会話のネタは常に女性側が持っている~男性がするのはきっかけ作り

 

きよぺーです。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

今回は、

会話のネタは常に女性側が持っている

男性がするのはきっかけ作り

というお話しをさせていただきます。

 

サシ飲みやデートにおいて、
会話が盛り上がっていたとしても、

今回お話しすることを実践していないと

もしかしたら、相手女性は、
ただ、社交辞令的な感じで
あなたの話に乗ってあげてるだけ

ってこともあるかもです。

 

会話のネタは常に女性側が持っている

女性へのアプローチをする上で、
もう、めちゃくちゃ基本的で
重要なことなのですが、

会話のネタは常に女性が持っています

ここをしっかりと確実に
押さえておいてください。

 

女性と会話をする際には、常に、
女性に話をさせる
というスタンスを取る必要があります。

女性が話したい話を
させてあげるのです。

 

なぜなら、人間は基本的に、
自分の話をしたい生き物で、

自分の話したいことを話していると
心地が良いと思うものだからです。

 

なので、逆に言うと、

相手の話を聞いていても、
面白くありません。

 

面白い話を披露したとしても、
楽しいのは始めだけ。

ためになる話をしたとしても、
感心するのは冒頭だけ。

一人語りのトークが長くなると、
徐々につまらなくなってきて、
わざと笑顔を作り、
大げさに相槌を打つようになります。

 

こうなるともうおしまいです。

1兆%口説けません。

 

なぜなら、女性にとって、
相手から一方的に話されるのは
心地よい空間ではないからです。

なので、そうならないために、
トークは、基本的には、女性の
話したい話をさせてあげるのです。

 

女性は自分の話題を中心に
会話をすることで、
心地よさが上がり、話題によっては、
感情が揺さぶられます。

なので、女性にとって、
一緒にいたい男性とは、

  • 自分の話を広げてくれる男性
  • 自分の話をいじってくれる男性
  • 自分の話を深く掘り下げてくれる男性

というわけです。

 

男性がするのはきっかけ作り

では、我々男性が女性と会話を
する際に、具体的に何を
行えば良いのでしょうか。

 

それは、

女性が会話をするきっかけ作り

です。

 

これさえできれば、あとは、
女性の話を広げたり、
いじったりすれば良いのです。

 

ではでは、女性が会話をする
きっかけとは、どのように作れば
良いのでしょうか。

 

そのために、必要なアクションは、
以下の3つです。

  • 質問
  • 断定
  • 指摘

これらを実行することで、

女性から女性がしたいと思っている
またはしたいと思い始めた話を
引き出すことができます。

それでは、それぞれについて
簡単に解説いたします。

 

会話のきっかけの作り方1 質問

会話のきっかけ作りの一つ目は、

質問

です。

 

まさに、女性に話をさせる王道ですね。

 

しかし、もちろん、仕事や勉強の
質問なんてしないでください。

普段行っている行為に対する質問は、
女性の脳みそを日常化させてしまいます。

 

なので、せっかく、二人きりで夜に
お酒を酌み交わせるチャンスであっても、

仕事の質問などをしてしまえば、
雰囲気は完全に日常です。

会社にいるのと変わりません。

 

もちろん、日常状態でワンナイトなど
起こりません。

なぜなら、ワンナイトラブは、
超絶非日常的行為
非日常の塊のような行為だからです。

 

なので、するのであれば、平日の昼間にしているようなことではなく、

  • 女性のプライベート
  • 恋愛
  • 普段考えもしなかったこと

などを質問するようにしてください。

 

例えば、私であれば、

「休日何してんの?」

「好きな人とかいるの?」

「どこらへん住みたい?」

など、適当でも、いくらでも
会話を広げられるような
そんな、質問を心掛けてください。

 

会話のきっかけの作り方2 断定

会話のきっかけ作りの二つ目は、

断定

です。

 

これも、会話のきっかけになります。

どういう風に使うかと言うと、

「意外に、負けず嫌いでしょ」

「○○さんって、いつも笑ってるね」

「なんかいいことあったでしょ」

など、相手女性について
男性表現をするのです。

 

これによって、

「そんなことないですよ」

「やっぱりそう思います?」

「何で、そうわかったんですか?」

など、女性の反応がもらえるので、
これで、会話が広がっていきます。

 

また、相手女性について断定表現を
使うことで、女性の感情を
大きく揺さぶることもできますので、

サシ飲みなどの際にはぜひ
使いたいテクニックの一つです。

 

会話のきっかけの作り方3 指摘

会話のきっかけ作りの最後は、

指摘

です。

 

やり方としては、相手女性の
行動や仕草などを観察して、

何か引っかかりが合ったら、
それを指摘するという方法です。

 

例えば、

「何でいつも、机を引っかいてんの?」

「身振り手振りが全部一緒じゃない?」

「何か、興奮すると声が裏返るね」

など、

  • 指摘されるとちょっと恥ずかしいこと
  • 自分でも気が付いている癖
  • 自分でも気が付かなかった仕草

このようなことについて指摘を
してあげると、女性は興奮して、
話しだします。

 

会話のブースト(加速)機能と
言っても良いでしょう。

 

 

ってわけで、今回は、
会話のきっかけについて
解説させていただきました。

 

今さらながらですが、

ただ、つまらないどうでも良い
会話のきっかけを与えてもクソです。

 

今回お話ししたような、

非日常的な雰囲気にしたり

女性の感情を揺さぶったり

そんな会話のきっかけを与えてください。

 

そうすることで、場のテンションが
どんどん上がっていき、ついには、
ワンナイトが性交するやもしれませぬ!

 

きよぺー

 

きよぺーの会話具体例シリーズ

モテるノウハウを身につけたら
仕上げに会話の具体例を手に入れ、

他の男子たちと差をつけよう!

『サシ飲み会話具体例集』

きよぺーが「note」デビューいたしました!『サシ飲み会話具体例集(待ち合わせから夜のお誘いまで)』のご案内

ターゲットの女性と二人きりの空間で
誰にも邪魔されることなくサシ飲み

だが、サシ飲みは男女にとって戦場ですよ

待ち合わせから夜のお誘いまで、
サシ飲み全シーンの会話具体例をあなたに!

『サシ飲み会話具体例』はこちらから。

 

『サシ飲みの誘い方21パターン』

『サシ飲みの誘い方17パターン(声かけからオファーまでの具体例)解説付き』が完成いたしました!

女性へのアプローチにおける
最初の関門であるサシ飲みへの誘い

誘う男性も誘われる女性も楽しくなる誘い

怯えながら震えながらサシ飲みに誘う
あなたとサヨナラしましょう。

『サシ飲みの誘い方21パターン』はこちらから。

 

『いじり会話具体例集』

いじり会話具体例集〜いじりから始まる縦横無尽なトークを手に入れよう!

女性との関係性を深めるために
必須のスキルである「いじり」

いじりを制する者がアプローチを性する

上手にいじり、女性の感情を揺さぶり、
非日常の世界に誘(いざな)いましょう。

『いじり会話具体例集』はこちらから。