きよぺーです。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

さて、今回は、

「なぜ、オナ禁によって、スーパーサイヤ人になれるんだ!」

の疑問にお答えしたいと思います。

 

オナ禁によってスーパーサイヤ人化する2つの原因

それでは、なぜオナ禁をすることによって、
スーパーサイヤ人になれるのでしょうか。

 

私は、長年、オナ禁の効果は
実感していたものの、

なぜこのようなモテ効果が現れるのかが
謎のままでした。

 

しかしながら、幾度となくオナ禁を実行し、
数え切れないほどのオナニーを
実施してきた結果、

私は、オナ禁について、
ある結論に達しました。

 

それは、オナ禁によって、我々は、

  • テストステロン
  • 前立腺

この二つの変化によって
影響を受ける、ということです。

 

これら2つの大きな変化が原因となり、
我々はモテ効果を得ていたのです。

それでは、まず、
ホルモンについて解説いたします。

 

オナ禁による「テストステロン」の影響

さて、オナ禁によるモテ力向上の
原因の一つ目が

「テストステロン」

です。

 

これは、オナ禁によって

「テストステロンの増加・維持」

が発生するために、引き起こされます。

 

テストステロン?

皆さんはテストステロンという言葉を
聞いたことがあるでしょうか。

 

これは、男性ホルモンの一種で、
いわば「男らしさ」を司るホルモンです。

 

このホルモンが分泌されることで、
人間は闘争心やバイタリティ、
そして性欲が向上すると言われています。

 

このテストステロンはその95%が睾丸、
つまり金玉で作られています。

つまり、男性が女性と比べて、
乱暴で、行動的で、エロいのは
このテストステロンが原因とも言えるのです。

 

さて、このテストステロンですが、
主にはキンタマで作られているのですが、

研究によって、ある事実がわかっています。

 

それは、

テストステロンは、射精によって
一時的に増加した後、減少していく

と、いうことです。

 

つまり、オナニーをすることで、
一瞬だけテストステロンが高まった後すぐ、
テストステロンが失われていくのです。

毎日のように、オナニーを続ければ、
どんどんテストステロンは
枯渇していくということ。

 

逆に言えば、オナ禁を継続することで、
このテストステロンを
増加・維持することができ、

結果、より闘争的、行動的、
性的バイタリティに溢れていく
ということになります。

 

また、テストステロンにより、
フェロモンが放出されるとも言われています。

女性が敏感に察知できる
匂いのようなものですね。

 

オナ禁を継続している方で実感したことが
ある方がいらっしゃると思いますが、

オナ禁をしているとなんとなく
女性が近寄ってきます。

職場や学校、電車内やそのた公共の場で。
女性との距離や視線が違うような気がする。

 

何度となくオナ禁を実践している
私から言わせれば、

これは勘違いではありません!

 

オナ禁によってフェロモンが発せられ、
これを感じ取った女性が無意識のうちに、

こちらに心地良さや快感を
感じていることによると思われます。

 

このように、オナ禁によって、
「ホルモン」の力を得ることが出来るのです。

 

では次に「前立腺」による影響について
解説しようと思うのですが、

ここまでお話しした
テストステロンについては、

実は、ネットで調べれば、
出てくるような内容です。

 

しかし、今からお話しする前立腺は
完全に私の独自理論です。

完全に非医学的な理論です。

そこんとこよろしこです。

 

オナ禁による「前立腺」の影響

実は、オナ禁を始めて3日目くらいから、
私の身体にある異変が起こることを
感じ始めました。

 

それは、ヘソの近くに感じる

「熱さ」

のようなもの。

 

その熱さがあると、女性に対して
非常に積極的にアプローチができ、

かつ女性をより情熱的に
求めるようになりました。

 

これは何なのか?

 

私は、いろいろ調べました。

 

その結果、私がたどり着いた答えは

「前立腺」

でした。

 

前立腺は、精液を作る場所です。

知ってる方も多いと思いますが、
精液はタマタマだけで
作られるわけではないのです。

 

簡単に解説すると、
タマタマで精子成分Aが作られ、
これが前立腺で作られた精液成分Bに混ざり、
いわゆる精液(ザーメン)になります。

このように、前立腺は
射精をする機能の補助だけでなく、
精液自体も作っていたのですね。

 

と、ここまではわかっているのですが、
実は、この前立腺、

未知の臓器と言われています。

未だに、医学的にもその機能が
解明され尽くしていないそうなのです

 

私は思いました。

 

「あのへその奥の熱き鼓動。これは前立腺のせいなのでは?」

と。

 

先ほども申し上げたとおり、
前立腺は射精の補助をする機能を持っています。

精液を作ったり、興奮が極まった際に
他の筋肉と連動して射精を促します。

つまり、射精管理者です。

 

ここからは私の説ですが、

オナ禁によって射精をしない状態が続くと、

射精を促すために、前立腺が自身
もしくはその周囲を熱くさせ、

チンチンにエネルギーを伝え、
より女性を求めるよう働きかけるのでは
ないか、と。

 

つまり、射精が一切ないことにより、

「やべえ、こいつ全然モテねえな!」

と前立腺が不安を感じ、

「こいつにエロパワーを与えてやんねーと」

と画策してくれるのです。

 

このように考えれば、
オナ禁を続けたときに発生する
腹の底からの熱き鼓動も納得がいきます。

 

まあ、その原因が前立腺でなかったにせよ、
オナ禁を続けることによって、

女性へのアプローチに関して、
身体からの直接的な働きかけが
あるということです。

 

このように、オナ禁によって、

  • テストステロン
  • 前立腺

これらが良い働きをしてくれるようになり、
結果、女性をより欲するようになり、

その結果、上記でお伝えしたような
スーパーサイヤ人効果が得られるのです。

 

是非、テストステロンと前立腺の
力を借りて、元気玉、いや

金玉パワー全開で、女性を
口説き落としてください!

 

きよぺーでした。

 

きよぺーからのご案内