しつこいアプローチになりがちなパターン

 

きよぺーです。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

さて今回は、

しつこいアプローチになりがちなパターン

というお話しをさせていただきます。

 

基本的に、女性にアプローチはしているが、
なかなか結果の出ないかたのアプローチって
ストーカーっぽいことが多いです!

ストーカー的なアプローチは、
相手女性に多大なるストレスを与え、

かつ、あなたの職場や学校での
ブランディングに大きなダメージを
与えます。

 

当サイトで目指している
ワンナイトクリエイターになるために、

ぜひ、ダメなパターンを
頭に叩き込んでおいてください。

 

しつこいアプローチになりがちなパターン1   社交辞令を鵜呑みにする

女性は、

社交辞令

が得意ですね。

 

女性の多くは、気遣いが出来ますので、
こちらのことを全くたいしたことない
と思っていても、

上手に褒めてきます。

 

「すごいですね」

「かっこいいですね」

「私には出来ないです」

などなど。

 

で、これに気をよくして
アプローチ開始です。

ほとんどの男性はすでに惚れている
状態だと思います。

 

社交辞令を鵜呑みにしてしまうのです。

 

ちなみに私の場合は、こちらを
褒めてくるような女性は逆に、警戒します。

まずは、社交辞令だろうな、と。

 

また、アプローチは徐々にテンションが
上がっていくことが重要ですので、

まだほとんど会話したことない状況で
こちらに対して良い印象を持っている
という状態は、今後テンションが
下がっていくことが目に見えています。

 

なので、私の場合は、ターゲットの
女性ができたら、初回の声かけまでは
出来るだけ「無」の状態を維持することを
心がけます。

 

しつこいアプローチになりがちなパターン2   毎日声かけ

さて、社交辞令に気を良くした
モテない男性が次に行うのが、

毎日声かけ

です。

 

すでに褒められている状態ですので、
堂々と声掛けができます。

席が近い場合は、毎日
話しかける方もいるでしょう。

 

もうこの時点で、多くの女性は

「うわ、なんかヤバイ感じ」

と感じているはずです。

 

ちなみに、私の場合は、
毎日のように声掛けすることは
ほとんどありません。

たいていは、1週間くらいは
声掛けの間隔を空けます。

まあ、自然と声かけできる時に、
話しかける、って感じです。

 

で、3〜5回目の声かけで
サシ飲みなどに誘います。

自然さが重要。

 

話しかけることを狙っているような
男性は、もはやストーカー予備軍です。

無駄に話しかけることのないように
お願いいたします。

 

ただし、女性から寄ってくるような場合は、
もちろんOKです。

しかし、ただしゃべるだけの関係が
長く続いてしまうと、ただの男友達
みたいになってしまいますので、ご注意を。

 

しつこいアプローチになりがちなパターン3   しつこく誘う

度重なる声かけの末に行うのが

サシ飲みの誘い

です。

 

まあ、狙っている女性に対して
誘いを仕掛けていくのは、

アプローチの必須行動なので、
ここまでは問題はないのですが、

 

モテない男性がやってしまうのは、

しつこい誘い

です。

 

たぶん、いかにモテない男性でも
一回はサシ飲みやランチに行けるのだと
思います。

なぜなら、日頃からお世話になっている
という思いが女性にあるからです。

「まじ、行きたくねーけど」

「毎日顔合わせるしなー」

って感じです。

 

しかし、モテない男性は
女性からのサインを確認しないまま
二回目三回目と誘ってしまいます。

 

ここが重要です。

 

サインを確認していないのです!

女性を口説けない男性の多くは、
サインを確認していません!

 

ここでいうサインには、

  • 女性から話しかけてくる
  • 女性から寄ってくる
  • 女性が良く見てくる

などです。

 

一回目のデートが有効であった場合、
女性はこのような反応を示します。

これらを確認して、初めて、
二回目以降の誘いをするように
してください。

単純な話ですが、非常に重要です。

 

あなたのアプローチで
女性を悲しませることのないよう、

あなたのアプローチで
女性を楽しませられるように
なりましょう。

 

きよぺーでした。

 

いじり会話具体例集〜いじりから始まる縦横無尽なトークを手に入れよう!

きよぺーの会話具体例集の第三弾

『いじり会話具体例集〜いじりから始まる縦横無尽なトークを手に入れよう!』

が公開となりました。

女性へのアプローチには欠かせない、
「いじる」という技術。

ここらで、極めてみませんか?

記事は、こちらからご覧いただくことができます。

いじり会話具体例集〜いじりから始まる縦横無尽なトークを手に入れよう!