モテるために身に付けるべき5つのサイコパス的思考行動

 

3代目きよぺーです。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

今回は、女性にモテるために、
手に入れるべき、

サイコパス的な思考や行動

についてお話しさせていただきます。

 

実は、サイコパスな男性って、
女性にめちゃモテる要素を
持っているのですよ。

 

今後、複数の女性と夜を
楽しみたい男性にとっては、

非常に有効な考え方かと
思われますので、是非参考に。

 

サイコパスはモテる?

さて、サイコパス的な思考行動を
解説させていただく前に、

まずは、当サイトにおける
サイコパスについて定義しておきます。

 

サイコパスとは、一般的に、

  • 反社会性パーソナリティー
  • 精神病質

などと言われています。

 

傾向としては、

  • 他者への愛情や思いやりの欠如
  • 自己中心的
  • 道徳観念・倫理観・恐怖感の欠如

などが挙げられます。

 

『バトル・ロワイヤル』でいうと、
男子6番の桐山和雄みたいな人ですかね。

「このゲームに乗るっ・・・」

平気で人を傷つけるって感じですね。

 

イメージとしては、非常に悪いですが、
サイコパスの根本にあるのは、

目的達成のために自分の感情が伴わない

ってことなのだと思います。

 

これって、女性にモテる上では、
めちゃ有利だと思いませんか?

 

なぜなら、

  • フラれても平気
  • 堂々と振舞える
  • ためらわない
  • ひるまない

ってなことが可能であるということですからね。

 

サイコパスって一歩間違うと、
とても危険な男になってしまいますが、

サイコパスの持っている優れている
部分を手に入れることが出来れば、

女性を口説く上で、この上ない
強力な武器になるわけです。

 

サイコパス性は後天的に手に入れられる

そもそも、サイコパスってのは、
生まれつきの性質であったり、
幼少期の環境であったりが、
原因となっているようなのですが、

後天的に手に入れられるものもあります。

 

私自身、サイコパス的な要素を
いくつか手に入れることができました。

 

で、今、考えると、必要なのは、
成功体験だったかなと思います。

 

女性に対して、臆するところがあるのは、

「その行動が、間違っているのではないか?」

「女性に不快な思いをさせてしまうのではないか?」

このように、自分のアクションが
正しいのかどうかがわからないことが
原因となっているのだと思うのです。

 

そのため、成功体験を得て、
自分の行動が正しいと確信が持てれば、

次回以降、女性に対して、堂々と
振舞うことができるというわけです。

 

モテるために有効なサイコパス的思考行動

それでは、私が経験上得た、
サイコパス的なスキルを5つ
ご紹介したいと思います。

 

あなたがサイコパスの持つ有益な
スキルを手に入れたいのであれば、

これからお話しする内容を
頭の中に入れて実践してみてください。

 

徐々に、サイコパス的な思考行動が
身についていくはずです。

それでは解説します

 

モテるために有効なサイコパス的思考行動1 嫌われても構わない

女性にモテるために重要となる
サイコパス的な思考行動の一つ目は、

女性に嫌われても構わない

ということです。

 

私にとっては最も大きな
サイコパス的な部分な気がします。

 

ちょっと驚かれるかもしれませんが、
今の私は、女性にアプローチをするに
あたっては、

相手女性に嫌われることを
1mmも恐れていません。

 

ちなみに、プロフィール等でも
書かせていただいておりますが、

過去の私は、超が付くほどの
女性恐怖症でした。

 

女性が目の前にいるだけで、
身体が震えだすのです。

 

まともに目を見ることなど不可能。

当然、女性に嫌われないよう、
細心の注意を払っておりました。

 

それが今や、

女性に嫌われることを
1mmも恐れていません。

って言いきれるほどに
なっているのですから、
人生何が起こるかわかりません。

 

まあ、過去の私に限らず、
一般的な男性は、女性に対して、

「嫌われたらどうしよう」

「嫌われてないかな」

など心配するのだと思います。

 

そのため、気になる女性に対しても、
なかなか声を掛けることができないでいる。

 

しかし、今の私は、女性への声掛けに
ほとんど躊躇することはありません。

 

特に、職場の女性については、
声掛けできる状況にあれば、
迷いなくいきます。

そこには、一切の感情を伴いません。

 

つまり、その女性から
どう思われているのか
全く気にしていないということです。

 

もっと言うと、

嫌われているとわかった上で
話しかけることもあるくらいです。

 

間違いなくサイコパスですね。

 

このような行動が出来るのには
理由もあります。

それは、そもそも嫌われるようなことを
していないということ。

 

私とまともに会話をしていないのに、
私のことを嫌っているのは、

何か、勘違いをしているのか、
または、他の誰かの噂を信じている状態。

 

そのため、数分でも私と二人きりで
会話をすることが出来れば、
一気に逆転することが出来る自信がある。

 

そのため、むしろ、第一印象は
悪い方向へ持っていくことが多いですね。

 

もはや、まともに会話をしてない状態での
好きとか嫌いなどという概念は、

ワンナイトラブと全く関係のない
ことであるとわかっているのです。

 

女性に嫌われても構わないという
思考法は、恋愛においては、
非常に役立つスキルであると考えます。

 

今日からできることでもありますので、
ちょっと試してみてください。

すぐにサイコパス的な感覚を
身に付けることができるはずです。

 

ただし、誤解のないように
言っておきますが、

わざと、女性の嫌がるようなことを
するのは全然ダメですからね。

 

これは、何のメリットもないことです。

勘違いをしないようにお願いします。

 

モテるために有効なサイコパス的思考行動2 相手主体の会話ができる

これも後発的に手に入れた
サイコパス的なスキルなのですが、

女性と会話するときに、

相手主体で会話できる

ってのがあります。

 

これって、女性を口説き落とすに
あたっては、かなり重要な要素なのです。

 

一般的な男性は、女性と会話するときに、どうしても
自分を語りたくなりますよね。

 

特に、

気になる女性

抱きたい女性

に対しては、この傾向が
強くなると思います。

 

しかし、当サイトをご覧の方で
あればおわかりかと思いますが、

女性との会話においては、
自分のしゃべりたいことを言っても
あまり意味がありません。

 

女性の言いたいことを言わせる、語らせる。

これが重要になります。

 

つまり、今のサイコパス的な私は、
女性と会話をするにあたり、

  • この会話の目的はセックス
  • 自分の言いたいことを言っても意味はない
  • 女性の感情を高め、心地よい空間を作る

これに徹しているわけです。

 

自分のことを語って悦に浸りたい。

自分のことを知ってもらって好きになってもらいたい。

こんな感情は一切持っていないのです。

 

まさに、サイコパスですよね。

 

もっと言うと、会話をするにあたり、
会話自体を楽しもうなどとは、
全く思っていないのですから。

 

もちろん、私は、アンドロイドでも、
サイボーグでもありませんので、

女性と会話をしていて
楽しい気持ちにはなります。

 

しかし、会話をして楽しいというのは、

たまたま得られた果実

という程度の認識なのです。

 

ということで、モテたいのであれば、
ターゲットの女性とエッチをしたいのであれば、

会話をすることについての意識を
自分から相手にシフトする必要があります。

 

これも今日からできることです。

きっとあなたの会話の質が
がらりと変わるはずです。

 

モテるために有効なサイコパス的思考行動3 浮気や不倫に対する罪悪感ゼロ

これは私のスキルではないということに
させていただきたいのですが(汗)

浮気や不倫に対する罪悪感を
全く感じない、というのも、
モテる男のサイコパス的なスキルです。

 

あまり、浮気や不倫の経験がない男性は、
例えば、彼女に内緒で他の女性と
サシ飲みに行くだけで、

「ああー、やっぱりまずいよなあ」

「なんか、とてもいけないことをしている気がするぞ」

と怯えてしまうものです。

 

しかし、サイコパス的男子の場合は、
こんな感情の揺らぎは一切ありません。

 

  • 彼女に浮気がバレない
  • 奥さんに不倫がバレない

 

これが徹底されている限りは、問題なし。

このように考えるわけです。

 

この罪悪感のあるなしで、
人生における経験値は
10倍から100倍は変わってくると思います。

 

この浮気や不倫についての罪悪感ですが、
学生時代にモテてこなかった方については、

その時の反動で、罪悪感を全く抱かない
モンスターサイコパス男になる可能性が
あります。

 

「これまでモテてこなかったんだから、ちょっとくらいいいじゃねーか」

と、開き直ってしまう方も多い気がします。

 

そういう意味では、学生時代や20代で
非モテだった男性は、これからさき、
存分にモテていく可能性が高いと思われます。

 

モテるために有効なサイコパス的思考行動4 女性に振り回されない

これはワンナイトというよりも、恋愛の場合に
有利になることが多いのかもしれませんが、

サイコパス的な男性は、
女性に振り回されることがありません。

 

女性が怒っている、悲しんでいる、
わめいている、泣いている。

 

このような状況の時、普通の男性であれば、

「あわわわわわ!ど、どどどどーしよー!」

とピグレット的になってしまうと思うのですが、
モテるサイコパスは違います。

 

「この状況をどう打破すればよいか」

このように、最短最速で、最も効果的な
解決方法を導こうとします。

 

そもそも女性は、感情の起伏が激しいですし、
面倒くさい方ばかりですからね。

これにまともに付き合っていたら、
ワンナイトなんてできないわけです。

 

もちろん、無駄に女性を悲しませたり、
怒らせたりするのはダメですよ。

そして、こちらがポーカーフェイス
のままですと、女性は余計に怒ってしまいます。

 

なので、そこは、対応の一つとして、
感情を示すことはします。

 

突然、女性が感情的になっても、
動じないでください。

女性の感情に飲まれてしまうと、
結果として、女性を増長させてしまい、
かえって良くない状況に陥ることも多いです。

 

もし、あなたの職場や学校の女性が
感情的になっていたとしても、
無反応くらいでいてください。

その方が、女性から
一目置かれるかもしれませんよ。

 

モテるために有効なサイコパス的思考行動5 精神的にタフ

サイコパス的なスキルとして、
一番強力なのは、精神力ですかね。

 

例えば、セフレが3人いる男性がいたとします。

 

一般的には、

「うらやましい」

と思うかもしれませんが、そうでもありません。

 

例えば、

  • しょっちゅう連絡してくる女性であったり
  • 彼女と別れろと脅してくる女性であったり
  • セフレ同士が知り合いであったり

このような状況になってしまうと、
普通の男性であれば、

「もう、いやだ!」

「何もなかった時代に戻りたい!」

なんて嘆いている方も多いかと思います。

 

しかし、サイコパス的な男になれると、
このような状況になっても、
感情の変化はありません。

 

なぜなら、結局のところ、
女性がどう思っていようと、
自分には全く関係のないことだからです。

 

しかし、これではただのサイコパスに
なってしまいます。

 

モテるサイコパスであれば、
自分の感情を揺さぶることなく、

「今の関係を続けるとAのためにならないから別れた方がいいな」

「Bは最近疲れているっぽいから、会ってみるか」

など、今、自分がやるべきことを
淡々とこなしていく、ということが出来ます。

 

なんとなく、仕事に似ているかもしれませんね。

 

複数の業務が重なると、

「わあああああ! どどどどドレミファドーナツ!」

ってテンパってしまう方が
いらっしゃるかもしれませんが、

結局、やるしかないわけで、

仕事のできるサラリーマンさんはきっと、
他人の手を借りつつ淡々と
仕事をこなすはずです。

 

たぶん、これって、社会人経験が
重なっていくことで身に付けたスキルですよね。

 

つまり、サイコパス的なスキルってのは、
後発的に手に入れることができるのです。

 

って、わけで、今回は、

サイコパス的な思考行動を
いくつかお話しさせていただきました。

 

  • 嫌われても構わない
  • 相手主体の会話ができる
  • 浮気や不倫に対する罪悪感ゼロ
  • 女性に振り回されない
  • 精神的にタフ

 

ワンナイトラブを量産したいのであれば、
このようなサイコパス的な思考行動を
是非手に入れていただきたいと思うのですが、

もちろん、これらは、
自分の行動思考をするうえで、
サイコパスになった方が良いということであり、

相手女性に対しては、
無限の優しさを持つことが重要です。

 

一見、矛盾するようですが、
そんなことはありません。

 

是非、サイコパス的な強さと、
女性への優しさを兼ね備えた、

ワンナイトクリエイターに
なっていただければと思います。

 

きよぺー

 

『サシ飲み会話具体例集(待ち合わせから夜のお誘いまで)』のご案内

ついに!

女性へのアプローチにおいて
必須のイベントである

サシ飲み

を具体的な会話例と共に
完全解説した記事が完成。

ついに、きよぺーのサシ飲みの
全容が明らかになりました。

ワンナイトラブが成功する
サシ飲みとは一体どのようなものなのか?

『サシ飲み会話具体例集(待ち合わせから夜のお誘いまで)』のご案内

きよぺーが「note」デビューいたしました!『サシ飲み会話具体例集(待ち合わせから夜のお誘いまで)』のご案内

ツイッター始めました

きよぺーがツイッターを始めました。

短い文章にモテのエッセンスを注ぎこんでおります。

当ブログでは見られない、きよぺーを是非お楽しみください。

きよぺーのTwitterを覗いてみる

毎日結構つぶやいてます