きよぺーです。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

さて、今回は、

気が許せる男であると認識されるまでに必要な時間は1分間

というお話しをさせていただきます。

 

女性にアプローチをしていく上では、

いじりいじられる関係に持っていくことが
とても重要です。

 

では、このような関係性になるには
どうすれば良いかというと、

少なからず、

女性がこちらに気を許した状態

でなければなりません。

 

しかし、この気を許した状態って
なかなか難しい。

 

そこで今宵は、

女性に気を許してもらう方法について、
超適当に解説させていただきます。

正座してお読みください。

 

なかなか気を許してもらえない理由

女性とワンナイトラブを決めるには、
お互いに気が許せる関係になることが
必要だってことはなんとなくわかる。

 

しかし、

  • なかなか距離がつまらない
  • 一向に他人行儀な感じが抜けない

 

WHY?

なぜでしょうか?

 

私のクソな経験上、
考えられる理由としては、

以下のような感じです。

 

  • トークが弱い、薄いなど中途半端
  • 立場が上なため恐縮されている
  • 距離感をつめ過ぎで引かれている

こんな感じです。

 

なかなか気を許してもらえない理由1   トークが弱い、薄いなど中途半端

なかなか気を許してもらえない
理由の一つ目は、

トークが弱い、薄いなど中途半端

ってことです。

 

多くの方は、これが理由で、
関係性がなかなか進まず、

いつまで経っても他人のような関係
なんだと思います。

 

結局、トークが中途半端なんですよね。

女性に気を使い過ぎて、
面白くないトークになっている。

 

これじゃあ、ただの空気です。

エアーです。

 

人畜無害な男では、女性の感情を
揺さぶることは出来ません。

結果、ワンナイトラブなんて、
幾世幾千万の夜を経ても、
到達できないでしょう。

 

知り合ってからの期間が長いのに、
狙い続けているのに、

一向に、仲良くなれないのは、
このタイプです。

 

なかなか気を許してもらえない理由2   立場が上なため恐縮されている

なかなか気を許してもらえない
理由の二つ目は、

立場が上なため恐縮されている

ってことですね。

 

ある程度年齢や職歴がついてくると、
やむを得ない状態です。

 

会社の先輩、上司としての
接し方をされてしまう。

なので、

他人よりももっと気を遣われる。

もちろん、これじゃあ、
関係性は深まりません。

 

まあ、ただ、40歳を超えた私に
言わせていただければ、

年齢の壁、立場の壁を乗り越えられない
ようでは、ワンナイトラブは成功しません。

仮にあなたが会社の社長であったとしても
気を許せる関係にはなれるはずです。

 

なかなか気を許してもらえない理由3   距離感をつめ過ぎで引かれている

なかなか気を許してもらえない
理由の三つ目は、

距離感をつめ過ぎで引かれている

ということです。

 

これは、女性に気を使い過ぎている
の裏返しである場合も多いのです。

 

結局、天然にデリカシーがなく、
ゴリゴリ女性に距離を詰めて
引かれてしまうって輩は、ごく一部で

ほとんどの引かれている男性は、
普段女性に気を使い過ぎていて、

でも、そんな自分を改善したくて、

 

勇気を振り絞って、踏み出した一歩が
非常に大きな一歩となってしまい、

女性に引かれてしまう

こんな感じなんだと思います。

 

と、3つの気を許してもらえない
状況を挙げさせていただきましたが、

このような方は、ぜひ、これから
お話しする方法をお試しください。

 

気が許せる男であると認識されるまでに必要な時間は1分間

さて、それでは、ターゲットの女性との
関係性を深める方法について
お話しさせていただきます。

 

私の経験上、

「女性との関係性が深まったなあ」

と感じる瞬間ってのは、たいてい

短く濃厚なトークの後

です。

 

概ね、1分程度。

 

この1分程度の会話に
気を許してもらうための要素を
ぶち込んでいくのです。

 

で、女性に気を許してもらうために
必要な要素というのは、

  • 冗談
  • いじり
  • リスペクト
  • 驚き
  • 常識
  • 優しさ
  • デリカシー

このような要素を入れ込んでいくことで
濃厚な会話が生成されます。

 

これを短時間に集中させるのです。

 

このことで、これまでのこちらに対する
意識がガラッと変わり、

「あ、もっと距離を詰めても別にいいんだ」

と認識されます。

 

では、ここで、

私が以前に、使った会話例をお示しします。

 

一度たりともプライベートな
会話をしたことがなかった職場の女性
だったのですが、これ以降、

何かとちょっかいを出してくるように
なりました。

 

では、具体例をば。

 

【気を許してもらうトーク具体例】

職場にて。

依頼していたデータを作成してくれた
女性にお礼をしにいく。

女性の自席へ。

「○○さーん」

「はあい」

「メール見ました。○○の調査の回答、ありがとうございました。完璧です」

「あれで、大丈夫でした?」

「あー、まだ中身見てないです」

「えー(笑)」

「でも、大丈夫です。きっと」

「あー」

「かわいい子は間違わないです」

「ええ?」

「おじいちゃんの教えです」

「あー」

「・・・もしかして、母音しか発せないとか?」

「(笑)」

「また、別の調査お願いすると思います」

「はい、わかりました」

「今度はちゃんと中身確認してから来ますね」

「お願いします」

 

と、こんな感じでした。

 

なんてことはない会話のようですが、

これ以降、女性の私に対する
接し方がガラリと変わりました。

 

恐らくは、

「きよぺーさんって、思ってた人と違う」

「怖い人じゃないみたいだな」

「会社にいないタイプだな」

「柔らかい感じ。今度、話かめてみよう」

こんな感じの認識になったのだと思います。

 

まだ、ほとんど会話しておらず、
鮮度が高かったのも、効果の後押しに
なっていると思います。

 

ってなわけで、

女性が気を許すかどうかは、
1分間で決まります。

 

どうせ、これから数百人もの女性に
出会っていくのです。

 

中途半端な野郎になるくらいなら、
迷惑にならない程度に、

踏み込んでみましょう。

 

きよぺーでした。

 

きよぺーの会話具体例シリーズ

モテるノウハウを身につけたら
仕上げに会話の具体例を手に入れ、

他の男子たちと差をつけよう!

『サシ飲み会話具体例集』

きよぺーが「note」デビューいたしました!『サシ飲み会話具体例集(待ち合わせから夜のお誘いまで)』のご案内

ターゲットの女性と二人きりの空間で
誰にも邪魔されることなくサシ飲み

だが、サシ飲みは男女にとって戦場ですよ

待ち合わせから夜のお誘いまで、
サシ飲み全シーンの会話具体例をあなたに!

『サシ飲み会話具体例』はこちらから。

 

『サシ飲みの誘い方21パターン』

『サシ飲みの誘い方17パターン(声かけからオファーまでの具体例)解説付き』が完成いたしました!

女性へのアプローチにおける
最初の関門であるサシ飲みへの誘い

誘う男性も誘われる女性も楽しくなる誘い

怯えながら震えながらサシ飲みに誘う
あなたとサヨナラしましょう。

『サシ飲みの誘い方21パターン』はこちらから。

 

『いじり会話具体例集』

いじり会話具体例集〜いじりから始まる縦横無尽なトークを手に入れよう!

女性との関係性を深めるために
必須のスキルである「いじり」

いじりを制する者がアプローチを性する

上手にいじり、女性の感情を揺さぶり、
非日常の世界に誘(いざな)いましょう。

『いじり会話具体例集』はこちらから。