きよぺーです。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

さて、今回は、

女性への誘いに必要な3要素

についてお話しさせていただきます。

 

つまり、

誘い方や台詞うんぬんの前に、

そもそも、女性を誘うという行為には
どのような要素が必要なのか?

などと、ちょっと本質的な部分について、
考えてみたいと思います。

 

ちなみに今回お話しする誘いは、

サシ飲みやデートへの誘い

をイメージしている部分が多いですが、

キスオファー

ホテルオファー

その他誘導

にも使えるものばかりですので、
是非、お読みになってくりくり。

へけけ。

 

女性への誘いに必要な3つの要素

さて、私はこれまで、多くの女性に
様々なオファーをしてきたわけですが、

全体を通じて、上手くいった誘いには
ある共通点があるように思いました。

 

それは、以下の3点です。

  • 気軽さ
  • 丁寧さ
  • 自由さ

これら3つが配合されている誘いは、
すんなりと女性がOKをしてくれることが
多かったです。

 

それでは、各項目について
適当に解説をさせていただきます。

 

女性への誘いに必要な要素1 気軽さ

女性への誘いに必要な要素の一つ目は、

気軽さ

です。

 

文字でニュアンスをお伝えするのが
非常に難しいのですが、

誘われた女性が

「お、誘われた」

くらいの感じを抱くイメージです。

 

例えば、

「のど乾いてない?」

「お酒好き?」

「じゃあ、飲みに行こうよ」

「ちょっと飲みに行こうよ」

「軽く行きませんか?」

みたいな感じでしょうか。

 

なんでしょう。

必要以上に背伸びをしないというか、
カッコつけないって感じですかね。

さらりと。

スマートに。

まあ、これが難しいのですが。

 

で、このような気軽な誘いと
対極をなすのが、

重い誘い

です。

 

「我が社の最後の思い出として、一緒に飲みにでも行かない?」

「無事イベントが完了したことを祝って飲みにでも行きませんか?」

「ずっと誘いたかったんだけど、なかなかチャンスがなくて。今度飲みにでも行こうよ」

などですかね。

 

重いです。

多分、理由が重いんですよね。

なんでしょうか。

なんか、身を削られているような感じ?

 

そして、こちらも多々では済まないような
そんなリスキーさが漂っています。

女性にストレスを与えるような
誘いはクソです。

なので、誘いはあくまで
気軽にライトに行きましょう。

 

女性への誘いに必要な要素2 丁寧さ

女性への誘いに必要な要素の二つ目は、

丁寧さ

です。

 

これは意外に思われたかも
しれませんが、

誘いにおいて丁寧さは
非常に重要です。

 

もう少し細かく説明させていただくと、

相手女性が不快に思わない程度に
丁寧であることが必要である

と言えます。

 

ここでいう相手女性が不快に
思うような誘い方というのは、

いわゆる

偉そうな誘い方

です。

 

「俺、明日空いてるんだけど、飲みに行かない?」

「来週で仕事終わりだから寂しいでしょ? 俺で良ければ飲みに行くよ」

など。

 

偉そうですよね。

自己中心的であったり、
押しつけがましかったり。

 

上記のような誘いであっても、
私であれば、

「明日暇人でしょ?」

「来週で終わりなんですね。もしよろしければ、軽く飲みにでも行きませんか?」

という感じです。

 

一つ目の誘いは一見、全く
丁寧層ではありませんが、

スタンスとして、相手の状況を
慮(おもんぱか)っています。

これは実は丁寧な誘いと言えます。

 

また、二つ目は、相手女性の
退職のシーンを想定していますが、

このようなお別れのシーンは、
女性が繊細になっているので、

できるだけ、大げさなくらい
丁寧な方が良いと思います。

 

状況によって、丁寧の形を
使い分けてください。

 

女性への誘いに必要な要素3 自由さ

女性への誘いに必要な要素の最後は、

自由さ

です。

 

実は、誘いというオファーは、

相手を拘束し、

相手の時間を奪い、

相手の自由を奪う行為

です。

 

だってだって、

「飲みに行こうよ」

には、

「一定時間お前は俺と一緒にいるのだ」

ということですからね。

 

なので、

誘いは基本的に、拘束なのです。

 

なので、出来るだけ、誘いには、
自由さが必要になります。

出来るだけ、拘束とは思われない
オファーが理想的です。

 

例えば、

「のど乾いたねー」

からのオファーは、

のどが渇いてなければ
行かなくても良いので、
拘束感は非常に低い誘い方です。

 

言い換えれば、

断りやすい誘い方

とも言えます。

 

一方で、下手な誘い方というのは、

「突然で申し訳ありませんが、一緒に飲みに行きませんか? ちなみに私は、○月○日○曜日 ○時から○時までの間であれば大丈夫です」

など、とオファーが来たらどうですか?

恐くないですか?

超拘束ですわ。

 

でも、これに近いオファーをしている
メンズは多いと思われます。

同じように誘うのでも、

「飲みにでも行きませんか?」

「やった。ありがとうございます」

「僕は、来週であればどこでも大丈夫です」

くらいな感じの方が良いです。

 

で、女性が難しい時間を言ってきたら、
再度調整すればよいのです。

 

誘う側であるあなたは、
余裕を持ってください。

これが自由さに繋がります。

 

あなた自身に余裕がなければ、
誘いに自由さが失われ、

ガチガチな拘束オファーに
なってしまいます。

ガチガチになるのはおチンコだけで
十分でございます。

 

ぜひとも、誘いに必要な要素

気軽さ

丁寧さ

自由さ

を手に入れていただき、
縦横無尽に遊んでください。

 

きよぺーでした。

 

今ならまだ間に合う

その子はきっとあなたのものになる!