きよぺーです。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

さて、女性にアプローチをしていると

当然、

絶対、

女性と二人きりで会話をするような
シーンってありますよね。

 

で、そのような時、相手女性って
ちゃんと笑ってくれていますか?

 

ちゃんと楽しんでくれていますか?

 

どっすか?

 

「いやー、実は、俺と一緒にいる女性って、いつも退屈そうにしてるんだよー」

なんてボーイは、やばいっす!

 

その原因をしっかりと
突き止めておかないと、

ワンナイトラブがエターナルに
成功しないかもしれないっす!

 

実は、あなたと会話をしている女性が
退屈になってしまうのには、理由があります。

私の中では、5つほど
これかなってのがあります。

 

ってなわけで、今回は、
一緒に会話をしている女性が
退屈してしまう5つの理由と、

その改善策について
お話しさせていただきます。

 

あなたとの会話で女性が退屈してしまう理由1 強引に誘った

職場や学校で気になっていた女性を
ようやく、カフェやサシ飲みに
誘い出すことができた。

しかし、目の前に座っている女性が
めちゃ退屈そうにしている。

 

「あれ、俺のトークってクソ?」

と不安になってしまいそうですが、

あなたと一緒にいる女性が
退屈そうにしているのは、

あなたのトークがクソであることが
理由ってばかりではありません。

 

実は、そのデートに誘う段階で
女性が退屈してしまうことが
決まっている場合があるのです。

 

それは、

あなたが、その女性を強引めに、
無理やりめに誘っている場合です。

 

「どうしても仕事の相談がしたいんだよ」

「いいじゃん、たまには、飲みに行こうよ」

「○○君とは飲みに行ってるのに、俺とはダメなの?」

 

このように、結構強制的に
女性を飲みに誘っているような場合、

本来あなたとデートなどしたくなかった
女性は、当然、めちゃつまんない。

 

「あー、だりーなー」

「早く終わらねーかなー」

「この弱チンポ野郎、超ファックだわ」

 

結果として、女性が退屈そうに
していると見えてしまうわけですよね。

もはや、会話が始まる前から、
デートが盛り上がらないのは
当然ですよね。

 

正直、職場や学校の先輩から
しつこく誘われたら、、断りづらいもの。

しかし、これじゃあ、ダメなわけです。

 

サシ飲みやデートに誘う場合、
誘いの段階で、女性から、興味関心を
十分に引き出しておくことが重要です。

 

「この人ともっとお話ししたい」

このような気持ちにさせるからこそ、
会話が盛り上がるのです。

 

サシ飲みなどのデートに誘う際に
興味関心を引き出す方法は、
こちらの記事を参考にしてみてください。

 

デートなどに誘う段階で女性からの興味関心を高めておく方法

 

あなたとの会話で女性が退屈してしまう理由2 自分の話しかしていない

「あれ、おかしいな? 面白い話をしているハズなのに」

「段々、この子が退屈そうにしているじゃないか」

自分のテンションの上昇とは裏腹に
女性のテンションが下降していく。

 

「な、なぜだ?」

その理由として考えられるのが、
あなたが自分の話しかしていない
ということがあり得ます。

 

いかに楽しくユニークな話であっても、
自分の話ばかりでは、
女性は退屈してしまいます。

もっと言うと、うんざりしてきます。

 

これはあなたにも
経験があると思いますが、

人は、自分に関わりのない話題で
会話をするのが苦痛なのです。

 

これが、講演会とか演説であれば
別ですよ。

その人のする話を聞きに
行くわけですから。

むしろ、己の話をし続けて
いただきたいですよね。

 

でも、目の前の人から、
自分オンリーの話を聞かされても
辛いってもんです。

 

これは、トークレベルが中級程度に
高まっている方にありがちなことです。

 

私もそうでしたが、元々口下手で
他人としゃべるのが苦手であった人が
ある程度トークが達者になり、

それが、女性相手であれば、なおさら、
自分トークを繰り広げて
しまいやすいのです。

 

これは、口説きの鉄則なのですが、

会話は基本的に女性主体で
進めましょう。

 

自分の話をするのは、
女性から話を引き出すための
ローション的な役割に過ぎません。

 

いかに、自分が雄弁に語れる
話題であったとしても、

目の前にいる女性にかかわりのない
話であれば、短めにするべきでしょう。

 

特に仕事が出来る方は、
俺様トークになりがちなので
注意が必要です。

 

あなたとの会話で女性が退屈してしまう理由3 会話に深みがない

これも自称トーク得意な男性に
多い事象なのですが、

トーク自体は、テンポよく進んでいても、
同じテーマでのトークではなく、

一つの話題を深く掘り下げることなく、
すぐに他の話題に飛んでしまう。

 

これでは、話している方は
ある程度楽しいかもしれませんが、
聞いている方は、全く楽しめません。

 

このようなトークをする方は、

「俺って頭の回転早いかも」

などと自惚れているかもしれませんが、
実のところ、空回りしているということです。

 

とはいえ、ライトに話題を変える
トークも有効になることもあります。

例えば、サシ飲みなどで
席に着いた直後などですね。

 

店内の雰囲気や、メニュー表などを
ネタにしてトークをする場合は、

一笑い、二笑い程度取れれば、
次のトークに行くのがよいです。

 

しかしながら、このような状況ではなく、
サシ飲みやカフェでの
二人で交わす会話については、

基本的には、深く広く進めて行くのが
鉄則です。

 

例えば、旅行の話であれば、
以下のような感じでしょうか。

 

【ダメな会話例】

「たしか、○○さんって旅行好きなんだよね? これまで行った国で、どこが良かった?」

「私はヨーロッパなんかが良かったですね」

「どこの国?」

「スイスは、結構良かったです」

「なるほどー。じゃあ、俺も行ってみようかな」

「ぜひ」

「じゃあ、好きな芸能人は・・・」

 

これがいわゆる、話題が深まらず
飛んでいるトークですね。

 

こんなトークでは、浅すぎます。

水たまり並みに浅いです。

 

そのうち、女性に退屈されます。

私であれば、こんな感じですね。

 

【良い会話例】

「旅行好きなんでしょ?」

「結構好きですね」

「どんくらい」

「・・・雑(笑)」

「ひどい(笑)」

「(笑)」

「じゃあ、欧米だ」

「欧米ですね」

「例えば?」

「ヨーロッパとかいいですよ」

「広っ・・・雑だなー」

「ひどい(笑)」

「ボーノとか言っちゃう?」

「言っちゃいますね」

「バンビーノとか言っちゃう?」

「バンビ?(笑)」

「そういえば、バンビっておいしい洋食屋さんが四谷にあるんだよ」

「へー」

「ハンバーグとスクランブルエッグが入ったプレートみたいな」

「おいしそう」

「結構安いよ」

「えー、いくらくらいですか?」

「5垓(がい)円くらいかな」

「高すぎでしょ(笑)」

 

など、とりとめのないような会話で
徐々に女性のテンションを上げていく
ことができます。

 

一見、話題が飛んでいるようですが、
そうではなく、

連想したり、また戻ったりなど、
実は、同じ話題で会話をしている
と言うことも言えるのです。

 

このような会話については、
これらの記事が参考になると
思いますので、読んでみてください。

 

魅力的なトークとつまらないトークの違いとは~単発会話と積上会話~

女性を惹きつける「いまいる場所を素材にするトーク」

 

あなたとの会話で女性が退屈してしまう理由4 女性とコミュニケーションが取れていない

女性があなたとの会話で退屈に
なってしまう理由の最後は、

目の前の女性と会話をしているようで
実は、きちんとしたコミュニケーションが
取れていない

ということが挙げられます。

 

どういう状況かと言いますと、

女性の存在はしっかいと意識している。

 

しかし、その意識がが強すぎると、
地に足がついてない感じになり

女性とまともにコミュニケーションが
とれなくなってしまうのです。

 

緊張や、女性との不慣れが
原因になるのだと思いますが、

女性が何をいっているのか
わからない。

 

とにかく何か返さなきゃいけない。

 

焦れば焦るほど泥沼に
なってしまいます。

 

例えば、こんな感じですかね。

 

【クソな会話例】

「この前、ドライブに行ったんだけど」

「へー、車運転するんだー」

「首都高なんだけど」

「あー、何かかっこいい」

「めちゃくちゃ怖くて」

「そうだよねー」

「凄いみんな飛ばしているんだよね。もう標識とかも、久しぶりに運転したからよくわからないし、どっちの道路に行けばどこに行くのかわからなくなっちゃって」

「あー、やっぱそうなんだ」

「行きたいのは、品川の方面だったんだけど、どっち行けばいいのかなーって」

「ふーん」

「海、見たくなってさー」

「ふーん」

 

おわかりになりますでしょうか。

 

このトーク、目の前に女性と
何らコミュニケーションを
取っていないですよね。

 

これでは、目の前にミッフィーちゃんの
人形を置いてしゃべっているのと
替わりはありません。

 

つまり、会話になっていません。

 

私であれば、こんな感じどす。

 

【きよぺーの会話】

「この前、ドライブに行ったんだけど」

「へー、車運転するんだー」

「自動運転」

「えー、まじ?」

「車とか運転する?」

「私、免許持ってない」

「ああ、助手席専用」

「そう、運転してもらう」

「彼氏さんに?」

「彼氏いないし」

「じゃあ、ジイヤに?」

「じーや?」

「秀じいみたいな」

「花輪君だ(笑)」

 

このように、自分の話などは、
導入時くらいなもので、

トークが始まってしまえば、
しっかりと女性とコミュニケーションを
とっていく。

 

これが重要です。

 

女性がいてもいなくても
変わらないような、

また、相手が誰であっても
同じであるようなトークは、

目の前の女性とコミュニケーションが
取れているとは言えません。

 

あなたとの会話で女性が退屈してしまう理由5 こちらの格が低い

実は、

悲しいことに、

女性が退屈してしまう理由で
最も多いと思われるのが、

こちらの格が低い

ってことです。

 

つまり、きつい言い方をすれば、
女性から

雑魚キャラ

と思われているということです。

 

これも、あなたも経験があるかと
思いますが、

自分が格が低いと思っている人と
一緒にいても、

優越感は満たされることはあるものの、
感情は揺さぶられません。

 

また、良いこと、役立つこと、
深いことを言っていたとしても、

格が低い人から言われても、
得られるものがない気がしてしまいます。

 

つまり、退屈ってことです。

 

目の前にいる女性から
格が低いと思われていると、

どう頑張っても、女性のテンションを
上げることは難しいのです。

 

逆に言えば、女性から格上だと
思われてさえいれば、

たいして面白いトークをしていなくても、
女性は退屈しません。

 

格については、すぐに上げることは
難しいですが、口説きの根本的な
問題なので、じっくり解決しましょう。

 

モテる男性とは「格が上の男性」である

 

今回お話しさせていただいた
女性を退屈させてしまう5つの理由

  • 強引に誘った
  • 自分の話しかしていない
  • 会話に深みがない
  • 女性とコミュニケーションが取れていない
  • こちらの格が低い

このあたりを意識していただければ、
ターゲットの女性を退屈させることは
なるなるはずです。

 

ぜひ、

 

あ、

 

あれ?

 

もしかして、退屈でした?

 

・・・orz