことはやってはいけません。

 

必ず、いつ何時も、女性を喜ばせよう!

こう思って行動してください。

 

その結果としてワンナイトラブが成功する。

そんなものなのです。

 

続いて、第4位!

 

 

モテる男になる方法 第4位 答えは常に自分が持つ

女性を口説くにあたっては、
女性の言葉に日和ってはいけません。

 

 

例えば、

「彼氏いるから」

の一言でアプローチを
終了してしまうなど。

 

または、

「浮気はしない」

も同様です。

 

これらを聞いて、

「ああ、この子は浮気しないんだ」

と思ってしまう。

 

弱いです!

もっと自分の考えを持ちましょう!

 

女性に答えを求めないで下さい。

答えは常にあなたが持っていてください。

 

「浮気はしない」

って言われたら、

「俺もそう思うよ」

って言って、アプローチを続けてください。

 

他にも、誘った時に

「今夜、飲み会があるんだ」

と、言われても、

「うわあああ、飲み会があるんだあ。
 タイミング悪かったなあああ」

なんて、日和らないでください。

「俺と飲んだ方が1兆倍面白いよ」

と、ユニークに攻めてください。

 

あなたと飲んだ方が、女性が
楽しいと感じるのであれば、

それでいいのです。

 

ただし、先ほども申し上げましたが
女性を不幸にするような誘いは厳禁です。

そのくらい表情などで理解してください。

 

明らかに具合が悪そうな女性を
誘ったり、

明らかに嫌がっている女性を
誘ったりするのはだめです。

 

ただ、女性の何気ない一言に
日和ってしまう必要はない

ということです。

 

あなたの堂々とした男らしい誘いで、
女性の考えが変わることは多いです。

私も何度となく、女子会への参加を
辞退させ、ワンナイトラブ成功に
導いたことがあります。

 

女子会の他のメンバーには
申し訳ありません。

が、女子会が何度も開催できますが、
私とのサシ飲みのチャンスは
めったにありません。

 

だからこの子は、自分と
飲みに行くべき!など、

答えは自分で持っておいてください。

 

さて、ついに、
ベスト3の発表となりました。

重要度も跳ね上がります。

 

 

モテる男になる方法 第3位 断られた後、失敗の後は驚くほど「自然」でいること

これができるかどうかで、
ワンナイトラブが成功するかどうかが
決まると言っても過言ではありません。

 

女性へのアプローチで最も困難なこと。

それは、失敗からの挽回です。

これが全てと言っても良いでしょう。

 

 

モテない男性、口説けない男性の多くは、

誘いに断られた後に、
より大きな失敗をしています。

 

それは、

断られた後、態度を変えてしまうこと。

 

例えば、サシ飲みに誘って、
断られてしまった。

その後、

  • その女性を無視するようになる
  • その女性の前で他の女性と仲良くしゃべる
  • その女性の悪口を言う

など。

 

やってしまったことが
ある方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、これらは、
一つでもやってしまうと、

確実完璧な終了。

 

HP1の状態で、
アルテマを食らうようなもの。

ゆでる前のそうめんで
彫刻を掘るようなもの。

例えが貧相で恐縮ですが、
それほど「終わり」なのです。

 

女性はただ、誘いを断っただけなんですよ。

 

まあ、多くは、嫌で断っているのだと
思いますが、

ただ、NOを言っただけでこの変わりよう。

 

さっきの

「女性はお母さんではない」

じゃありませんが、

本当、ダダをこねている子供の如く。

最悪です。

 

この先、この女性はおろか、
このようなことは女性間で
情報共有されてしまうと思いますので、

その職場、その学校において、
二度とモテることはなくなる。

そのくらいの悪対応です。

 

「いったいどうすりゃいいのさー」

って感じだと思いますが、

断られた後、振られた後に
我々が出来ることはただ一つ。

「今まで通りでいること」

これだけです。

 

 

誘いを断られても、
今まで通り、接しましょう。

 

もちろん、すぐに二度目の
誘いをするのはNGですが、

今まで通り、超自然に、
女性と接してあげる。

そうすることによって、
女性はあなたを見直します。

 

で、そのうち、
二度目の誘いのチャンスは訪れます。

その時、また誘えばいいんです。

 

もちろん、自然状態を維持した状態で、

水面下では、

「何で誘いが失敗したのか?」

「何がいけなかったのか?」

など、猛省する必要はあります。

 

しかし、そんなことは
女性には関係のないこと。

対女性においては、
淡々と自然状態で
接しておきましょう。

 

これがとても重要なことです。

失敗からの挽回については、
こちらの記事を参考にしてください。

 

それでは、ついに、
モテる男になる方法の銀メダル

いっちゃいましょう!

 

 

モテる男になる方法 第2位 もう何度も抱いていると認識してアプローチする

これを言うと、

「は? きよぺー、てめー大丈夫か?」

と思われる方も多いでしょうが、
きよぺーは大丈夫です。

 

いやはや、

とても効果が高いんです。

 

それでいて、お金は一切かかりません。

ただで、超絶口説きの効果を発揮する方法。

 

それが、

「これから口説こうと思っている女性を、
 もう何度も抱いていると認識する」

なのです。

 

 

この仕組みを詳しく解説すると、
1京文字くらい必要になってしまうので、
ある程度割愛させていただきますが、

要は、

「女性はなぜ、その男性に抱かれるか」

を考えると理解できるのです。

 

その方法は2つあります。

 

一つはその男性に非常に強い
魅力を感じているから。

男らしく誘ってきた。

価値も高い。

エッチな雰囲気も出している。

 

このような状況で、女性は、

「抱かれてもいいかな」

って思うわけです。

 

で、通常は、ここまで
持っていくのが、私のような

モテる方法について情報発信している
サイトの記事だったりします。

 

「こうやればいいですよー」

の中身なわけです。

 

 

で、女性がその男性に抱かれる
もう一つの理由。

 

それは、

「彼氏や夫であること」

です。

 

そう。

男性としても魅力はそっちのけ。

彼氏や夫であれば、
抱かれることの何の違和感も
ないのです。

 

なぜか?

 

それこそが、

「何度も抱かれているから」

なのです。

 

これが究極の理由なのです。

 

つまり、女性は何度も抱かれている
男性に対しては、さして大きな
セックスの壁を作らないのです。

 

セフレがその好例です。

あれなどは、何度もセックスしているからこそ、
次のセックスが容易なのです。

 

であれば、

口説く方法は簡単。

 

その女性のことをもう何度も抱いていると
認識した状況で女性にアプローチすれば
良いわけです。

 

「いや、きよぺー、そんな子供だましが
 通用するかっての!」

あなたはそう思いますか?

 

実は通用します。

といいますか、我々も日常、この方法に
はまっています。

 

あなたも経験あるかもしれませんが、
例えば、職場でなる営業の電話。

 

基本的にお断りをしていると
思いますが、

この電話で、

  • なんとなく、何度も
    ビジネス上のやりとりをしている風。
  • なんどか世話になっている風。
  • なんとなくわが社にとって、
    重要な立ち位置にいそうな風。

こんな空気を感じ取ったことありませんか。

 

なんとなく、電話をすぐに
切れそうにない雰囲気。

これなどは、

「何度かかかわりを持った雰囲気」

に飲まれている証拠です。

 

つまり、我々は、弱いんです。

この継続的雰囲気に。

 

そこを上手く利用したのが、

「何度か抱いているという認識」

なのです。

 

 

もし、職場や学校で
セックスをしたことがある女性が
いるのであれば、

自身を振り返っていただきたいのですが、

明らかに他の女性とは、
異なる認識の上にコミュニケ―ションを
とっているはずです。

 

そして、他の女性よりも
たやすくセックスができる。

そんな認識も持っているはずです。

 

これは、過去にセックスをしたという
記憶がそうさせているだけではなく

過去にセックスをしたという
認識が態度や言葉遣いに
現れている結果なのです。

 

実際に、私は狙っている女性に対して、
何度か抱いていると認識したうえで、
アプローチを行っているのですが、

何度か抱いていることが
上手く認識できている女性と

上手に抱いていると認識できていない
女性とでは、

その成功率が全然違います。

 

何度か抱いていると
しっかりと認識できていると、

アプローチが非常に容易になります。

 

なぜか?

 

それは、女性が混乱しているからです。

「この男に抱かれた記憶はないわ」

「でも、この感覚は何?」

「まるで、何回か身体の関係を持ったような
 そんな不思議な感覚・・・」

 

一般的にも、

「あなたとは初めて会った気がしない」

って思うことがあります。

 

あれこそは、
意識的であれ、無意識的であれ、

何度か会っていると
相手に認識させていることによる
錯覚であると考えています。

 

つまり、人間は、

簡単に錯覚してしまうのです。

騙されてしまうのです。

 

なので、これを使わない手はありません。

是非、明日からでも試してください

 

始めは上手く認識できないと思います。

そのような方には、寝る前の

イメージングオナニー

有効です。

 

毎夜、寝る前に、気になるあの子で
オナニーをしてください。

サシ飲みに誘うところから、
サシ飲み、その後のカラオケ、
そして、ホテル誘導、セックス。

リアルに想像してください。

 

これを繰り返すことで、
あなた自身、その女性を
何度か抱いていると錯覚し始めます。

是非、お試しあれ。

 

そして、

 

ついに、

 

モテる男になる方法

栄光の第1位の発表です!

 

 

モテる男になる方法 第1位 一人の女性だけを狙わない

ワンナイトラブを成功させるために、
最も重要なマインド。

それは、

一人の女性だけを
追わないということです。

 

 

理由はいくつかありますが、
まず、一人の女性だけを狙うと、
アプローチが重くなります。

先ほども申し上げましたが、
重いアプローチは成功しません。

 

「女性は一途な男性が好き」

なんて良く言われますが、

というか常識的に語られますが、
これは大きな前提を欠いています。

 

それは、

「女性は彼氏や夫が一途であれば好き」

あるいは、

「女性は好きな男性から一途に想われるのが好き」

なのです。

 

つまり、彼氏や夫でもなく、
好きでもない男性から
一途にアプローチされるのは
まっぴらごめん

という訳です。

 

なのにもかかわらず、
一人の女性にしつこく狙う。

失敗しても何度も行く。

で諦めたら、他の女性を
一途に狙う。

このような男性が多すぎます。

 

一途は良いことではありません。

特に、ワンナイトラブ狙いであれば、
一途なアプローチは論外です。

 

一人だけの女性を狙うと、
余裕がなくなります。

「失敗したらどうしよう」

「断られたらどうしよう」

と恐怖するのは、ひとえに、

狙ってる女性が一人しかいないから

に他なりません。

 

他に狙っている女性がいれば、
仮にその女性へのアプローチが
失敗しても、安心です。

なので、ある程度の
本命的な女性を設定するのは、
良いのですが、

その際にも必ず、他にも複数人を
ターゲットにしてほしいのです。

 

Aさんだけでなく、
BさんもCさんもZさんも
γさんも、φさんも、ξさんも

いろいろ狙っておいて
欲しいのです。

 

私は、サイト内で

「撒き餌法」

と呼んでいるのですが、

職場や学校において
複数にアプローチをする。

 

もちろん、そのアプローチは
それぞれにばれないように
する必要はありますが、

複数に声掛けをしておいて、
一人、特に仲が良くなったら、

一気に飲みの誘いなど
アプローチを加速させる。

このような方法が
最もワンナイトラブに
適した方法と言えます。

撒き餌法については、
こちらの記事が参考になります。

 

さて、モテる男になる方法を
一気に語ってしまいましたが、
いかがでしたでしょうか。

詳細は、当サイトないに
散在しておりますので、
気長にご覧ください。

 

 

私は長文を打って
手がつりそうです。

それでは、おやすみなさい。

 

きよぺーでした。

 

このページの先頭へ