きよぺーです。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

さて、なんとなくですが、一般的に、

風俗はお金がかかり、
一般女性との夜は安上がり。

こんな印象を持たれている方が
多いような気がします。

 

これまで風俗に1000万円以上を
費やしていると豪語する、
私の悪友などには、

「きよぺーは、いいなあ。金かからなくて」

って言われるんですが、

 

いや、むしろ、

風俗の方が安いですから!

 

もはや、女性にアプローチするか
どうかの悩みは、

お金があるかどうか

という部分だけになってきている
と言ってもよいくらいです。

 

そこで、今回は、
職場の女性とサシ飲みに行って、
セックスを楽しむまでに
かかってくる費用について、

  • 格安なケース
  • 一般的なケース
  • 割高だったケース

3つの価格帯に分けて
解説をしたいと思います。

 

どれも、セフレではなく、
初回の夜です。

 

なお、私の活動拠点は、
東京都内なので、

全体的にちょっと割高に
見えるかもしれませんので、
あしからず。

 

職場の女性とのセックスにかかる費用1 格安だったケース

職場の女性とのセックスにかかる費用が
最も安く済むのは、やはり、

女性の家に行った時

ですね。

 

ある夜は、会社帰りに
立ち飲み屋でお互いに数杯ずつ。

食事はおつまみ程度。

 

で、お会計が4,000円くらいでした。

 

で、そのあと、街をふらふらしつつ、
暗がりでの路上キス。

 

そのままホテルに
行きたかったのですが、

ラブホは嫌だというので。

 

…あ、そうそう。

ラブホを嫌がる女性って、います。

 

入ったことない女性にとっては、
悪の巣窟みたいなイメージを
もたれている方もいるようで。

まあ、確かに、彼氏が一人暮らし
などの場合、わざわざ、ラブホに行く
なんて選択はしないのかも
しれませんね。

 

なので、その時は、
女性の家に行くことに。

 

まだ、電車はありましたが、
近くだったので、タクシーで移動。

2,000円くらい。

 

その他、、ゴムはカバンに
常備しておりますので、
コンビニで飲み物などを軽く
買った程度。

1,000円くらいですかね。

 

で、その日は、そのままお泊り。

ってわけで、この夜は、全体で、
7,000円くらいでしたね。

 

格安と言っても
意外にかかってますね。

 

まあ、初回サシ飲みからの
ワンナイトということを考えれば、
かなり安く収まったと言えるでしょう。

 

なお、タクシーではなく、
電車移動にすれば、
もっと安く済んだのでしょうが、

路チューで作り上げた
エッチや非日常的な雰囲気が
ぶっ壊れますので、

まあ、タクシーは仕方ないですかね。

 

職場の女性とのセックスにかかる費用2 一般的なケース

さて、次に、

職場の女性とのセックスについての
一般的なケースについて
お話しさせていただきます。

 

流れとしては、退社後に、

サシ飲み → カラオケ → ラブホ

って感じですかね。

 

カラオケはバーなどになることも
あります。

 

まず、居酒屋などでのサシ飲み
ですが、

あまりお酒が強くない女性との
サシ飲みの場合は、5,000円
くらいしかかからないこともあります。

 

結構、ノリ良くガバガバ飲む女性
とであっても、まあ、10,000円は
いかないですかね。

 

今回の計算上は、経験則上の
平均として、7,000円としておきます。

 

で、その後にカラオケに行った場合、
たいてい1時間くらいで
出てしまうので、

3,000円くらいですかね。

 

で、そのあとにラブホに行くわけですが、
私が行く時間は、たいてい
休憩料金の時間が終わっているので、

ステイ(泊り)の料金になります。

 

で、たいてい、ここで、
10,000円から15,000円くらいは
します。

 

もっと安いところもあるのですが、
あまり古そうなホテルに入るのも
女性に悪いですし、

私が使うのは、
池袋、新宿、渋谷あたりが
メインなので、

まあ、相場は、上記のような
感じですね。

 

で、ステイ料金にならない時は、
だいたい、それでも、
7,000円くらいはかかります。

 

ってことで、一般的な
ワンナイト費用は、

20,000円から25,000円くらい
ということになってますね。

 

なので、財布に30,000円くらいだと
ちょっと心配、

50,000円くらい入っていると
結構安心って感じですね。

 

とはいえ、財布に50,000円
入っていることなんて、
めったにはありませんが・・・

 

職場の女性とのセックスにかかる費用3 割高だったケース

さて、職場の女性とのセックスの中には、
結構割高だった夜もあるわけで。

 

今、思い出してみると、
最強だった夜は・・・

まず、サシ飲みでちょっとおしゃれな
居酒屋に行って、お会計は
15,000円くらいってのが
ありましたね。

 

で、店を出た後なのですが、
まだ、非日常的な雰囲気に
なっておらず、二軒目へ。

 

しかし、安い居酒屋は
嫌がられたので、

二軒目はしゃれおつなバーへ。

 

このしゃれおつなバーがくせもので、
数杯ずつ飲んで、
15,000円くらいだったと思います。

 

で、そのバーの近くには、
ラブホが結構たくさんあったのですが、
その時点では、ホテル誘導に失敗。

なので、最後の悪あがきで、
タクシーで送ってあげる体で、
車内で口説くことに。

 

で、これが見事成功し、
タクシー内でのキスに成功。

 

なので、そのまま、ラブホが
ありそうな、別の繁華街へ移動。

 

タクシー代は、3,000円
くらいだったと思います。

 

で、そこから近かったのだ
池袋の南口?あたりだったのですが、

ここが、超高級ラブホしかない
エリアでして、

そこから一般ラブホエリアに
移動するのも、厳しいので、
リッチなラブホでエッチをすることに。

 

たぶん、20,000円くらい
した気がします。

 

口説きがスムーズにいかないと、

「もはやここまで来たら、なんとしてでも、抱かなければ」

って気持ちになり、財布のひもも
合ってないようなものに。

 

で、結局、50,000円以上
かかったわけですね。

 

その時は、クレジットカードの
キャッシングで結構引き出し、

しばらくダメージが残りましたね。

 

いやあ、性欲って恐ろしいものです。

 

ってなわけで、適当に思い出しながら、
都内において、ワンナイトにかかる
費用についてお話しさせていただきました。

 

やはり、女性と遊びまくるためには、

口説きのテクニックと、
お金と両方とも必要と
いうわけですね。

 

甲斐性ってやつですかね。

 

ただし、やっぱり、

同じ会社で働いている女性と
セックスするのが、最も興奮します!

 

間違いないっす!

 

きよぺーでした。