口臭

 
きよぺーです。

 

あいつよりモテるブログ!
ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

今回は、口臭の原因となる

舌苔

をティッシュなどを使って
きれいに取り除く方法について
お話しさせていただきます。

 

舌苔の除去は口臭ケアで最も重要です

ご自身の口の臭いが気になる方の中には、
毎日、きちんと歯を磨かれている方も
多いことでしょう。

「でも、口の臭いが気になる…」

原因は何なのでしょうか。

 

そう!

舌苔です!

 

舌の表面に白く付着しているものですね。

 

私は、中学生のころから、自分の
口臭について悩み続けてきました。

 

いろいろ調べると、

  • 歯をきちんと磨いていない
  • 胃の調子が悪い
  • 鼻が詰まっている
  • 思春期ならではの

など、いろいろと原因が
考えられたのですが、

やっぱり、一番の原因は、

舌苔

でした。

 

事実、これを除去することで、
私自身、口内が非常に爽快に
なりましたし、

舌苔を取り除く習慣を
身につけた後は、

女性と接するときに、
口臭が原因で失敗した
などということはありません。

 

舌苔の除去は口臭ケアで
最も重要になります。

 

舌苔の正しい取り方はティッシュを使った方法

さて、それでは、舌苔の取り方について
お話しをさせていただきます。

 

使うのは、家庭などどこにでもある、

ティッシュペーパー

これだけです。

 

私は、ティッシュを2枚使います。

 

これを軽く丸め、水で濡らします。

手から水がしたたり落ちるくらい、
十分に濡らしましょう。

 

次に、口を軽くゆすぎます。

 

あくまで軽くです。

なぜなら、舌の表面に唾液が
ない状態だと、舌の表面が
傷つきやすくなってしまうからです。

 

口を軽くゆすいだら、濡れたティッシュを
舌に乗せ、軽く上下にこすります。

 

ここで、舌の唾液量が多すぎると、
ティッシュが滑ってしまい、
上手く舌苔が取り除けません。

逆に、唾液量が少なすぎると、
先ほど申し上げたように、
舌が傷つきます。

なので、徐々にご自身にあった、
状態を見極めていってください。

 

何度か、こすった後、
ティッシュを見てみると、
薄黄色の舌苔が付着しているはずです。

この時、ご自身の舌を確認していただき、
感覚的に10%から15%くらいの舌苔が
舌に残っている状態であれば、
ここでやめにします。

この程度が舌を傷つけない
最も適度な状態と言えます。

 

しかし、まだ、舌苔が
十分に取り除けていないようでしたら、
再度、ティッシュを水で濡らし、

ティッシュのきれいな部分を使って、
再度、何度かこすりましょう。

この時、新しいティッシュを使う
必要はありません。

 

終わりましたら、口を軽くゆすぎます。

基本的には、ここまでが
ティッシュを使った舌苔の取り方になります。

 

舌苔をティッシュを使って除去するにあたっての注意事項

さて、次に、舌苔を取る際の
注意事項についてお話しさせて
いただきます。

 

それは、

舌苔を100%取り除こうとは思ってはいけない

ということです。

 

舌苔を取り除こうとする方の多くは、
ここで失敗しています。

 

と、いうのも、舌苔を完全に
除去しようとすると、どうしても、
舌の表面を傷つけてしまうんですね。

これが非常に危険です。

 

舌苔を完全に取り除いたとしても、
表面に傷がついた舌は、それ以降、
より一層、舌苔が付着しやすくなります。

つまり、舌苔をきれいに
取り除こうとすればするほど、
どんどんと口臭が悪化してしまうということ。

そんな本末転倒なことが起こりやすいのです。

 

なので、舌苔は、おおよそ
85%から90%除去できれば合格
と思っておきましょう。

 

舌苔の除去は1日1回程度にしておく

舌苔をきれいに取り除けるようになると、
どうしても欲がでてきて、
1日に何度も取ってしまう方も
いらっしゃるかもしれません。

  • 朝起きたら
  • 昼食後
  • 夕食後
  • 寝る前

などなど

しかし、これはあまり
おすすめできません。

 

やはり舌はとても繊細なもの。

濡れたティッシュと言えども、
一日に何度もこすっていては、
徐々に表面が荒れていきます。

 

酷くなってくると、軽くこすっただけでは
舌苔が取れないくらいに表面が
ザラザラになってしまうこともあります。

なので、舌苔の掃除は、
多くても1日1回くらいに
しておいた方がいいです。

 

舌苔を取るのに適した時間

舌苔を取り除くのに、適した時間
というものがあります。

 

それは、

唾液により、舌苔がふやけている状態

の時です。

 

例えば、起床後などは、舌が
十分にふやけているので、
舌苔の除去には適しています。

 

逆に、おすすめしないのは、

食後すぐ

です。

 

食事中に、唾液を分泌し、
それが舌にいきわたります。

この後、舌の表面の舌苔を
ふやけさせるのに、しばらく
時間が必要なのです。

そのため、食後すぐに舌を掃除してしまうと、
唾液が少なく、傷つきやすいのです。

食後に舌苔を取るのであれば、
少なくても食事を終えてから、
1時間以上は間を空けましょう。

このくらい時間が経っていれば、
舌苔もある程度ふやけていることでしょう。

 

デート前の舌苔除去

最後にデートなどのイベント時に
ついてお話しさせていただきます。

 

口臭については、最も
気にしなければならないところ。

 

私は、デートの時は、
15分から30分前に、
舌苔除去をしています。

あまりに直前過ぎると、
舌苔を取ることが出来ない
アクシデントなども考えられますので。

 

もちろん、舌苔を取った後は、
歯磨きかガムは必須です。

チューするかもしれないですし(笑)

 

私の場合、普段使っているカバンに
歯磨きセットとポケットティッシュを
常備しています。

ポケットティッシュは、
舌苔対策用です。

 

なお、トイレに流せる系の
ティッシュだと、口の中で、
ティッシュが大分裂を起こし、
大変なことになりますので、

街で配っているような
ティッシュがいいと思います。

 

舌苔を攻略し、楽しいモテライフを
送ってください。

きよぺーでした。