きよぺーです。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

今回は、大人の憩いの空間である

バー

について、その利用方法などを
お話しさせていただきたいと思います。

 

ワンナイトラブ狙いの男性であれば、
居酒屋でもいいのですが、

バーなどの大人の空間を
ある程度使えるようになっておいた方が
よろしいかと思います。

 

この記事では、バーを利用するに
あたっての事前準備・知識と

実際に女性を口説いていく上での
バーの利用方法や注意点などを
お伝えできればと思います。

 

バーの利用における事前準備・知識

それではまずは、ワンナイトラブを
狙っている男性がバーを利用する
上での事前準備や知識について
お話しさせていただきます。

それでは、レッツ、Barレモン・ハート

 

バーの利用における事前準備・知識1 ワンナイト狙いであればバーは二軒目がベスト

これは私の経験則上のことなのですが、
バーなどの大人の空間を使って
女性を口説いていくのであれば、

一軒目ではなく、二軒目がベスト

であると考えています。

 

その理由の一つは、

  • 緊張感
  • 敷居の高さ

です。

 

バーのような場所ですと、
どうしても緊張感などが
漂ってしまうのですが、

これが逆に、女性の心地良さを
阻害してしまうことが多いのです。

 

なので、私の場合であれば、
一軒目は普通の居酒屋に行き、

そこで口説ききれなかった場合に、
二軒目としてバーを利用します。

 

一軒目である程度盛り上がったものの
ホテル誘導ができる状態にまでは
ならなかった時に、

シーンの変更としてバーを利用します。

 

ちなみに、当サイトにおける

口説き落とす

ってのは、告白して成功するとか
好意を伝えてOKをもらうとか、
そういうのではなく、

ホテルに誘導できるような状態に仕上げる

ことですのであしからず。

 

ただし、私はあまりないのですが、
バーが似合う大人の女性?
な方にアプローチするのであれば、

一軒目からバーでも
よろしいかと思います。

 

また、あなた自身のキャラが
笑笑や養老の滝というよりは、
バーなのであれば、

会社終わりにそのままバーに
直行でも良いでしょう。

 

バーの利用における事前準備・知識2 目的はしっぽりとした非日常感

さきほどもちょっと触れましたが、
バーを利用する目的は、

一軒目の居酒屋の補助的な役割です。

 

つまり、

一軒目では醸成しきれなかった
非日常的感を得るため

と言えます。

 

そのため、一軒目の居酒屋で
口説き落とせていた場合は、

居酒屋からホテルにそのまま直行する。

 

しかし、居酒屋である程度
飲んでいたものの、

「うーん、何となくこのままじゃ、口説けないなあ」

って時は、シーンの変更として、
バーを検討しましょう。

 

ただし、女性のノリによっては、
バーよりも、

カラオケや別の居酒屋

の方が有効な場合もありますので
そこは適宜お願いいたします。

 

バーの利用における事前準備・知識3 バーを開拓しよう

さて、バーを利用するといっても、
バーに慣れていない方にとっては、
とてもハードルが高いと思います。

 

私的には、バーというのは、

開拓

が必要な場所であると考えています。

 

まあ、普通の居酒屋や料理屋でも
同じようなことが言えるのですが、

バーはやはり特殊な空間です。

 

なので、慣れない方にとって
初めて入ったバーで女性を口説く
ってのはなかなか難しいと思います。

そのため、事前調査が必要です。

 

最も良いのは、仲の良い
エロい男友達がいれば、

そいつと一緒にバーに
飲みに行くのが良いでしょう。

 

基本的に予約は不要です。

適当に店を探して、
入ってみれば良いです。

 

よっぽど敷居の高いバーでなければ
予約しないと入れないとかは
ないと思います。

少なくても、私は予約なしで
追い返されたことはありません。

 

予算については、まあ、2杯程度なら、
3,000円でおつりがくると思いますが、
5,000円くらい持っていれば
大丈夫でしょう。

あまりにも高い店なら、
1杯だけ飲んで出ちゃえばいいです。

 

事前に食べログとかで
調べとけば問題ないでしょう。

 

また、誰もバーに行く友達が
いなくても問題ありません。

一人でも入れますから。

 

一人でふらっと入って一杯だけ頼んで、
店の雰囲気を観察しつつ、
スマホでもいじってればいいです。

 

バーは上質な空間を楽しむ場所

別にかっこいいお酒を
注文する必要もありません。

 

私は新規開拓の時には、
べたですが、ジントニックを頼んで
一人でちびちび飲んでいます。

もちろん、カシスオレンジでも
カルーアミルクでもビールでも
好きなものを飲んで大丈夫です。

 

なお、一人の時にあまりに
周囲をきょろきょろしていると

「ナンパしようとしているのかな?」

とバーテンさんに警戒されて
しまいますので、注意しましょう。

 

バーの利用方法や注意点

それでは次に、実際にバーを
利用していく方法について
お話しさせていただきます。

 

想定としては、一軒目の居酒屋を
出た後で、バーを利用するような
状況ですね。

それでは、レッツ、北のライオン

 

バーの利用方法や注意点1 予約はいらない

さて、私の場合ですが、
バーを利用するのは、

これまでお話ししてきたように、
二軒目が多いです。

 

この場合の流れなのですが、

私は、一軒目の居酒屋で
この後そのままホテルに
誘導できそうもないと判断した時に、

「別の店(居酒屋、バー)かカラオケか?」

という判断をするのですが、
この判断方法については、後日
別の記事で解説させていただきます。

 

で、二軒目としてバーを利用する
判断をした後ですが、私の場合、

一軒目において、女性に対して
二軒目のオファーをしていきます。

 

「この近くにバーがあるんだけど行ってみない?」

「軽く飲みなおさない?」

 

まあ、何でもいいです。

 

ただし、店の外に出てから
二軒目についてオファーするのは
あまりスマートではありませんし、

「うーん、もう遅いんで今日は帰ります」

とかって言われやすいシーンでも
あります。

 

なので、二軒目のオファーは
一軒目の中でしちゃいましょう。

 

ただ、相手女性がノリノリな感じで
あれば散歩でもしながら、
二軒目を決めるってのもありです。

 

で、バーの入り方ですが、

先ほども申し上げましたが、
予約は基本的にいりません。

 

しかも、二軒目ってことで時間的に
21時近くになっているハズなので、
まあまあ空いてるかなってのが
私の実感です。

 

しかし、あなたの主戦場としている
街がどんなところなのかは
私ではわからないので、そこは
事前の開拓の時に調べといてください。

 

とはいえ、空いてないってことも
十分考えられるので、

お目当てのバーに入れなかった時に
入れる店をある程度考えておいた
方が良いでしょう。

 

ぐずぐずと店が決まらないで
徘徊するってのが最悪です。

 

バーの利用方法や注意点2 気負いは不要

さて、実際にバーを利用する際の
注意点なのですが、

まあ、あんまりないです。

 

バーによっては、

「帽子をお取りください」

っていわれる店があるようですが、
基本的に、サイヤ人の戦闘服や、
全裸でない限りは問題なく入れます。

 

私自身、ドレスコードのあるような
バーは利用していないと思います。

 

で、先ほど申し上げたように、
事前に友達とかと開拓しておくことを
お勧めするのですが、

初めて入ったバーであっても、
大丈夫です。

 

バーテンダーさんはプロなので、
初めて来たかどうかは、恐らく、
あなたの挙動で見抜かれています。

 

そして、

「この男性、初めてだな」

とチェリーボーイ判定をされたら、
それ相応の対応をしてくれます。

 

あなたに女性の前で恥を
かかせないように気を使ってくれます。

なので、気負う必要はありません。

 

ちょっと渋い居酒屋に入ったくらいの
軽い気持ちで楽しみましょう。

 

ただし、店員さんに軽口をきいたり
変にこなれた感じは出さない方が
良いです。

 

女性に

「こいつハネてんな」

と、馬鹿にされます。

 

バーの利用方法や注意点3 バーでの注文方法

で、メニューについては、
手渡ししてくれる店が多いので、

おしぼりやメニューが来るまでは、
女性と軽くおしゃべりでもして
待っていましょう。

 

で、メニューが来たら、
女性と二人で楽しみながら
選びましょう。

 

もし、女性が、何を選んでいいか
わからないようでしたら、

  • 甘いのが好きかどうか
  • 好きなフルーツ

このあたりをバーテンさんに
伝えると、お勧めのカクテルを
作ってくれます。

 

そして、二杯目以降についてですが、
基本的に、メニューはそのつど
下げられますので、

注文の際に、

「すいません。メニューいただけますか?」

と言って、バーテンさんから
メニュー表をもらいましょう。

 

飲み終わっているグラスや
空いたお皿などは、よっぽど
邪魔でなければそのままに
しておきましょう。

バーテンさんがしかるべきタイミングで
片付けてくれます。

 

で、店を出る際には、

「すいません、お会計お願いします」

と言えばOKです。

 

また、何となく店を出る雰囲気を
バーテンさんが察してくれ、

「お帰りですか?」

と聞いてきてくれる場合もあります。

 

また、独自の紙のコースターなどを
使っているお店も多いので、

「これ可愛いね」

「ほんとだ、欲しい」

「じゃあ、持って帰ろうか?」

って流れになったら、バーテンさんに

「すいません、このコースターっていただけますか?」

と確認すれば、普通にくれます。

 

新しいコースターを
用意してくれるバーもあります。

 

そして、お会計ですが、
基本的にバーは、

サービス料やチャージ料なる
慣習的な料金が発生します。

 

居酒屋的なお通しもありません。

着席料みたいなものですね。

 

店によってまちまちだと思いますし、
私もレシートをガン見していないので、
詳しい訳ではありませんが、

おおよそ、1,000~2,000円くらい?

また、バーによっては、お会計の
数%を上乗せするようなお店も
あるようです。

 

ワンナイトラブ狙いの男性が、
お会計でまごつくのはカッコ悪いので、
スマートに支払いを済ませましょう。

 

まあ、バーに入るのであれば、
20,000円くらいあれば、大丈夫です。

 

バーの利用方法や注意点4 自然体が重要

さて、ここまでバーについて
簡単にお話ししていましたが、

まあ、居酒屋に毛の生えたような
イメージでいればよろしいかと思います。

 

2、3軒利用してみれば、慣れます。

 

で、ワンナイトラブ狙いで
バーを利用する際に重要なのは、

とにかく自然体ですね。

 

バーだからと言って、かっこつけたり、
する必要は1mmもありません。

 

むしろ、あなたがリラックスして
お酒を楽しんでいる雰囲気に
女性は酔います。

 

あなたの武器の一つとして、
バーを上手に活用していただければと
思います。

 

なお、バーなどのカウンター席で
女性を口説き落とす方法については、
こちらを参考にしてみてください。

バーなどのカウンター席で女性を口説き落とす方法

 

きよぺーでした。