奢りはスマートに

 

きよぺーです。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

さて、今回は、

気になる女性とのデートの時に、

「割り勘ってどうなの?」

ってお話をさせていただきます。

 

結論から言うと、デートの相手女性を
口説き落としたいと考えているのであれば、

割り勘は最悪です。

 

世間ではこの割り勘について、
様々な意見が飛び交っておりますが、

この記事で、女性に奢るということの
本当の意味を理解していただきたいと思います。

 

デートでは男性が支払うのがマナー?

ひと昔前は、異性とのデートにおいて、
食事代やデート代全般を男性が
全て支払うというのが一般的でした。

 

男女で就業率の異なりましたし、
男性は総合職、女性は一般職
に就く傾向もありました。

つまり、男女で明確な所得格差があった。

 

そのため、デート代を男性が
全額支払うという考え方に対して、
特に異論を挟む余地がなかったんです。

 

男性が女性に奢ることは、
気遣いなどではなく、

「マナー」

ということですね。

 

一方、女性も男性から奢られるのが
当然と思っていた時期でもあります。

 

しかし、時が経ち、男女平等が
叫ばれ始めるようになると、

男性が全額奢るという考え方に
「ちょっと待った」がかかり始めます。

 

「何で俺たちが女の分まで出さなきゃならねーんだ!」

って感じですね。

 

これに伴い、女性側も、ただ男性に
奢られる立場ということに対して、
疑問が湧き始めてきた。

これが現在の状況というわけです。

 

こうなってくると、デート代の支払いは
複雑化・多様化してきます。

 

  • 基本割り勘
  • 女性に千円だけ出してもらう
  • ドリンク代は女性持ち
  • 端数は女性が払う

などなど、様々な支払い方が
生まれてきました。

 

じゃあ、そんな現在において、
割り勘ってどうなんでしょうか?

 

答えは、冒頭申し上げた通り。

その女性を口説きたいのであれば、
割り勘はクソです。

 

自分で誘ったのなら自分が払うのは当然

では、割り勘がいかにクソなのか
ということをご説明させていただきます。

 

まず、女性を口説くということの
仕組み上の話からさせていただくと、

女性を口説くとは原則、
男性が女性を誘うということ。

 

つまり、男性が女性を

  • デートに誘う
  • サシ飲みに誘う

ということですね。

 

このように、男性側からのアクションに
対して、女性はOKを出す。

つまり、女性は男性のオファーを
受け入れてくれたということ。

 

この時女性は、男性と
デートをすることを承諾したに過ぎず、

自分の分まで支払うことなんて
基本は考えていないはずです。

 

女性が考えているのは、
この男性とデートをして、
楽しいかどうか、ということくらいです。

 

そこにきて、お会計の際に、男性から

「じゃあ、○○ちゃんは、2000円ね」

なんて言われたらどう思いますか?

 

「はあ? てめーがアタイとデートしたいっつーから付き合ってやったんじゃねーか!」

「アタシの時間だけでなく、金まで奪うのか?」

「つーか、クソつまんねートークばっかしやがってよ、このインポ野郎!」

 

冗談抜きで、このくらいのことは
思われているかもしれませんよ。

 

口説くつもりで、女性を誘ったのであれば、
こちらがデート代を出す。

これは当然の話と言えます。

 

割り勘は女性からの「期待」を失う悪手

次は、女性を口説くという面から
割り勘について説明をさせていただきます。

 

女性を口説くとは一体どういうことでしょうか。

 

一緒に生活をしたこともない

その男性のことを全て知っているわけではない

このような状況の中、
男性に口説き落とされる。

 

これは、つまり、

その女性が、その男性に

「期待」

をしていなければなし得ないことです。

 

女性が男性に期待感を抱いているからこそ、
男性は女性を口説き落とすことができるのです。

 

そんな中、食事の会計で、
割り勘を提案されたなら。

女性はどう思うでしょうか。

 

「こいつ、期待できねー」

って感じですよね。

 

数千円の出費をケチるような男に
この先何を期待すればいいのでしょうか。

 

いかに、食事中のトークが盛り上がり、
女性がこちらに大きな期待を抱いたとしても

割り勘の提案により、この期待は
木っ端微塵に打ち砕かれることでしょう。

 

つまり、冷めるってことです。

 

こうなってくると、女性にデート代を
奢るというのは、女性への
気遣いやマナーどころか、

女性を口説くための条件である
と言ってもいいかもしれませんね。

 

もっと言うと、女性は、この条件を
満たしていない男性を決して許しません。

 

女性からよく出る男性の悪口は、

「ケチ」

です。

 

割り勘提案された瞬間に冷めた女性は
めちゃ多いのです。

 

また、ここでは詳しくは解説しませんが、
割り勘の提案は、女性にモテるために
必須となる「格」をも失います。

基本、相手女性よりも、こちらの方が
格が上でなければ口説けません。

 

その意味からも、女性に払ってもらう
というのはあり得ないのです。

モテる男性とは「格が上の男性」である

 

すでに付き合っている場合

さて、ここまでは何となく、
お付き合いしたい女性とのデート
ということを前提としてお話しさせて
いただきました。

 

では、すでに付き合っている場合。

 

彼女さんに対して、奢るべきかどうか。

このような疑問もあるかと思います。

 

この場合、基本は、口説く途中と同じく
奢るべきであると思います。

 

理由は、前項と同様、
期待や格を失わないためですね。

 

ただし、結婚を前提としている場合、
貯金や収入按分などの問題も
出てくるでしょうから、

そこは二人で話し合って
決めればいいと思います。

 

遊びのつもりで女性とデートする場合

では、付き合っているわけではなく、
さらには付き合うつもりもない場合。

 

つまり、遊びで女性を口説きたい場合。

このような時はどうなのでしょうか。

 

この場合については、今まで以上に
確実に女性におごって下さい。

 

ワンナイトラブ狙いの場合は、女性に
心地の良い空間を作ってあげることが
必須作業になります。

 

そのため、割り勘によって、女性の
気持ちを冷めさせることはもってのほか。

絶対にやってはいけないことです。

女性を「ズルズル」いかせるための3つのポイント

 

相手が年上の場合はどうするか?

さて、ここまで、デート代を全て
奢ることをお勧めしてきましたが、

では、相手女性が年上の場合は、
どうなのでしょうか。

 

例えば、こちらが大学生や新入社員で
相手女性がアラサー、アラフォーの場合。

この場合でも、その女性とイチャイチャ
することを夢見ているのであれば、
やはり全額奢るべきです。

 

年下男性からの奢りは、
年上女性の心をくすぐります。

 

「へー、年下のくせにやるじゃん」

的に、好印象を与えます。

 

また、年下男性からの奢られた場合、
次のデートにつながりやすいです。

 

「じゃあ、今後は、お姉さんが出して上げるね」

って感じですね。

 

私自身、年上女性に食事を奢った後、
その後のカラオケ代、ホテル代を
出してもらったことがあります。

もちろん、そのお返しに私も
別なものを出しましたが…

 

そもそも女性はお金がない

さて、ここまでの説明で、
デート代の割り勘について、
だいぶ理解していただけたと思います。

 

とはいえ、

「やっぱ、俺らがデート代を全部出すのは不公平だ」

とお怒りの方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、実は、男性が女性に奢ることは
不公平でもなんでもないのです。

 

と、申しますのも、女性は男性と違って、
日々の生活に必要な費用がとても高いのです。

 

  • 化粧、エステ代
  • 洋服、ファッション代
  • 衛生用品代

などなど。

 

女性は、ただ裸一貫で生活できる男性とは
違う世界に生きているのです。

 

あなたとのデートのために、
おしゃれな洋服を買い、
アクセサリーを買い、
エステに行ったかもしれません。

そんな女性に、食事代の一部を
出してもらうことを提案すること自体
非常に格好の悪いことであることが
おわかりいただけるかと思います。

 

とはいえ、金欠の方もいらっしゃるでしょう。

 

私自身、貧乏リーマン時代は、
クレジットのキャッシングで借り、
職場の先輩から金を借り、
サシ飲みをしまくってました。

まあ、馬鹿なんですが(笑)

 

でも、お金がなければ、
カフェでもいいんです。

女性と楽しくおしゃべりすれば
それでいいんですよ。

 

重要なのは、イベントではなくトークです。

楽しい空間です。

 

楽しいおしゃべりについては、
こちらの記事を参考にしてみてください。

話し上手、聞き上手を超えた「引き出し上手」になる方法

 

スマートな会計の仕方

では、次に、スマートな会計の
仕方についてお話ししたいと思います。

 

と、言っても、私がいつもやっているのは、

女性がトイレに行っている間に払っちゃう
ってやり方です。

 

食事や飲みなどのデートの場合、
女性は、帰りそうという雰囲気を
察すると、トイレに行きます。

これは別に、会計をバックレるために
やっているわけではなく、単純に、
お化粧直しなどをするためです
…たぶん。

なので、この隙に、会計を
済ませてしまいましょう。

 

で、トイレなどには行かず、
レジまで女性が一緒の時は、
さらりと全額支払います。

 

女性が、

「私も払います」

なんて言ってきたら、

「じゃあ、今度おごってね」

と軽く言っておけばOKです。

大抵は、これでカタがつきます。

 

で、二回目や三回目以降のデートでも
こちらがおごってしまってもいいです。

 

ただ、複数回目のデートでは、
女性がどうしても支払いたいという
場合もありますので、ここは、
頑なにならず、

「ごちそうさまです」

と、素直におごってもらいましょう。

 

奢られるのを嫌がる女性はどうする?

さて、ここまで、奢られることを
受け入れる女性を前提にお話ししてきましたが、

中には、男性から奢られることを
拒絶する女性もいます。

 

私の経験上、こちらの奢り提案を
拒否するのは以下の3タイプの女性です。

  • プライド高い系の女性
  • 借りを作りたくない女性
  • まだ関係性が薄い女性

これらの女性だった場合は、女性の
オファーに従いましょう。

 

「じゃ、じゃあお会計は別々で」

など寒いことになりますが、
相手が奢り拒否女子の場合は
仕方がありません。

 

ちなみに、これらの女性は、
口説けるかどうかのサインである
場合もあります。

 

まず、プライド高い系女性の場合は、
男性から奢られることで、
自分の価値観が揺らぐと考えています。

「は? 何であんたに奢られないといけないわけ?」

って感じです。

惣流明日香ラングレーみたいな
女子を想像してもらえば良いでしょうか。

 

二つ目の借りを作りたくない女性については、
こちらをまだ警戒している状態です。

なまじ奢られるなど借りを作ると、
これをキッカケにアプローチを
仕掛けてくるかもしれない。

と不安に思っているのです。

 

三つ目の関係性が薄い女性の場合は、
まだ、知り合って日が浅い。

または、こちらに対してそんなに
気を許していない状態です。

 

このように男性に対して、
それぞれ思うところがあり、
それゆえ、奢られることを拒否します。

 

なので、これらの女性の場合は、
素直に奢られるようになったことが
口説きのサインの一つと考えることができます。

 

二回目以降のデートで、すんなり奢れたら

「あ、いいですねー、いけそうですねー」

って思ってもいいと思います。

 

原則は、女性に奢ること

さて、今回の記事をお読みいただき、
口説きたい女性に対して割り勘を
提案することがクソであることが
理解していただけたと思います。

 

せっかく手に入れたデートという
口説きのチャンスを無駄にしないよう
太っ腹でいきましょう。

 

きよぺーでした。

 

きよぺーからのご案内