女性を口説くのが難しいのは「立場」が上だから〜女性は管理職級に偉いのです

 

きよぺーです。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

さて、今回は、

女性を口説くのが難しいのは「立場」が上だから

というお話をさせていただきます。

 

女性へアプローチをしていると、
すぐに感じることと思うのですが、

「なんか、女性って口説くのが難しい」

「女性から誘ってくれればどんなに楽か」

「女性からアプローチしたら、男子なんて超簡単に落ちるんじゃね?」

などと思ったことありませんか?

 

これ、

正解どすえ!

 

ワンナイトを含め恋愛界においては、

男性プレイヤーはハードモード

女性プレイヤーはイージーモード

です。

 

つまり、そもそも、平等なゲームでは
ないわけです。

でも、これって、何故でしょうか?

 

それは、

男性と比べ女性の方が立場が上だから

このことに尽きます。

 

女性を口説くのが難しいのは「立場」が上だから

恋愛においては原則的に、

男性がアプローチする側

女性はアプローチを受ける側

 

つまり、

男性がお伺いをする側

女性がお伺いを受ける側

というわけです。

 

この公式がある限り、

どう考えても男性は、女性よりも
弱い立場にならざるを得ません。

 

だって、

男性は必死で働きかけているのに、
女性はOKやNOを下すだけですから。

 

つまりはですね、

恋愛においては、

男性はお伺いを立てる平社員

女性はお伺いを受ける管理職

このような関係性にあるのです。

 

管理職には決定権・決裁権があります。

そのため、平社員はどうあがいても
仕組み上、管理職には勝てないのです。

 

つまりは、恋愛においては、

女性は男性の100倍偉いということです。

 

スタート時点で100倍も
差がついているわけですから、

男性の方がハードモード

女性の方がイージーモード

ってのは当たり前体操な話なのです。

 

男性が女性を口説き落とそうと思ったら、
これだけの困難に立ち向かうという
認識が必要です。

 

男性がやることは女性にOKを出させること

そんなハードモードな
恋愛というゲームですが、

どうすれば、女性はOKを出すのでしょうか?

 

これって、実は、

仕事上で管理職からOKをもらうのと考え方は同じです。

 

例えば、会社において、

管理職ってどのような案件に対して、
OKを出すものでしょうか?

 

たぶん、以下のような感じです。

 

「凄い企画だ。採用だ」(仕事で判断)

「いつもの取引先ならOKだ」(取引先で判断)

「こいつの仕事ならOKだな」(人で判断)

社会人の方であれば、
なんとなくイメージが湧くことでしょう。

 

では、女性の場合はどうか。

例えば、デートやサシ飲みに誘って
OKをもらうようなシーンを
考えてみましょう。

 

誘いにOKを出す時、恐らく女性は、
以下のような感じなのではないでしょうか。

 

「素敵なデートプラン。行っても良いかな」(デート内容で判断)

「いつもお世話になってるからな。行くしかないか」(関係性で判断)

「この人となら飲みに行ってもいいかな」(人で判断)

 

いかがでしょうか。

管理職からOKをもらうのと、
ほとんど同じですよね。

 

このように、我々男性は、

女性がOKを出しやすいような
状況を作り上げていく必要があります。

 

口説きに必要なのはあなたがどんな魅力があるか

だがしかし!

 

当たり前組体操ですが、

ワンナイトなどを狙うにあたっては、
デートにOKが貰えたら終わりという
わけにはいきません。

 

その後に、ターゲットの女性と
エッチするんですから。

 

つまり、ホテル誘導など、夜のお誘いに
OKを貰わなければならないのです。

 

先ほどの管理職の例で言うと、

お伺いにOKをもらうとか
そんな次元ではなく、

「こいつになら、任せても大丈夫!」

と、判断を丸投げするくらいの
状況にまで持っていく必要があります。

 

これって、

仕事内容でも、取引先でもなく、
あなた自身が認められていないといけませんよね。

 

女性を口説く際にも同じです。

 

「この人となら、いいかな」

と、身も心も許してくれるってことは、

デートプランでも、普段の関係性でもなく、
あなた自身に魅力がなければなし得ないことです。

 

ってことは、つまり、

いかにその女性と一緒にいる空間で、

  • 楽しい雰囲気を出せるか
  • 心地良いと感じでもらうか
  • 自分をさらけ出せるか
  • 日常から切り離されるか

これらのレベルを総合的に
高めていく必要があるわけですね。

 

いやはや、

ハードモードですわ。

 

「やっぱり必勝法なんて無いってことね・・・」

「甘く無いわ、ふたつの意味で」

 

きよぺーでした。

 

きよぺーの会話具体例シリーズ

モテるノウハウを身につけたら
仕上げに会話の具体例を手に入れ、

他の男子たちと差をつけよう!

『サシ飲み会話具体例集』

きよぺーが「note」デビューいたしました!『サシ飲み会話具体例集(待ち合わせから夜のお誘いまで)』のご案内

ターゲットの女性と二人きりの空間で
誰にも邪魔されることなくサシ飲み

だが、サシ飲みは男女にとって戦場ですよ

待ち合わせから夜のお誘いまで、
サシ飲み全シーンの会話具体例をあなたに!

『サシ飲み会話具体例』はこちらから。

 

『サシ飲みの誘い方21パターン』

『サシ飲みの誘い方17パターン(声かけからオファーまでの具体例)解説付き』が完成いたしました!

女性へのアプローチにおける
最初の関門であるサシ飲みへの誘い

誘う男性も誘われる女性も楽しくなる誘い

怯えながら震えながらサシ飲みに誘う
あなたとサヨナラしましょう。

『サシ飲みの誘い方21パターン』はこちらから。

 

『いじり会話具体例集』

いじり会話具体例集〜いじりから始まる縦横無尽なトークを手に入れよう!

女性との関係性を深めるために
必須のスキルである「いじり」

いじりを制する者がアプローチを性する

上手にいじり、女性の感情を揺さぶり、
非日常の世界に誘(いざな)いましょう。

『いじり会話具体例集』はこちらから。