きよぺーです。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

さて、いきなりですが、

女性の気を引きたくないですか?

 

女性の気が引けていないと、
サシ飲みやデートに誘いたくても、
なかなかトークが良い方向に持っていけません。

いつまでの仕事の話をしていては、
誘うことは難しいのです。

 

逆に、トークによって、
女性の気が引けたのであれば、

結構簡単に誘えたりします。

 

ってことで、今回は、
女性の気を引く上で、私が得意とする

否定の畳み掛け

についてお話しさせていただきます。

 

一般的なトークの切り替えは「そういえば」

一般的には、例えば、
仕事の話から、飲みに誘う時、

仕事の話から、お酒やお店の話題に
どこかで切り替えますよね。

 

具体的には、以下のような感じでしょうか。

 

「…で、○○課のその○○さんが結構めんどくさいんですよ」

「そーなんだ」

「そこさえクリアできれば、後は何とかなるんですけどね」

「なるほどねー」

(間が空く)

「そういえば、最近、飲みに行ってんの?」

「あまり行ってないですね」

「そっか、じゃあ、時間あったら飲みにでも行く?」

「ああ、ぜひ!」

 

って感じでしょうか。

 

まあ、悪くはないんですが、

くそつまんないですよね。

 

この誘いでOKしてくれるのは、
既に結構好かれているか、

あるいは、普段から仕事などで
お世話になっているか

このどちらかですね。

 

つまり、サシ飲みに行けても、
ワンナイトラブ的な楽しい
流れにはなりにくそうです。

 

そう

ワンナイトラブを狙うのであれば、
飲みの誘いの段階で、女性から

  • 期待
  • 関心
  • 興奮
  • 非日常感

このような感情を
引き出しておきたいところ。

 

つまり

女性の気を引いておかなければならないのです!

 

否定の畳み掛けで女性の気を引け

で、私の場合であれば上記のシーンでは、
以下のように誘います。

 

「…で、○○課のその○○さんが結構めんどくさいんですよ」

「そーなんだ」

「そこさえクリアできれば、後は何とかなるんですけどね」

「何とかならないんじゃない?」

「えー」

「○○課の○○さんをー」

「はい」

「クリアする」

「(笑)」

「何とかなんないんじゃない?」

「ひどい」

「俺ならね」

「うんうん」

「○○課の○○をー」

「呼び捨て(笑)」

「クリアする」

「同じじゃん」

「プリキュアする」

「意味わかんない」

「じゃあ、どうしよっか?」

「知りませんよ」

「あ、じゃあじゃあ、お酒…」

「ええ?」

「ちょっと飲みに行こっか?」

「超意味わかんない」

「たぶん、飲みに行ったら、○○課の○○さんクリアして、何とかなるよ」

「何とかなりませんよ(笑)」

「じゃあ、とりあえず社内メールでLINEID送って送るから、入れといてね」

「はい、わかりました(笑)ウケる」

 

否定は二回使うと笑いに変化する

一連のトークを全て書き出してしまったので、
重要な部分がボケてしまいましたが、

今回のトークで重要なのは、
仕事の話から、ユニークな雰囲気に
変えることですね。

そこから、誘いのきっかけを
見つけていくわけです。

 

で、使った方法が、

否定の畳み掛け

です。

 

面白いもので、否定ってのは、
一回だと、ただの否定
二回だと、笑えてくるんですね。

 

上記の例だと、

「そこさえクリアできれば、後は何とかなるんですけどね」

「何とかならないんじゃない?」

「えー」

「○○課の○○さんをー」

「はい」

「クリアする」

「(笑)」

「何とかなんないんじゃない?」

「ひどい」

 

って、流れですが、一回目の

「何とかなんないんじゃない?」

だけだと、ただの否定になってしまいます。

 

しかし、その後に、もう一度使うことで、
ユニークなトークであることが
伝わるんですね。

 

女性心理的には、一度落とされたところから
一気に浮上したような感じですね。

ギャップ効果で、笑いが取れるわけです。

 

コツとしては、一回目の否定は、
自然に、遅れることなく、
ちょっと被せるように言うことですね。

「そこさえクリアできれば、後は何とかなるんですけどね」

「何とかならないんじゃない?」

この間ですね。

 

ここで間が開いてしまうと、
考えた上での、ガチ否定みたいに
とらえられてしまい、

二回目の否定は、一回目のガチ否定を
かき消すために言った

みたいになってしまいます。

 

なので、一回目の否定は、淀みなく
発してください。

 

で、二回目の否定は、女性によく
聞こえるように、ちょっとためた感じで。

「○○課の○○さんをー」

「はい」

「クリアする」

「(笑)」

「何とかなんないんじゃない?」

 

女性が笑った後、ちょっと間をとって、

「何とかなんないんじゃない?」

ゆっくり目に、まざとらしく言いましょう。

 

こうすることで、ユニークが伝わります。

 

このように、女性がどちらかと言うと、
真面目なトークをしている時は、

否定畳み掛け方で、トーク内容を
ユニークに切り替えて、誘いにつなげる。

 

このような方法がありますので、

まあ、何回か使ってみれば慣れるかと
思いますので、

是非、使ってみてください。

 

きよぺー

 

きよぺーからのご案内