抱きたい男性と抱かせない女性

 

きよぺーです。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

さて、サイト訪問者様から、

「好きな女性がいるのですが、相手は私との会話を楽しんでいないようです。どうすれば良いですか?」

というご質問をいただきました。

 

雑な質問だなあと思いつつ(笑)
非常に良い質問だと思いました。

 

 

男女はそれぞれ「違うゲーム」をプレイしている

と、申しますのも、

我々男性と、女性とでは、
やっている「ゲーム」は
そもそも「ルール」が違うんです。

 

男性はドラクエをしているつもりが、
女性はマリオをやっているようなもの。

いや、ちょっと例えが違うかな…

と、とにかく、男性と女性の恋愛は、
ルールが全く別物なんです。

 

具体的に解説すると、

男性は、

気になる大勢の女性たちから、
特に気になる女性を飲みに誘い
セックスしたいという野望を胸に臨む。

というゲームをしています。

 

しかし、女性はというと、

全く違います。

 

女性は、

生理的に無理という大勢の男性のいるなか、
微妙な男性からの誘いにとりあえず応じ、
決して抱かせないという決意を持って望む。

 

いかがですか?

全然、違いますよね。

真逆のルールです。

 

「俺は微妙だなんて思われてねえぜ!」

とお怒りになる方もいらっしゃるでしょう。

 

もちろん、当サイトでは、
そう思われないような誘い方や
ノウハウをお伝えしています。

しかし、ほとんどの女性は、
微妙と思いつつ飲みに行くのです。

 

そして、当然のことながら、
答えを出すのは女性。

 

男性からのオファー、

キスや、ホテル誘導に対して、
イエスやノーを言うのは女性です。

 

むろん、先程申し上げたような
前提もあることから、

ほとんどの男性の願いは叶えられずに
終わるわけです。

 

サシ飲みからホテルへの誘い方(具体的な手順を流れに沿って解説)

 

逆に言うと、

それほど、ワンナイトラブって
難しいということです。

生殺与奪権を持った女性が
「殺」にしようとしているわけですから。

 

そもそも、

女性は、男性側の下心を、
100も承知です。

 

「こいつセックスしたいんだろうな」

なんて思いは、筒抜けです。

 

そこへもってきて、男性が

  • 自慢話ばかり
  • 回りくどい
  • つまらない

では、話になりません。

 

さらに、不自然な流れで、

  • 告白する
  • 手を繋ぐ
  • キスを迫る

これをやってしまえば、ジ・エンド。

関係性は崩壊します。

 

このような悪手は、
飲みの最中に、なかなか良い雰囲気にならず、

かといって、このまま消耗戦で終わるのも
耐えられない。

このような心理状況から
やってしまうことです。

 

考え方を変えましょう!

 

 

必要なのは「感情の高ぶり」と「非日常的空間」

いいですか?

もう一度言います。

 

女性は、

生理的に無理という大勢の男性のいるなか、
微妙な男性からの誘いにとりあえず応じ、
決して抱かせないという決意を持って望む

のです。

 

初めから勝負になっていないのです。

 

なれば、

真っ向勝負は不要。

同じフィールドに乗る必要はありません。

 

我々がやるべきことはただ一つ。

女性の感情の高ぶらせ、
非日常空間を創出すること

これのみです。

 

生理的に無理という大勢の男性のいるなか、
微妙な男性からの誘いにとりあえず応じ、
決して抱かせないという決意を持って望む

という女性の世界観をぶっ壊し、
女性の知らなかった世界に誘うのです。

 

「凄い楽しい」

「凄い笑える」

このような感情に浸らせ、
会社や学校などの日常世界から切り離すのです。

 

そして、非日常世界にいるのが、
「あなた」ただ一人。

この状況に持って行くことが出来れば、
結果、あなたの願いは叶います。

 

職場における「ワンナイトラブ必勝パターン」〜非日常感を演出せよ!

 

是非、女性のやっているゲームのルールを
頭に叩き込んでおいてください。

きよぺーでした。

 

きよぺーからのご案内