shokbatikaku

 

きよぺーです。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

さて、今回は、

職場のセフレに対する上手な振る舞い方

についてお話しさせていただきます。

 

社会人の方であれば、同じ社内にセフレがいるという方も多いはず。

と、なれば、接し方、振舞い方を間違えると、あなたばかりでなく、セフレの社内での立場も微妙なものになってしまいます。

 

私は、この記事を書いている時点で、職場に二人セフレがいるのですが、一人は同じ課にいる女性です。

机と机の距離は、5mほどしか離れていません。

非常に距離感の近い女性と言えます。

 

そして、非常に良好な関係を保つことができています。

あなたもぜひ、職場のセフレに対する正しい振舞い方を身につけていただければと思います。

 

職場のセフレに対する上手な振る舞い方1 対象女性の状況をきちんと把握する

一つは、相手女性が職場などで話しかけて欲しいと思っているかどうかを押さえておくということ。

セフレである男性から話しかけられるのが嫌という女性と、

話しかけられたいと思う女性がいるのです。

 

ポイントは、相手女性がモテる女性かどうか。

 

モテる女性は、自分の立ち位置をよく理解しています。

つまり、自分が職場などで格上の立場であることをわかっているのです。

 

そうなると、セフレなどという関係性の男性に話しかけられることが、自身の価値を下げてしまうと思ってしまうのです。

なので、必要以上に接しないように注意する必要があります。

 

では、あまりモテるタイプではない女性に対しては、どうなのか。

この場合は、話しかけて行って大丈夫です。

 

なぜなら、モテない女性は、男性から話しかけられることに
自身の価値を見出しているからです。

なので、逆にセフレという関係性を気にして、
全く話しかけないというのは、相手のプライドを傷つける結果になることもあります。

 

職場のセフレに対する上手な振る舞い方2 相手の迷惑になるような誘いはNG

では、セフレに対する上手な振る舞い方の二つ目。

それは、誘うタイミングをきちんと理解するということ。

 

セフレはお互いにとって、都合のいい関係にある存在です。

なので、お互いの生活に支障をきたすような行動は厳禁なわけです。

 

そんな、生活のスパイスであるセフレなので、誘うタイミングは慎重にしなければなりません。

 

私が誘うタイミングとしては、暇そうな時と忙しい時のどちらかです。

 

暇そうにしている時は、誘いのニーズがあるときです。

刺激の足りない毎日に、セフレからの誘いは嬉しいものです。

 

そして、もう一つの忙しい時。

仕事などで多忙な時は、癒しが欲しいものです。

そんなとき、心地よい空間を提供してくれるセフレからの誘いがあれば、終電後でも付き合ってくれる女性もいるでしょう。

 

このように、自分と近い距離にいる女性であっても、相手の求めることをきちんと押さえておけば、安定した関係性を継続することができます。

近い位置にいれば、相手女性の状況も把握しやすいですよね。

是非、職場の女性にアプローチを仕掛けてみて下さい。

 

職場でワンナイトを量産させる「撒き餌法」について解説します

きよぺーの会話具体例シリーズ

モテるノウハウを身につけたら
仕上げに会話の具体例を手に入れ、

他の男子たちと差をつけよう!

『サシ飲み会話具体例集』

きよぺーが「note」デビューいたしました!『サシ飲み会話具体例集(待ち合わせから夜のお誘いまで)』のご案内

ターゲットの女性と二人きりの空間で
誰にも邪魔されることなくサシ飲み

だが、サシ飲みは男女にとって戦場ですよ

待ち合わせから夜のお誘いまで、
サシ飲み全シーンの会話具体例をあなたに!

『サシ飲み会話具体例』はこちらから。

 

『サシ飲みの誘い方21パターン』

『サシ飲みの誘い方17パターン(声かけからオファーまでの具体例)解説付き』が完成いたしました!

女性へのアプローチにおける
最初の関門であるサシ飲みへの誘い

誘う男性も誘われる女性も楽しくなる誘い

怯えながら震えながらサシ飲みに誘う
あなたとサヨナラしましょう。

『サシ飲みの誘い方21パターン』はこちらから。

 

『いじり会話具体例集』

いじり会話具体例集〜いじりから始まる縦横無尽なトークを手に入れよう!

女性との関係性を深めるために
必須のスキルである「いじり」

いじりを制する者がアプローチを性する

上手にいじり、女性の感情を揺さぶり、
非日常の世界に誘(いざな)いましょう。

『いじり会話具体例集』はこちらから。