きよぺーです。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

さて、女性を口説きたい男性の多くは、
一つの疑問・疑惑にぶち当たると
思われます。

 

それは、

「俺のアプローチはこの女性にとって、迷惑なんじゃないだろうか?」

というものです。

 

職場や学校に、気になる女性ができ、
そして、その女性を口説き始めたいと
決心したときなどに起こりがちです。

 

「俺がアプローチすることで、この女性は不快に思うかもしれない」

「俺がアプローチすることで、この女性の人間関係が壊れるかもしれない」

「俺がアプローチすることで、この女性の仕事・勉強を邪魔してしまうかも」

まあ、いろいろ考えるわけです。

 

これに対して、私は、

「迷惑と思われるようなアプローチじゃ、上手くいきません」

と、お伝えしているわけですが…

そうは言っても気になりますよね。

 

女性に慣れていらっしゃらない方の場合、
なおさらだと思います。

 

人間は言い訳の天才

この件で、まず言えるのは、

人間は、言い訳の天才であるということ。

 

どういうことかというと、

人は、何か新しい行動を起こそうとすると、
それを阻止するよう、脳が活動するんですね。

恒常性維持機能といって、
これまでの生活のペースを
保とうとするわけです。

 

皆さんにも経験があるかと思いますが、

 

試験勉強をしようとすると、

「今日は初日だから計画を立てるだけにしよう」などと日和る。

 

上司に仕事を押し付けられそうになったら、

「今は、この企画をするべきではありません」と食い下がる。

 

最近太ったから痩せようかなと思うと、

「ダイエットは身体によくない」という根拠を探し始める。

 

などなど、普段は発揮することのない
非常にクレバーな動きをするわけです。

 

これは、女性を口説こうと
する際にも当てはまります。

 

それが、上記でお話しした、

「俺がアプローチすることで、この女性は不快に思うかもしれない」

「俺がアプローチすることで、この女性の人間関係が壊れるかもしれない」

「俺がアプローチすることで、この女性の仕事・勉強を邪魔してしまうかも」

って、危惧です。

 

とはいえ、これまで得られていなかった
素晴らしいものを得ようとした時、

過去から飛躍しようと思うのならば、

脳の持っている恒常性維持機能に
打ち勝つ必要があります。

 

なので、

「自分のアプローチに対して、女性は迷惑と思う」

という、脳が切ってきたカードに
何とか対処しないといけません。

 

これに対する、一つの手段としては、

「俺のアプローチを女性は望んでいるんだ」

「俺はできる」

「俺はやれる」

などと、自分を鼓舞して、
狙っている女性に突撃する。

って、やり方。

 

もちろん、これで行動できれば、
それでも良いと思いますし、

私は、これを積み重ねて、
成功を納めてきました。

脳の不安を、行動によって
打ち消してしまうんですね。

 

ただ、そうは言っても、動けない方も
多いかと思います。

 

なので、実際のところ、

女性は、男性からのアプローチを
どう思っているのか?

って部分を、掘り下げてみたいと思います。

脳の不安を、理屈によって
打ち消してみましょう。

 

実際に女性は男性のアプローチをどう思っているのか?

さて、実際、女性は、男性からのアプローチを
どう思っているのでしょうか?

 

私の答えとしては、

想定していないアプローチには驚きを感じ、

期待していないアプローチには迷惑を感じる。

って、ところかと思います。

 

まずは「驚き」について。

 

想定していないアプローチについては、

例えば、普段会話を全くしない関係なのに、
廊下で挨拶をされる。

これだけでも、女性は「驚く」ものです。

なぜなら「想定していない」からです。

 

また、普段ある程度の会話をする仲でも、
いきなり飲みに誘ったら「驚く」わけです。

カラオケボックスで、キスをしようと
顔を近づければ「驚く」のです。

 

声をかけたから、飲みに誘ったから、
キスを迫ったから、などなど、

こちら側のアプローチの種類にかかわらず、
女性が想定していなかった行動であれば、
女性は驚く。

これがまず一つの事実です。

 

なので、こちらからのアプローチに対して、
快・不快の有無の前に、

「単純に驚く」という反応があることは
認識しておくべきでしょう。

 

 

さて、これを踏まえて、いよいよ

「迷惑」について。

 

これは、男性側からのアプローチに対して、
「期待」を持っているか否か。

そして、重要になってくるのが、それが
「想定」しているものなのかどうか。

ここがキーになります。

 

さきほどの例を用いて解説すれば、

 

廊下ですれ違いざまに、あなたからの挨拶を
想定していなければ、

挨拶をされた女性は、驚くだけです。

 

しかし、あなたからの挨拶が想定される場合。

ここで、あなたからの挨拶に対して、
女性は「期待」の有無が発生します。

 

つまり、あなたから挨拶されることが
想定される状況において、

あなたからの挨拶を期待していれば、
挨拶された女性は「喜び」を得る。

 

逆に、あなたからの挨拶に期待がなければ、
挨拶された女性は「不快」を感じる。

つまり「迷惑」ってことです。

 

続けて、先ほどの例でみていくと、

 

あなたと会話している中で、
あなたからの飲みの誘いがあると
想定している状態で、

あなたからの飲みの誘いを期待していれば、
誘われた女性は喜びを感じ、

あなたからの誘いを期待していなければ、
誘われた女性は迷惑と思う。

 

カラオケボックスでのキスの場合、
あなたからキスを迫られることを
想定している状態の中、

あなたからのキスを期待していれば、
キスを迫られた女性は喜びを感じ、

あなたからのキスを期待していなければ、
キスを迫られた女性は迷惑と思う。

 

このような分析ができるわけです。

 

これが、男性からのアプローチに対し、
女性が迷惑と感じるか否かの
基本的な構造になります。

 

つまり、こちらからのアプローチに対して、
女性が迷惑と思うんじゃないか?

との不安に思われる方にとって、

事前に考えておくべきこと、
事前に準備しておくこととしては、

 

女性に対して、こちらからのアプローチを
想定させておくこと。

そして、こちらからのアプローチに
期待を高めておくこと。

 

これが、重要になるということです。

参考まで。

きよぺーでした。