緊張し過ぎてもダメだし調子コキ過ぎてもダメ〜隙が多く自然体な男がベスト

 

きよぺーです。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

さて、今回は、

緊張し過ぎてもダメだし調子コキ過ぎてもダメ

隙が多く自然体な男がベスト

というお話をさせていただきます。

 

女性と接する時って、
どんなスタンスでいれば良いか、
なかなか難しいもの。

どんな感じで接するのが良いのか、
お話させていただきます。

 

緊張もダメ、調子ノリもダメ

これは分かっている方が多いかと思いますが、

女性に接する時に、
緊張するのは良くありません。

 

理由はいくつかありますが、
大きなところでは、

  • 緊張が相手に伝播するから
  • 緊張により格下雑魚扱いされるから
  • 自分本来の力が存分に発揮できないから

など。

 

まあ、とにかく緊張はダメです。

 

しかし、緊張するのが良くないと
分かっている方がやりがちなのが、

調子乗りキャラ

です。

 

もちろん、本人は、調子に乗っている
つもりはないのでしょうが、

緊張を隠すために、
自分を大きく見せようとして、

態度が大きくなってしまうのですね。

 

これも、もちろんダメです。

 

そもそも、調子乗りキャラは、
小物臭が半端ではありませんし、

背伸びしている男は底の浅さが露呈しており、
とてもではないですが、

身体を預ける対象にはなり得ません。

 

ベストなのは隙が多く自然体な男

では、どのようなキャラで
接するのが良いのかと言うと、

私の経験上、ワンナイトラブ的に
効果が高かったのは、

隙の多い男

ですね。

 

ただ、これを言うと勘違いする方が
多いのですが、

隙が多いってのは、ダメ男とは全く違います。

 

むしろ、隙があるってのは、

自然体であり、
女性慣れしてそうであり、
格上感が漂っている。

そんななか、どこか抜けているところがある。

これが隙のある男です。

 

なので、ただのダメ野郎では、
ワンナイトは成功しません。

 

女性を目の前にしても臆することなく、
堂々と女性をいじったり、誘ったりができる。

その中で、隙を見せて、
女性からいじられたり、突っ込まれたりする。

このような関係性になれると、
女性もその場を楽しむことができます。

 

目指すべき男性像として、
一つ参考にしてみて下さい。

 

きよぺーでした。

 

きよぺーの会話具体例シリーズ

モテるノウハウを身につけたら
仕上げに会話の具体例を手に入れ、

他の男子たちと差をつけよう!

『サシ飲み会話具体例集』

きよぺーが「note」デビューいたしました!『サシ飲み会話具体例集(待ち合わせから夜のお誘いまで)』のご案内

ターゲットの女性と二人きりの空間で
誰にも邪魔されることなくサシ飲み

だが、サシ飲みは男女にとって戦場ですよ

待ち合わせから夜のお誘いまで、
サシ飲み全シーンの会話具体例をあなたに!

『サシ飲み会話具体例』はこちらから。

 

『サシ飲みの誘い方21パターン』

『サシ飲みの誘い方17パターン(声かけからオファーまでの具体例)解説付き』が完成いたしました!

女性へのアプローチにおける
最初の関門であるサシ飲みへの誘い

誘う男性も誘われる女性も楽しくなる誘い

怯えながら震えながらサシ飲みに誘う
あなたとサヨナラしましょう。

『サシ飲みの誘い方21パターン』はこちらから。

 

『いじり会話具体例集』

いじり会話具体例集〜いじりから始まる縦横無尽なトークを手に入れよう!

女性との関係性を深めるために
必須のスキルである「いじり」

いじりを制する者がアプローチを性する

上手にいじり、女性の感情を揺さぶり、
非日常の世界に誘(いざな)いましょう。

『いじり会話具体例集』はこちらから。