きよぺーです。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

さて、今回は、私が、20代の童貞時代に経験した、
非常に甘い夜についてお話しさせていただきます。

 

恐らく、この夜が無ければ、
今の私はいなかったと思います。

 

それほど、私に、

女性の素晴らしさ

を認識させてくれた出来事だったのです。

 

ちなみに、今回登場する女性は、
今では、ちょっと名の知れた方に
なってしまったので、

ちょっとだけ気を使って、
ところどころぼかしてありますが、
ご了承ください。

 

習い事先の素敵な先輩女性

当時、私は、とある習い事をしていたのですが、
そこに、とびきり素敵な女性の先輩がいらっしゃいました。

 

本当に素敵で、なんて表現したらよいか
わかりませんが、

とにかく、

肌はきれいだし、

髪は美しいし、

きりっとした表情、

しぐさ。

 

さらには、性格もさっぱりしており、
誰にでも仲良くなれるタイプの女性でした。

 

童貞の私には全てが
パーフェクトに見えました。

 

しかし、そんな高値の花子さんな女性ですので、
私ごとき童貞が話しかけられるわけもなく。

ただ、オナニーのおかずにさせていただく
日々が続いておりました。

 

しかし、運命の時は、突然やってきました。

 

楽しい宴

習い事先で、突如飲み会が開催されたのです。

 

当時の私は、まともに女性と会話など
できないようなゴミ人間でしたが、

かの素敵な先輩女性、
ここでは、Nさんとしておきます。

N先輩もいらっしゃるとのことでしたので、
勇気を振り絞って参加することに。

 

都内の雑居ビル内にある
某焼肉店で10名程度で、
飲み会が開かれました。

男女ともに5名くらいでした。

 

私とNさん以外は、おそらく、
30代以上だったように思います。

 

まあ、とにかく、そのNさん中心で
わいわいがやがや。

楽しく騒いでいました。

 

しかも、このNさん。

口下手で、童貞な私にも気を
使ってくださり、

ところどころで声を掛けて
下さりました。

ありがたいことです。

 

ただ、このNさん。

かなり酒癖が悪く、段々と凶暴化。

知くに座っている男性を、
ビール瓶で殴り始めたのです。

 

ビール瓶ですよ?

こんな女性、後にも先にも、
この方だけでしたねー。

 

とはいえ、この凶暴性については、
みなさんご承知のようで、
軽くあしらっていました。

 

私は、心の中で、

「俺も殴られたい」

と願っていましたが、願いは叶わず。

 

で、2時間くらい経ったところで、
お開きとなったわけですが、
ここで事件が起こります。

 

なんとNさんが行方不明になったのです。

 

素敵な先輩女性と二人きりに

飲み会が終わってから、まだ
数分した経ってないのに、姿が見えない。

皆さん、結構必死に探したのですが、
全く見当たりません。

 

「たぶん、酔っ払ってたから、タクシーで帰ったんだろう」

主催者的な男性がそう言って、
解散となりました。

 

私はNさんが心配だったのですが、
マジで見つからないので、あきらめて
皆さんと一緒に駅へ向かいました。

 

と、駅の改札で、気が付いたのですが、
定期がありません。

 

どうやら、店に忘れてきたようです。

私は、一人焼肉屋へ戻ります。

 

運よく、店の人が拾ってくれていました。

私は、ほっとして、店を出ようとしたのですが、

何と、焼肉屋が入っていたビル内の
他の店舗から、あのNさんが出てきたではありませんか。

どうやら、トイレを借りていたようなのです。

 

「あ、あれ、Nさん!?」

「ああ、きよぺー君。みんなわあ?」

「も、もうとっくに、か、帰っちゃいました」

「えー、私を置いて?」

凄い目つきです。

完全に酔っ払いです。

「ああ、それは、その」

「でも、きよぺー君だけは、待っててくれたんだああ」

と、Nさんが私に抱きついてきました。

「あ、あわわわ」

 

なんという。

なんといういい匂い。

なんという柔らかさ。

 

甘い吐息が耳にかかります。

シャンプーの香りのする髪が、私の顔にかかります。

Eカップはあろう、おっぱいが私の胸にあたっています。

 

この世に、こんなことがあったなんて!!!!!

 

この時、マジで生きてて良かったと思いました。

生まれて初めて神様に感謝しました。

 

お、女って・・・・・・・・・

 

女って最高じゃああああああ!!!!!!

 

この時の衝撃は私の中で稲妻となって駆け巡りました。

 

女性の自宅になだれ込む

一生このままでいたい。

天国なハグタイム。

 

そんな素敵な時間は、
Nさんの一言で終わりを告げました。

 

「ねえ、ウチくる?」

 

え?

 

な?

 

なに?

 

う、

 

ウチくる?

 

ま、

 

まさか、

 

Nさんの

 

家に?

 

家に行けるの?

 

って、ことは?

 

空想上の行為とされている、

 

 

 

セックス?

 

ついに、セックスか?

 

ど、

 

どどど、

 

童貞、

 

童貞卒業か?

 

え、

 

で、

 

でも、

 

心の準備が出来てない!

 

「え、で、でも・・・」

「何、私のゆーこと聞けないの?」

 

なんていう、

なんていうツンデレな、

惣流・アスカ・ラングレー的な、

最高な女性なんでしょうか。

 

「わ、わかりました」

「じゃあ、タクシー呼んで」

 

この時私は、20歳を過ぎていましたが、

一般常識や経験を全く持っておらず、

生まれて初めてタクシーを止めたのでした。

 

そして、二人で、Nさんの住むマンションへ。

 

で、ほどなくして、都内某所のNさん宅へ。

渋谷区内の2LDKくらいの
いわゆるタワーマンションでした。

 

この時は、世間知らず過ぎて、
何もわからなかったのですが、

今にして思えば、家賃一体いくらなの?

って感じです。

多分、30万円はしてたんだと思います。

 

いやあ、世の中には凄い人がいるもんです。

 

そして、生まれて初めて、
大人の女性の部屋に入ることに。

 

Nさんには彼氏がいた

さて、Nさんの部屋に無事入ることができました。

カーペットもなく、飾りもなく。

いわゆる男の一人暮らしみたいな
さっぱりした感じでした。

 

Nさんは、リビングにあるソファーに座ります。

 

「きよぺーちゃん、こっちこっち」

すでにちゃんで呼ばれています。

「は、はいい」

 

私は、あまりの非日常的な空間と、
慣れないお酒に頭がくらくらしてきました。

同じく、Nさんも結酔っているらしく、
目が座っています。

 

「ねえ、Yさんは?」

Yさんとは、今回の宴の主催者的な方で、
先ほど、

「たぶん、酔っ払ってたから、タクシーで帰ったんだろう」

ってな発言をして、皆さんを解散させてくれた
先輩男性のことです。

 

私は、突然に出たYさんの名前に、
強く嫉妬しました。

 

と、同時に、

Yさんを悪者に仕立て上げよう

と考えてしまったのです。

 

「Nさんがいなくなったので、みんなで探していたのですが、Yさん、Nさんが勝手にいなくなった的な発言をして、その後、みんな帰ってしまいました」

 

ちょっと悪意がありますね。

しかし、予想だにしていないことが。

 

なんと、Nさんが泣き出してしまったのです。

私は、動揺し、うろたえました。

 

Nさんが落ち着いた後で、話を聞くと、
なんと、Yさんは、Nさんの彼氏だったのです。

 

私の中で、

何かが大きく崩れ落ちました。

 

と、言うのも、

私は、この時、完全な

処女厨

だったのです。

 

めちゃ問題発言ですが、
本当に、処女以外とは付き合えないし、
結婚なんてとんでもない。

このような考え方だったのです。

 

なので、女性に対しては、
処女性を最も重視し、
処女性にのみ魅力を感じていました。

 

で、このNさんに対しても、

明るくて、

誰とでも仲良くなれて、

処女!

と勝手に思ってしまっていたのですね。

 

まあ、これだけ魅力的な女性ですから、
彼氏の一人や二人いても
おかしくないのですが、

当時の私は…ただの馬鹿な童貞でしたから。

 

ってことで、Nさんへの淡い恋心は、
跡形もなく崩れ落ちたのですが、

と、同時に、私の中で、
別の、おぞましい欲望が
あふれ出てきたのです。

 

それは、

背徳感

 

彼氏のいる女性と、
エッチなことがしたい!

そのような衝動に襲われたのです。

 

そして、実のところ、
この衝動は、今現在でも
強く私を突き動かしています。

もしかしたら、この夜がなければ、
今の私はいなかったかもしれませんね。

 

純粋無垢な処女厨が、

悪逆非道な寝取り野郎に
生まれ変わったのですから。

 

童貞きよぺーのファーストキス

Nさんは、涙と酔いとで、
ソファーにぐったりしていました。

しかし、目はぱっちりと開いています。

 

私は、ゆっくりとNさんに顔を近づけます。

 

なんでしょう。

 

このいい香りは。

 

女性の匂い。

 

まじで狂いそうです。

 

Nさんは、目を半分閉じました。

 

私は、勝手にキスOKと認識しました。

 

そして、自分の唇を、
Nさんの唇へ重ねます。

 

きよぺー

人生初のキス。

ファーストキスです。

 

なんて、柔らかい。

なんて、潤い。

なんて、甘い。

 

こんな。

こんな世界があったなんて。

 

頭の中で何かがはじけ飛んだような。

そんな感覚に陥りました。

 

そして、

ファーストキスにもかかわらず、

私は、欲望の赴くまま、

舌をNさんの口の中に滑り込ませました。

 

!?

 

目がひっくり返りそうです。

 

よく、女を知るのが遅いと、
女にはまってしまうという
話を聞きますが、

よくわかります。

 

もう尋常でない気分。

頭がくらくら。

 

私は、やったことありませんが、

ドラッグを決めると、こんな感じなんでしょうか?

 

もう、なんていうか、神?

 

気持ちが良すぎて、
頭がイってしまったようです。

 

オーガズムですね。

 

私は、もう、

それはもう、

舌を動かしまくりました。

 

Nさんは控えめですが、
同じように、私の舌と一緒に
自分の舌を踊らせます。

 

そして、何より、
私を興奮させたのは、

Nさんの声です。

 

喉の奥から聞こえる、

「んっ、あっ、はあ」

という吐息。

 

この世のものとは思えない旋律。

どんな名曲でも敵わないメロディー。

 

 

ベロチュー

 

ディープキス

 

悪魔的

 

悪魔的快楽

 

もう、一生こうしていたい

 

もう、何もいらない。

 

Nさんとキスし続けられれば、
もう何もいらない。

 

今でもハッキリ覚えていますが、
本当に美味しくて、素晴らしいキスでした。

後にも先にも、これを超えるキスは、
なかったのではないかしら。

そう思ってしまうほど、
甘露で甘美なキスでした。

 

おっぱいもんで吸ってなめまくる

気が付いたら、数十分も、
キスをし続けていました。

ホント、止まらないんですよね。

 

生まれて初めてキスした男性で
私と同じように長時間
ベロベロやってた方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

 

そして、

キスを十分堪能した私は、

次に目を付けたのは、

 

そう

おっぱい

です。

 

神が作りし最高傑作。

おっぱい

 

特にこのNさん。

着衣でもわかる最高品質の
おっぱいの持ち主でした。

たぶんEカップくらい。

 

どんな服を着ていたかは、
うろ覚えなのですが、

まあ、とにかく、

剥ぐような感じで、
脱がせましたよね。

 

下手くそです。

童貞ですから。

 

Nさんも、腕を上げるなどして、
私の脱がしを手伝って?くれました。

 

その後、この目飛び込んできたのは、

 

透き通るような白い肌の谷間と、

黒いブラジャーのコントラスト。

 

もう美しいとしか言えません。

 

この世には、それはもう
星の数ほど、女性がいて、

その全ての女性が、
このような奇跡の谷間を
持っているのか?

 

だとしたら、俺は、
何をしていたんだ。

何をしてたんだ、マジで。

 

土曜日、日曜日に一日中、ゴロゴロしたり、

テレビをだらだらと見続けたり、

クリアしたドラクエのレベルを上げたり、

2ちゃんねるを閲覧しつづけたり、

 

楽しいよ。

楽しいさ。

 

だらだら過ごすのは、
楽しいんだ。

 

でも、なんか違う。

俺の生き方、何か違う!

 

だって、ここにほら、

とんでもない素敵がある。

 

今夜は、タマタマ、

奇跡が起きて、

タマタマが爆発しそうな

とんでもない状況にあるが、

 

頑張ってない俺には、
二度とこんな事は起きず、

頑張っている誰かは、
何度でも何度でも、
こんなこと味わっている。

 

と、この時なぜか、

感動と悔しさが

同時に襲ってきたのを覚えています。

 

そして、いよいよ、

おっぱいとご対面です。

 

生のおっぱいは、いつ振りか?

赤ちゃんの時以来なので、

20数年ぶりくらいでしょうか?

 

私は、生き別れた?おっぱいと
再会するべく、Nさんの背中に、
手を伸ばします。

 

さすがの私もわかっています。

ブラジャーの後ろにホックがあることを。

それを外せばいいんだよね。

 

…って、

 

…あれ?

 

…ホックがない!

 

ホックがありません。

 

そう。

 

前ホックのブラジャーだったのです。

 

しかし、童貞で愚かな私は、
ホックのないブラジャーもあるのだと

強引にむしり取ろうとしました。

 

いやはや、それにしても、ブラって、
めっちゃしっかり固定してんのね!

 

外れないじゃないですか。

指を入れる隙間くらいしかない。

 

私は、まごまご、ブラも外せないまま、
Nさんの上半身をまさぐります。

その間に、指に触れる
おっぱいの感触といったら、

どう表現したら良いのか?

 

触れるだけでこんなに
気持ちよくなる物体って
他にありますかね?

その間、Nさんは、うつろに、
佇んでいました。

世界一へたくそな愛撫をされながら。

 

しばらく、ブラと格闘して、
どうにか、こうにか、強引ですが、
ブラが外れました。

 

そして、

 

現れたのは、

 

もはや、言葉にならない、

 

神のような、

 

二つのお山。

 

ちなみに、今でも思うのですが、
このNさん。

それは、もう、

最高にいい身体なんですよ!

 

その後、数々の女性のおっぱいを
見させていただきましたが、

今考えても、この時のおっぱいが、
最も最高であったのだと、

童貞傾斜

童貞加点

童貞補正

これらがあったにせよ、
やっぱり最高だったなと、
思います。

 

この時の感動をもう一度味わうべく、
私は今も頑張っているのでしょう。

 

そこには、
どんな絵具でも表現できないような、

透き通るようなピンク色の乳首
ありました。

 

 

そして、私は、

 

私は、ゆっくりと、

Nさんのおっぱいをつかみます。

 

え?

マジ?

何これ?

 

手が吸い取られるようです。

手がおっぱいと同化しそうです。

 

吸いつくような肌って、
よく言いますが、

まじで、吸い付いているんです。

 

「んんっく」

 

Nさんは、声を漏らします。

 

え、何?

んんっくって?

 

何そのメロディー!?

気絶しそうです。

 

そして、私は、

ゆっくりと、おっぱいをもんでみます。

 

や、やわらかい。

 

誰だよ、坂道を自転車で
走り抜ける時に、手を広げると、
おっぱいと同じ感覚だと言った奴は。

 

全然ちげーじゃん!

 

それにしても、

なんて、フィット。

 

人間の手は、

おっぱいをつかむために
あるのではないでしょうか?

そう思ってしまうほどの
おっぱい仕様。

 

そして、指と指の間から、
むにっと形を変え、
あふれ出るおっぱい。

 

セーブしたい。

今夜をセーブしたい。

 

めちゃ恐ろしい悪魔に、

「お前は、一生この夜を繰り返さなければならない!」

って呪いをかけられてもいい。

 

もう二度と味わえない夜。

わかってるんだって。

 

そして、私は、おっぱいに
むしゃぶりつきました。

 

ああ

これはダメだ

 

何この味

何この風味

 

女性特有の汗の香り

おっぱい特有の甘い匂い

 

おっぱいは赤ちゃんのためにある。

私は、これまでそう思っていた。

 

ところがどうだろうか?

 

私は、

おっぱいに吸い付き、

おっぱいに心奪われ、

おっぱいと同化している。

 

おっぱいは、俺のためにある。

おっぱいは、俺のためにあったんだ。

 

「ん、あん、んんっ」

 

Nさんの甘い吐息を聞きながら、
私は、おっぱいにむしゃぶりつきました。

この世のものとは思えない、
甘美なスイーツ、おっぱい。

 

快楽と地獄

一生このままでいたい。

おっきな赤ちゃん、それが俺。

 

そして、先ほどからもう一人、
おっきな赤ちゃんがいる。

それが、俺のチンチン。

 

しかし、

 

なんてことだろうか。

 

悪夢が、

 

私に悪夢が襲っていたのでした。

 

もう、だいぶ前から気が付いていたのですが、

 

もはや限界。

 

そう

 

死ぬくらいに、

 

ほんとに死ぬくらいに、

 

圧倒的尿意

 

悪魔的尿意

 

絶望的尿意

 

 

もはや私の膀胱は、
既に限界を超え、

私の下半身は、

けいれんを始めていました。

 

一方で、天国を味わい、

ちんぽうは、地獄を味わっていたのでした。

 

ダメだ!

もう我慢できない!

 

しかし、この状況。

 

泥酔状態のNさん。

 

俺がおしっこから帰ってきても、
起きていられるか?

 

寝ちゃうんじゃないでしょうか?

 

きっと寝ちゃうよ。

 

でも、

 

このままじゃ、

 

俺は死ぬ!

 

私は、おっぱいと別れを告げ、

私は、震える下半身を引きずりながら、

トイレに向かいます。

 

 

早く、

 

一刻も早く、

 

あの場所へ戻らなければならない。

 

私は、トイレの蓋を開けます。

 

しかし、

 

なんてこと。

なんてことでしょう!

 

チンコ完全体

 

地平からの角度90度

 

わが人生に一片の悔いなし

みたいな形になってるし!

 

無理でした。

 

どう考えても、
便器におしっこを注ぎ入れる
方策なし。

 

尿意はMAX

勃起もMAX

相反する二つの願い

 

私は、ラージヒルを飛ぶように、
上半身を前に傾けますが、

それでも、便器には、
発射できそうにありません。

 

もう、この勃起を
抑えるしかない。

私は、この世で最も、
興奮しないことを一生懸命
考えました。

 

なんだ?

 

この世で一番興奮しないものは?

 

 

あ、そうだ!

 

ゲートボールだ!

 

お年寄りが広い公園で、
のどかに平和に楽しむ。

素敵なスポーツ。

 

いいじゃないか。

ええじゃないか。

 

さあ、どうだ。

興奮が冷めていく。

 

 

 

冷めねえ!!!!

 

全く勃起は、収まりません。

 

しかも尿意が限界を超えています。

私は、勃起チンコのまま、
お腹を押さえながら、その場に
うずくまりました。

 

地獄。

地獄の痛み。

地獄の焦り。

 

利根川氏が味わった焼き土下座に、
負けるとも劣らない圧縮された時間。

 

 

そこから、どれほど時間が経ったでしょうか。

数時間にも感じる、痛みと苦しみとの闘いも
ついに終わりを迎えました。

 

私は、おそらく青白く変色したであろう顔で、
膝に手をつき、ゆっくりと立ち上がります。

 

そして、ふにゃったチンコをもって、いざ放尿。

いつ果てるともわからない、放尿。

間違いなく、一生で一番長い放尿。

一定でぶれることのない放尿。

 

長い長い放尿の果て、
私は、地獄から生還しました。

 

そして、性感。

次は性感じゃあああああああ!

 

復活のF(フニャチン)

 

私は、小走りでNさんの元へ。

 

しかし!

 

Nさん上半身裸のまま爆睡。

 

やっぱりいいいいいいいいいい!!!!!

 

うわああああああああああんん!!!!!

 

寝てしまった。

 

そりゃそうだ。

 

しかし、

 

童貞の私にとって、セックスは、
あまりにもハードルの高い行為

 

寝ている女性と

セックスするなど、出来ぬ相談。

 

正直なところ、真・童貞なもんで、
セックスのやり方もよくわかりません。

だって、AVとか見ても、
モザイク入ってるし!

 

 

しかし…

 

これは貴重な夜

 

世間一般の倫理観と、私の性欲

どっちが上でも構わんと言うには
このきよぺー

若すぎる!!!!

 

私は、寝ているNさんの
おっぱいに再度吸い付きます。

すると、Nさんがゆっくりと
私を抱擁してくれました。

 

あれ、起きてる?

 

 

とにかく、この夜は、

朝方までおっぱいを吸ったり、
キスをしたりを、数時間、

朝までごそごそしていました。

外が明るくなってきたのを
覚えています。

 

 

しかし、気が付いたら、
私は寝ていたようで、

起きたら、Nさんが
シャワーを浴びていました。

 

そして、言葉少なげに、
私はNさんのマンションを後にしました。

 

その後、Nさんとは、いままで通り。

 

お互いに何もなかったかのように、
接することができました。

 

 

とにもかくにも、

元々AV好きで、
女性に興味があった私ですが、

この夜をきっかけとして、
なんとなく、リアルな女性への
アプローチ的なことを
始めたようが気がします。

 

そして、この時から10年ほど経ち、
当サイトを開設したのでした。

 

あの夜の、感動を超えるワンナイトは、
いまだ味わえていない気がします。

 

気持ちは今でも童貞時代のまま。

ドキドキしながら、女性に
アプローチをしているのでした。

 

きよぺー