女性をズルズルいかせる

 

きよぺーです。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

さて、他人の恋バナなどを聞いていると、
よく耳にする言葉に

「ズルズルいっちゃう」

ってのがあります。

 

「うーん、なんだか、このままだとズルズルいっちゃいそうでえ・・・」

なんてぼやいている女性。

見たこと、聞いたことありませんか?

 

でもこれ、実は、女性特有なんです。

男性はこんなこと言いません。

 

「ワシはこのままじゃと、ズルズルいっちゃいそうでごわす」

なんて言わないですよね。

 

そう、男性はズルズルいかないんです。

ズル剥けの方はいるかと思いますが、
私は仮性包茎です。

 

仮性包茎をいとも簡単に治してしまう方法(図解付き)

 

・・・さて、では、なぜ、
女性はズルズルいってしまい、
男性はズルズルいってしまわないのでしょうか。

それは、男女の恋愛における
立ち居振る舞いの違いにあります。

 

恋愛においては、
基本的に男性がアプローチを仕掛ける側。

そして、女性はこれを受ける側ですね。

 

なので、女性の行うアクションって、

実は、

「OK」か「NO」を出すだけ。

基本的に女性は、男性からのオファーに
○か×を出すだけなんです。

 

女性は拒否するのが仕事、男性は誘うのが仕事

 

男性からすると、
女性のこのような立ち位置って、
うらやましいという一面もありつつ、

自分からなかなか口説きに
行けないという部分もあり、

まあ、恋愛は男女とも
いろいろ悩むところがあるんですね。

 

で、このように、自らアプローチを
企画・計画するわけではい女性は、

男性からのアプローチを
都度都度判断していくわけなのですが、

この時に、
男性からのオファーに対して、
連続的に○を出し続けてしまう状態。

これが、まさに
「ズルズルいっちゃっている状態」というわけです。

 

例えば、サシ飲みの後に、
手をつないでしまった。

その後のキスを許してしまった。

で、最後にはホテルに入っちゃった。

 

これこそが、まさにズルズルですね。

 

また、ワンナイトだけではなく、
例えば、初回は手をつないでしまった。

二回目はキスを許してしまった。

で、三回目はホテルに入ってしまった。

 

これなども、時間的な長短はあれ、
同じようにズルズルいって
しまっている状態というわけです。

 

 

女性をズルズルいかせちゃう3つのポイント

さて、ここで我々男性からすると、
どうやって、ズルズルいかせるか?

ということを考えていかなければなりません。

 

今回は、そのズルズルを成功させるための
ポイントを3つご紹介します。

 

女性をズルズルいかせちゃうポイント1 きちんとオファーする

まず1点目。

それは「きちんとオファーをする」ということです。

 

さきほどから申し上げているように、
女性は、男性からのオファーに
対して○か×を出します。

つまり、男性からの
オファーがなければ、
○や×を出すことも出来ないわけで、
当然ズルズルいきません。

 

実は、きちんとオファーが
出来ていない男性が非常に多いんです。

「怖くてキスを迫れません」

「嫌われちゃいそうで、ホテルに誘導できません」

 

わかります。

超わかります。

 

でも、ここは男として
乗り越えなけばならない部分。

オファーすらできないのであれば、
果実(セックス)は獲得できません。

 

サシ飲みからホテルに誘導する流れと、断られても失敗にしない方法

 

いい人で終わってしまうのか、
そうでないのかが分かれる
重要なポイントです。

 

女性をズルズルいかせちゃうポイント2 非日常感を継続する

さて、ズルズルポイントの二つ目ですが、
これは「非日常感を継続する」というもの。

 

特に、先ほどの例でいうと、
一回のサシ飲みで、
ホテルまで誘導するような場合です。

 

この場合、こちらからのオファー、
つまり、例えば、

手をつなごうとする

キスを迫る

ホテルに誘導する

など、複数のオファーを
段階的に仕組んでいくわけですが、

 

さりとて、女性の頭が非常にクール。

理性的な状態であれば、
これらのオファーは通りません。

 

頭がさえている女性に対して、
手をつなごうとすれば

「え? 手をつなぐの? いやあ、ちょっと、なあ」

なんて思われ、失敗。

 

キスもホテル誘導も同じです。

 

なので、女性には、飲みの最中に
「非日常的・非理性的」な状態に
なってもらう必要があります。

 

こんなこと言うと

「じゃあ、お酒をたらふく飲ませればいいのか?」

なんて考えてしまう
危険な方もいるかもしれませんが、
そうではありません。

 

これではただの「非常態・酩酊状態」なだけで、
口説くどころではありません。

こんな状態の女性をホテルに
連れ込んだら犯罪です。

絶対にやめてください。

 

では、「非日常的・非理性的」な状態には
どうやってすればよいのか。

 

まあ、ここは結構奥が深いところなので、
すべてをお話しするのはできませんが、

コツとしては、論理的な話はしないで、
いじりやいじられるようなトークを中心に行う。

話題を一つに絞らず、
縦横無尽に様々な話題でトークする。

仕事の話はしない、

など、日常や理性に触れるような
トークをなるべく行わないというのが重要です。

 

職場における「ワンナイトラブ必勝パターン」〜非日常感を演出せよ!

 

女性をズルズルいかせちゃうポイント3 期待感を高める

で、ズルズルポイントの三つ目。

それは「期待感を高める」ことです。

 

上記でお話しした例でいうと、
複数回の飲みで徐々に関係性を
深めていく流れを取る場合ですね。

 

この時に注意すべきは、
飲みが終わるごとに女性は
「日常的・理性的」に
なってしまうということ。

リセットされてしまうということです。

 

なので、例えば、一回目の飲みで
キスまで行ったような場合、

女性は一度、この初回の飲みについて
「反省」します。

「ああ、キスしちゃったよ。次会ったら、また迫られたらズルズルいっちゃいそうだなあ」

と。

 

出ました!

ズルズルです。

 

そうなんです。

女性も自分がズルズルいってしまうことを
認識していますし、また、
その性質を「警戒」しているんですね。

 

で、多くの男性の場合、
これ以上進展できずにいます。

ズルズルいけてないんです。

 

その理由は「期待感」が低いことなんです。

 

期待感が低い状態ですと、

「結構強引にキスされたからもう会わない」

「もう話すことないから会わない」

「あんまり面白くなかったから会わない」

などと女性は判断し、
次の飲みのオファーに×を出す。

あるいは、二回目の飲みに
来てくれたとしても
警戒心全開で飲みに来る、
みたいなことになるわけです。

 

では、期待を高めた状態で
一回目の飲みを終えるには
どうすればいいのか。

これにもいくつかコツがあります。

 

まずは、あまり長時間飲まないこと。

まだ、女性慣れしていないような方ですと、
初回の飲みでおしゃべりしまくってしまい、
3時間、4時間と一緒に過ごす。

これって、一見

「やった、心の距離感が超縮まったかな?」

と勘違いしてしまいそうですが、
そうではありません。

 

女性からすると

「長かったな」

「疲れたな」

「もう飽きた」

と思われ、で、
二回目の飲みはない。

あるいは、テンション低い。

なんてことになります。

 

なので、飲みの時間は短めにしてください。

しゃべり足りないくらいでいいです。

 

サシ飲みに費やすべき理想的な時間(長時間飲みは禁物)

 

飲みの後に、

カラオケ行くにしても、

ゲーセンに行くにしても、

終わった後に、

「今日は楽しかったねー」

「超まんぞくだよー」

なんて思われているようでは、
実は失敗です。

 

満足しているってことは、
期待の火種を全て
燃やし尽くしてしまったといこと。

燃料切れです。

 

そうではなく、臨むべき状態は、

飲みの後に

「えーもう終わり?」

「まだ一緒にいたい」

「次ぎはいつ会える?」

です。

 

このようにと思われるようになって、
初めて「成功」なんです。

 

このような状態で飲みが終えられれば、
女性は自分自身を警戒することなく、
ズルズルいきます。

 

初回で手つなぎ

二回目でキス

三回目でホテル

なんていうコースも可能なのです。

 

いかがでしたでしょうか。

女性がズルズルいくような
口説きをするために、

1 オファーをしっかりと行う

2 非日常的・非理性的な状態を維持

3 期待感を高めておく

このあたりを意識して
アプローチを行ってみてください。

 

きよぺーでした。

 

きよぺーからのご案内