女性に最もモテるキャラクターは何か

 

 

きよぺーです。

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

あなたは、女性からモテるキャラクターをきちんと理解しているでしょうか。

キャラクターは、女性を口説く上では、ゲームの「難易度」のようなもの。

モテないキャラクターにとって、女性を口説くことは「ハードモード」

逆に、モテるキャラクターであれば、女性を口説くことは「イージーモード」になるのです。

 

「そんなこと言っても、キャラクターなんて簡単に変えられないだろ?」

 

いえ、そんなことはありません。

ご安心ください。

 

今回の記事では、モテるキャラクターについて解説をさせていただき、

さらには、モテるキャラクターに変身する方法もお伝えしたいと思いますか。

実は、あなたのキャラクターは簡単に変えることができるのです。

期待をしてお読みいただければと思います。

 

 

さて、ではモテるキャラクターについて。

結論を申し上げます。

 

最も女性からモテるキャラクターとは、何なのか。

それは「ユニーク+S」です。

ユニークでSなキャラクターが最も女性を口説き落とすことができるのです。

 

このことについては、私自身、度重なる失敗と成功を経験した中で、確信に近いものを感じております。

 

では、なぜ「ユニーク+S」のキャラクターがモテるのか。

その理由についてお話ししたいと思います。

実は、この理由を知ることこそが、モテを手に入れる「カギ」であったりするのです。

では、ユニーク+Sがモテる理由について、ユニークとSを分解して解説させていただきます。

まずは、ユニークについてです。

 

 

ユニークがモテる理由

ユニークなキャラクターがモテる理由を解説いたします。

こちらの記事で、女性を口説くとは、女性を誘導することとお話ししましたよね。

 

この誘導をするにあたっては、まずは「誘い」を仕掛けなければなりません。

職場であっても、学校であっても同様ですが、要は「誘ってOKをもらう」という部分ですね。

 

「誘い」は、細かく言うとは、「誘導」とは少し異なります。

誘導がその行動自体を「実行」もらうことであるのに対して、誘いはその行動に「許可」をもらう段階です。

ただここでは、「誘い」と「誘導」の違いをきちんと理解しなくても良いです。

なんとなく異なるという雰囲気が分かれば結構です。

 

実は「ユニークさ」を持っていると、女性がこの「誘い」に応じてくれやすくなるのです。

もちろん、ユニークな人とユニークじゃない人とでは、前者の方が誘いやすそうではありますよね。

しかし、ここでお伝えしたいのは、そのような単純な話ではありません。

まずは「誘い」というものを少し掘り下げてお話ししたいと思います。

 

当然のことながら、女性が誘いに乗ってくるのにはワケがあります。

誘いには様々なシーンが考えらえますが、ここではわかりやすく「サシ飲みに誘う」という状況でご説明します。

 

サシ飲みに誘って、女性からOKがもらえた。

この時点で、あなたは嬉しさのあまり舞い上がってしまうかもしれません。

しかし、この事実のみをもって、女性があなたに「好意」があるのかどうかは判断できません。

というのも「サシ飲みに誘ってOKを出した」理由は一つとは限らないからです。

 

ある女性は、あなたに仕事上非常にお世話になっている状況であることから、あなたの誘いに乗ったのかもしれません。

ある女性は、あなたとの関係性をこじらせると、今後いろいろと不都合が生じる、との不安からOKを出していることもあるでしょう。

または、あなたという男に興味を持ち、楽しい時間を過ごすことができそう、との期待をしてOKを出した、ということもあり得ます。

 

このように、女性を誘い、これにOKが出ただけでは、女性からの好意や興味のほどはわからないと言ってもいいのです。

 

当然、本当は「あなたと飲みに行きたくない」状態で飲みについてきた、という場合。

サシ飲み後「手をつなぐ」ことや「キス」、「ホテル」など、その後の誘導が困難であることは容易に想像がつくことかと思います。

「仕事上いつもお世話になっているから飲みについて来たのに、キスを迫ってくるなんて」

「別に行きたくないし、関係上いやいや飲みに来てやったのに、身体目当てだったなんて、サイテー」

こんな事態に陥ってしまった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

最も望ましい女性があなたの誘いにOKを出した理由。

それは

「あなたと一緒にいることが楽しい時間になると期待している」

ことです。

さらに詳しく見ていきます。

 

ここでいう期待とは、主にその先に待っている「楽しさ」「心地よさ」などへの期待です。

女性に期待を与えることで、あなたからの誘いに能動的にYESを出やすくなるのです。

では、その楽しさや心地よさを演出するにはどうすればよいか。

それこそが「ユニーク」なのです。

「何だか楽しそう」

→ 「ちょっと飲みに行ってみようかな」

このようなシンプルなステップであなたへの誘いは成功するのです。

 

ちなみに、「優しい男性」や「気のきく男性」「たくましい男性」など、およそ世の中で「良し」とされる男性像ってありますよね。

 

実は、これらのスペックは、女性を誘うにあたっては、あまり効果はありません。

「この人優しいから飲みに行こうかな」

「この人気がきくなあ、飲みに行こうかな」

「この人たくましい。飲みに行こうかな」

飲みに誘われた女性は、こんな風に思うでしょうか?

ちょっと無理がありますよね。

いかに上記のような「高スペック」キャラクターを構築したところで、あまり意味のないことがお分かりになると思います。

 

ナンパなどでも同じです。

「この人優しそう」

「この人安心できる」

こんな理由で面識のない男性と二人きりで飲みに行くなんてことはないのです。

 

突然目の前に現れた男と行動を共にする理由があるとするならば、それは「なんだか面白そう」という期待。

これに尽きるのです。

というわけで「ユニーク」は「期待」を生み出し、誘いを有利にするのです。

 

 

Sキャラがモテる理由

では、次にSキャラについて解説いたします。

ここまでで、ユニークの必要性については理解できました。

しかし、ユニークの間逆とも思える「Sキャラ」がどうして必要なのか。

その理由をお話しします。

 

結論から申し上げると、Sキャラは女性を「誘導しやすい」のです。

また出てきました、モテるために必要な原則「口説くとは誘導である」

 

さて、ここで、少し考えてみて下さい。

「お時間がありましたら、ランチに行っていただけませんでしょうか?」

と言うのと、

「とりあえず飯行こうよ」

と言うのでは、どちらが女性を誘導できると思いますか。

直感で構いません。

 

 

……迷う必要はないですよね。

当然後者になる訳です。

 

では、なぜ、

「お時間がありましたら、ランチに行っていただけませんでしょうか?」

よりも

「とりあえず飯行こうよ」

の方が女性を誘導しやすいのでしょうか?

・強引だから

・強気だから

・怖そうだから

色々な理由が考えつくかと思います。

 

 

さて、私のたどり着いた理由。

その理由は、Sキャラは「格上」と認識されるからです。

モテるためには、口説く対象の女性と比較して格上でなければならないのです。

この「格」の話は、女性を口説く上で重要なお話しになります。

格について興味がありましたら、こちらの記事で、じっくり解説しておりますので、どうぞ。

 

さて、ここまでで、ユニークとSが女性を口説く上で、非常に誘導であることをお話しさせていただきました。

とはいえ、ここで不安に思われる方もいらっしゃるかと思います。

「俺は、暗い性格だからユニークは無理だ」

「どちらかと言えば女性にいじられる方だ」

「笑い者になるなど、俺様のプライドが許さん」

と。

しかし、ご安心下さい。

私は、変えられない性格を変えてほしいと言っているわけではないのです。

 

 

キャラクターは変えられる

少しモテとはそれますが、心理学のお話しをさせていただきます。

心理学の分野には「パーソナリティー理論」というものがあります。

人間には、変えられる部分と変えられない部分があるというものです。

これには、様々な説がありますが、私なりに簡単な解説をさせていただきます。

 

人間のパーソナリティー(個性)はおおよそ三層で構成されています。

最もコア(核)となるのは「気質」です。

これは、遺伝によってあなたにインプットされているものですので、変えることはできません。

 

その外側に「性格」があります。

これはおおよそ3歳くらいまでに決定すると言われており、これも基本的には変えることはできないものです。

つまり、幼少期の環境によって、明るい性格なのか、暗い性格なのか、様々な性格が決まってくるのです。

全く同じ環境で育てた兄弟・姉妹でも個性が異なるのは、気質が異なっていたために起こっている現象と言えると思います。

 

そして、気質、性格のさらに外側にあるのが「キャラクター」です。

このキャラクターというは、あなたが社会的な立場など、いろいろな外部要因を背景として、事後的にあなたが構築した個性です。

あなたが無意識にあるいは意識的に、今いる環境で過ごしやすいようにカスタマイズしたものと言えます。

そのため、「キャラを演じる」という言葉が物語っているように、この「キャラクター」というものは意識的に変えることができるのです。

 

私を例にお話しします。

私の両親は非常に過保護でした。

そのため(それが原因か本当のところはわかりませんが)思春期以降女性と話すことが本当に苦手でした。

実は、この苦手意識は今だに持っています。

恐らく、性格の部分では非常に内向的だと思います。

 

しかし、今は女性に話しかけることにためらいはありません。

むしろ楽しんでいるくらいです。

 

このようなことで、パーソナリティーの一番外側にある「キャラクター」は意識的に変えることができるのです。

なので、今現在あなたがユニークキャラや、Sキャラでなくても、全く問題ありません。

キャラクターを変えるとは、実のところ「接し方」を変えることに他なりません。

そのため、女性との接し方、誘い方を学ぶことでキャラクターはいくらでも変えることができるわけです。

これについては、メルマガ講座で細かくお話しさせていただきますので、ご安心ください。

 

記事をお読みいただきまして、ありがとうございました。

きよぺーでした。

 

このページの先頭へ