立ちバックきよぺーです。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきましてありがとうございます。

 

最近、LINEを結構使っています。

 

前々から申し上げているように、
あくまで

誘いのツール

という使い方しかしていません。

 

例えば、なかなか会えない
部署にいる職場の女性とか、

退職した職場の女性とか

突発的に出会えた女性などですね。

 

そんな中、だんだんと
LINEでの誘い方についても
精度が上がってきたので、

今回は、LINEを使った正しい
誘い方について
お話しさせていただきます。

 

アプローチする際には女性のニーズを知る

さて、LINEであれ、
リアルに対面している時であれ、

重要なのは、

その女性がこちらに対するニーズを持っているか?

ここを押さえておくことが
とても大事になります。

 

ここでいうニーズとは、

「きよぺーさんって面白いな」

「きよぺーさんってどんな人なんだろ?」

というような、いわゆる

興味関心

などを持っているのか。

 

または、その女性が、
ストレスがたまっていたり、
毎日がつまらないなど、

心に穴の開いた状態

このような場合も、その心に空いた
穴のようなものを埋めてくれそうな
男性が現れれば、

特段の興味関心がなくても
ニーズは高い状態と言えます。

 

なので、LINEを使うにせよ、
職場や学校でリアルなシーンで
アプローチするにせよ、

女性側のニーズをきちんと
察知することが必要になります。

 

職場の女性を誘う場合

さて、女性のニーズを察知した
後のアプローチなのですが、

ニーズの状況によって、
変わってきます。

 

例えば、職場の女性を
サシ飲みなどに誘うことを
考える場合、

 

その女性からのニーズが
高い場合であれば、

ちょっと強気でアプローチ
しますよね。

 

「のど乾かない?」

 

ニーズが高まっていれば、
この一言で決まってしまうことも
あります。

 

一方で、女性のこちらに対する
ニーズが低い場合は、

「のど乾かない?」

なんて言ったら

「UZA(ウザ)」

と思われて終了。

 

そのため、このような女性に
アプローチする際には、

日々ユニークトークやいじりなどを
しながら、ニーズを高めていく
ことになります。

 

LINEを使った正しい誘い方

ではLINEの場合はどうでしょう。

 

LINEもコミュニケーションの
一部なので、

相手女性からのニーズの状態に
よって誘い方は変わってきます。

 

私の場合、ターゲットの女性の

興味関心の高さ

ストレス、つまらなさ

このような要素からニーズの
高さを計算し、

だいたい3パターンくらいの
誘い方を用意しています。

 

LINEを使った正しい誘い方1 ニーズが高い場合

まずは、女性のこちらに対する
ニーズが高い場合です。

 

例えば、

  • 今はあまり会えないが、以前は、とても楽しくトークをしていた
  • その女性が、彼氏と別れたばかりで寂しい状況
  • 男との出会いが全くないという状況

このようなポイントから、

「俺に対するニーズが高い」

と判断した場合であれば、私は、

 

『おつです』

『来週あたりどっか遊びに行かない?』

『(スタンプ)』

 

みたいな感じで送ります。

 

もう、こちらに対するニーズは
高い状態ですので、

後は、女性に背中を押してあげる
だけという感じですね。

 

ただ、ニーズが高い状態なので、
LINEのトークが盛り上がって
しまいがちなのですが、

盛り上がるのはあくまで
リアルでデートしている時だけです。

 

LINE上で無駄に盛り上がって
しまうと、鮮度が下がってしまうため、

実際に会ったときに、LINEほどの
盛り上がりが得られない場合があります。

ニーズが高い時に陥りがちな
ミステイクなので気をつけましょう。

 

LINEを使った正しい誘い方2 ニーズが普通な場合

さて、私は、LINEで誘う前段階で、
女性からのニーズを高めておき、

上記のような誘いをするのが、
一般的な流れなのですが、

とはいえ、このような状態ばかり
ではないと思います。

 

つまり、ニーズがあまり高まって
いない状態。

 

こちらに対する興味関心も
まあ、普通。

毎日がつまらないわけではない。

ストレスがたまっている状況でもない。

このような時の誘い方は、
どうすれば良いでしょうか。

 

私の場合は、実のところ、
ニーズが高い場合と同じく、

結構早い段階で誘ってしまいます。

 

ただし、ニーズは高くないため、
態度はちょっとやわらかくします。

 

例えば、

『お疲れ様です』

『最近、暑くなってきましたね』

『今度、飲みにでも行きませんか?』

『(スタンプ)』

みたいな感じですかね。

 

もちろん、内容は、あなたの
キャラに合ったものに
した方がいいとは思いますが、

ニーズの高い状態と比べると、
ちょっと腰を低くする。

 

これがないと、

「こいつ勘違い野郎なのか?」

と思われてしまいますので。

 

大事なのは、

とにかくサシ飲みやデートをするまでに持っていくこと

これが超大事です。

 

正直、LINEで出来ることは
非常に限られています。

  • 表情
  • 雰囲気
  • 温度
  • 匂い

LINEでは、このような
ノンバーバルコミュニケーションが
使えないので、

テキストとスタンプだけでは、
リアル対面の100分の1程度の
情報しか伝わらないでしょう。

 

そのため、実際に女性を口説くのは、
対面以外ありえないのです。

だって、セックスだって、
対面じゃないですか!

 

そのため、なんとかして
デートの場に来てもらう。

この目的を持って、LINEで
誘うようにしましょう。

 

デートからが勝負。

LINEは誘い出すだけ。

このマインドが重要です。

 

LINEを使った正しい誘い方3 ニーズが低い場合

さて、最後に、ターゲットの女性が

  • こちらに対して興味関心がなく
  • 毎日充実しており
  • ストレスも全くない

このような状態の場合です。

 

いわば、こちらに対する
ニーズが極端に低い場合です。

 

この場合、どうするかと言うと、

私の場合は、

アプローチを諦めます

めんどうくさいんで。

 

なぜなら、他にもターゲットが
いるからです。

 

また、先ほど申し上げたように、
リアル対面と比べると、
LINEで出来ることはとても
限られているため、

LINEだけを使って
興味関心を高めることが
とても難しいんですね。

 

まあ、それでも誘って
サシ飲みやデートに来てくれるなら
話は別ですが、

ニーズが極端に低い女性は、
こちらからの誘いには乗ってこないと
思います。

 

めちゃハードモードです。

なので私なら諦めます。

 

LINEであったとしても、女性への
アプローチには、こちらの

時間

精神

などの資産を消費します。

 

勇気を振り絞って、LINE送信。

既読スルー

未読スルー

ぎゃああああああ

 

こんなんじゃ女性へのアプローチが
つまんなくなっちゃいますよ。

 

 

いるんですよ。

あなたに合った女性がどっかに。

 

一回、そのような女性に出会えてたら

「アプローチってこんなに楽しいんだ」

ってなりますよ。

 

とはいえ、どうしても口説きたい女性っていますよね。

やっぱり正しいLINEでのアプローチってあるんですよ。

 

私は、こちらの記事でご紹介している教材で学習しました。

女性の状況を見抜いて、効果的なLINEを送る方法が学べます。

もうLINEで悲しい思いをするのは辞めにしましょう。

 

『横山建の恋愛LINEマスター養成コンサル』解説

 

参考まで。

 

きよぺー