wannnaitorabu

 

きよぺーです。

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

今回は、サシ飲みからホテルまで、

いわゆる「ワンナイトラブ」にはいくら経費がかかるのか?

について、考えてみたいと思います。

 

ワンナイトラブに掛かる費用

私がいままでのワンナイトラブで一番安かったのは、

(世の中のナンパ師さん達と比べれば少ない経験値ですが)

路上で意気投合したほろ酔いお姉さんとのケースで、なんとホテル代12,000円のみしか出費がありませんでした。

ただ、この時は『TheAutoVictorious(TAV)』というナンパ教材を手に入れたばかりの時で、結構恐れ知らずに活動していた時期でした。

『 The Auto Victorious(TAV) 』 【著:岡田尚也氏】解説

このようにサシ飲みすら挟まないで上手くホテル誘導できた事例は私の中でもこれのみです。

通常は、ここまで上手くはいきません。

 

私の中で一般的なのは、

サシ飲み 8,000円

カラオケ 6,000円

ホテル(stay) 13,000円

合計 27,000円

このくらいでしょうか。

 

改めて計算すると、結構かかってますよね。

 

これが、セフレ化すると、カラオケがなくなり、合計20,000円くらいになるでしょうか。

私の場合は、ホテルを休憩で使うことがほとんどないので、上記のような金額になっています。

なので、泊まりではなく休憩で、かつサシ飲みも安いところであれば、15,000円くらいで済む時もあります。

 

お金を準備しておくことが重要

さて、ここまでいろいろなケースについて例示してきましたが、

今回の記事で何か言いたいのかと申しますと、

デートでかかりそうなお金は事前に十分用意しておきましょう

ということです。

 

お財布に余裕があるかないかで、アプローチの自信や自然さなどが全く違うものになります。

間違っても、デート中に女性に払わせるようなことはしないでください。

こちらの記事でも書きましたが、少しだけ女性に出してもらうのもNGです。

デートで割り勘はありえない!男が女に奢るのはマナーではない

余裕のある行動は、余裕のある資金から生まれます。

 

ただし、サシ飲み等で高級な店に入る必要はありません。

ここについては、私は高級店に入るのは、むしろ口説きの逆効果な気がしています。

高い店に入ることで男性の下心を感じてしまうのです。

見返りを求めているのではないかと、疑ってしまうのです。

サシ飲みに適したお店(女性心理に与える影響を理解しよう)

なので、高い店に入る必要はありませんが、あらかじめお金は多めに持っておきましょう。

 

女性との関係性にもよりますが、アプローチの途中で、セブン銀行によることのないように。

これがOKなのは、セフレになってからです。

 

あとは、サシ飲みだけで解散してしまう、いわゆる消耗戦を避けるために、モテるスキルを身につけていきましょう。

 

きよぺーでした。

 

きよぺーからのご案内