きよぺー3世です。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

さて、今回は、職場にいる

好きになってしまった仕事仲間の女性を口説き落とす方法

についてお話しさせていただきます。

 

まあ、仕事仲間といっても、
いろいろな関係性があるかと思いますが、

今回は、特に、

 

毎日のように、顔を合わしており、
マンネリな状態になっており、

もはやいまさらアプローチすることが
難しい状態の仕事仲間の女性

 

このような方を口説き落としたい方向けの
記事になっております。

それでは、いざ!

 

毎日会う仕事仲間の女性を口説くのは難しい?

私はこれまで、数多くの会社の女性に
アプローチをしてきましたが、

その中で、最も気を付けているのが、

鮮度

です。

 

正直、中途半端に仲良くなってしまうと、
こちらに対する興味関心が薄れてしまい、
なかなか口説き落とせないという状況が
発生してしまいます。

 

そのため、私は、職場において
ターゲットの女性を決めたら、

鮮度を下げないよう、注意を払います。

 

飲み会などで無駄に仲良くなるような
ことはせず、

効果的な声掛けを何度か行い、
女性のこちらに対する興味関心が
高まっているところで、サシ飲みに誘う

このような流れをとっています。

 

しかしながら、これは別の部署で
働いている女性に対しては効果が
高いかもしれませんが、

毎日のように顔を合わせている仕事仲間の女性

に対しては、難しい方法です。

 

日々、一緒に仕事をしている仲なので、
当然、中途半端に仲良くなってしまいます。

すると、鮮度は極端に低くなります。

 

関係は、マンネリ化し、
今さらサシ飲みにも誘えない。

相手もこちらを男として意識していない。

かといって嫌われているわけでもない。

 

このような関係の女性を口説くのって、
実は結構難しいものです。

しかし、不可能ではありません。

 

好きになってしまった仕事仲間の女性を口説き落とす方法

それでは、私がこれまで、職場の
女性にアプローチをしてきた中で、

特に毎日のように顔を合わせる
仕事仲間の女性に対して
有効であるアプローチ方法について
お話しさせていただきます。

 

私の中では、仕事仲間に対しての
口説き落とし方は、3つあります。

あなたのキャラに合ったものを
使っていただければと思います。

 

また、それぞれは、完全に独立した
アプローチ方法ではありませんので、

複合的に使っていただいても構いません。

 

好きになってしまった仕事仲間の女性を口説き落とす方法1 バイオリズムアプローチ

常時顔を合わせている仕事仲間の
女性というのは、もはや、

突然仲良くなったり、
突然険悪になったり、

このように、関係性が突如
大きく変化するということは
少ないかと思います。

 

先ほども申し上げましたが、
マンネリですよね。

 

かといって、いきなりサシ飲みに
誘うのも難しい。

このような関係性の女性って
いらっしゃるかと思います。

 

しかし、ゆえに、

その女性について、日々観察
することができるかと思います。

 

人間というのは、日々、
何も変わっていないようでも、

心身の状態って
変化しているものなのです。

 

これを一般的には、

バイオリズム

っていいます。

 

その中には、感情の波ってのもあって、
概ね28日間の周期を持っているらしいです。

 

つまり、約1か月の間には、
バイオリズム上、

  • 寂しい
  • つまらない
  • 楽しくない

って日があるはずなのです。

 

この時を待ち、この人恋しい時期に
サシ飲みなどに誘ってしまう。

このような方法があります。

 

ただ、このバイオリズム把握法は、
正直、ちょっと難しいです。

これを上手に使いこなすためには、
日々、軽い、ライトなトークをしながら、
その反応をうかがわなくてはいけません。

 

しかし、女性にあまり
慣れていない方ですと、

女性のバイオリズムを見抜くのは
結構ハードルの高い行為のような
気がします。

 

とはいえ、感情の起伏が激しかったり、
バイオリズムの変化がわかりやすい
女性もいますので、

そのような女性が相手の場合は、
使ってみるのも良いかもしれません。

 

好きになってしまった仕事仲間の女性を口説き落とす方法2 進化後アプローチ

仕事仲間の女性を誘う上では、
最もお勧めする方法です。

 

つまり、

ちゃんとモテる男に進化した後で、
しっかり誘う

という方法です。

 

私の経験上、

初めから魅力がある男性は、
もちろん職場などでもモテるのですが、

仕事仲間など、マンネリ的な状況を
打破することは難しいように思います。

 

いかに輝いている男性でも、
毎日のように会っていれば
見慣れてしまいますからね。

 

一方で、日々進化している男性は、
最初はたいして魅力が
ないかもしれませんが、

日を追うごとに徐々に輝きを
増していくことで、

仕事仲間からの見る目が替わり、
口説きやすい傾向にあると思います。

 

つまり、どの程度魅力があるのかが
重要なのではなく、

魅力が向上している。

 

つまり、

ベクトルが上向きになっている

これが重要ってことですね。

 

で、その進化の方法ですが、
めちゃくちゃ高レベルに
しておく必要はないのですが、

  • 髪型
  • 服装
  • 体型

このあたりが一般男性よりも
低レベルだと、そもそもモテる
ことが難しいので、改善しましょう。

 

ただ、私もそうですが、
薄毛の方がかつらをかぶったり、
そこまでする必要はありません。

一般的に、清潔であると思われる
程度に仕上げておけばOKです。

 

一方で、後ろで縛れるくらいに
髪が伸びていると、やっぱり
モテるのは難しいと思います。

 

また、お腹がでているよりも
マッチョまで行かなくても、
ある程度引き締まった状態のほうが
よろしいかと思います。

 

むしろ、今、不潔な髪型であったり、
太った体型の方は、

ちょっと努力すれば、ベクトルが
簡単に上向きになりますので、

仕事仲間の女性に対して
進化の過程を見せるには、

非常に恵まれた状況にいると
いうこともできるでしょう。

 

あと、進化させるのは、
トークレベルですかね。

 

当サイトでも、女性との会話方法に
ついては、多くの記事を載せて
おりますので、参考にしてみてください。

 

このように、あなたの男としての
魅力が上がっていくと、徐々に
仕事仲間の女性からの
あなたを見る目が変わってきます。

見直し始めるということですね。

 

具体的には、

「最近、何か変わりましたね」

などと言われることもあるでしょうし、

または、仕事以外の話を
してくるような女性もいます。

 

このように、これまでのマンネリ的な
雰囲気でなくなった時が
アプローチのタイミングです。

さっくりとサシ飲みなどに
誘ってしまいましょう。

 

好きになってしまった仕事仲間の女性を口説き落とす方法3 ステップバイステップアプローチ

前出のバイオリズムアプローチや
進化後アプローチでも
上手くいきそうにない場合は、

最後の手段です。

 

これからご説明する、

ステップバイステップアプローチ

を使ってみましょう。

 

と、申しますのも、女性の中には、

「職場では絶対に恋愛をしない」

と決め込んでいる方が一定程度います。

 

これは、学生時代に仲間うちで
付き合ってが、周囲の関係性が
ギスギスしてしまった過去があったり、

または、友人が社内恋愛で
失敗していて、その話を聞いていたり

このような影響で、社内恋愛に対して、
とてもネガティブなイメージを
持っている女性って結構いるんですね。

 

このような女性に対しては、
真正面から誘ってもなかなか
OKがもらえません。

 

なので、

「気が付いたら、ちょっと意識するようになっていた」

って方向にもっていった方が良いです。

 

こうすることで、女性の固いガードを
少しずつぶっ壊すことができます。

 

名付けて

ステップバイステップアプローチ

です。

 

内容としては、全くたいした
ものではありませんが、

継続して、徐々に、一歩一歩
進めて行くと、効果がでてきます。

 

ステップバイステップです。

 

これまで、ターゲットの仕事仲間との
関係がマンネリ気味であればあるほど、
効果の高いアプローチ方法になるかと思います。

 

それでは、ステップバイステップアプローチについて解説いたします。

 

このアプローチには、3つのステージ
がありますので、

それぞれのステージでやるべきこと
についてご紹介します。

 

ステップバイステップアプローチ1 褒める期

まずは、仕事仲間の枯れた意識を
こちらに向けることから始めます。

 

で、もっとも有効なのは、

褒める

ってことかなと思います。

 

正直、褒めるだけでこちらに惚れる
ってのは、ほとんどないのですが、

意識させることは十分可能です。

 

「え? 何なのよ、この人」

「最近、何か、変」

みたいな印象を持たれることに
なるかと思いますが、大丈夫です。

 

褒める期の目的は、あくまで、
仕事仲間の女性との関係性に
水をさすことなのですから。

 

で、ここで行う行動ですが、
以下のようなものが良いと思ます。

  •  
  • 服装を褒める
  • 仕事を褒める
  • 目を見てありがとう
  • お礼にお菓子

 

など、このような些細なことで
大丈夫です。

 

私も、

「へー、よくできるね」

「Excel得意なんだ」

「Access使えんの?」

「資料上手だよね」

くらいなことしか言いません。

 

「なんか嫌味に聞こえちゃうかな」

「ちゃんとこちらの気持ちが伝わっているかな」

などは考えなくて大丈夫です。

 

こちらの感謝の気持ちとか、
感銘の気持ちなんて伝わらなくても
良いのです。

ただのジャブなのですから。

 

このような活動をちょこちょこと
入れていきます。

もちろん、やり過ぎはいけません。

しつこいと相手女性に思われない
程度にとどめておきましょう。

 

ステップバイステップアプローチ2 質問期

さて、褒める期の活動が
功を奏してくると、

ターゲットである仕事仲間の女性を
褒めた時の反応が変わってきます。

 

最初は、淡泊に、

「いえ、そんなことないです」

みたいな感じであったのが、

「そーですかあ」

みたいな感じに変わってきます。

 

と、言うか、どう変わろうとも、

女性の反応が当初と変わる

この状態が重要です。

 

こちらのアクションによって、
女性の感情が揺らいでいる
証拠だからです。

 

そのため、何らか女性の反応が
異なる感じになったと思ったら、

第二段階目である

質問期

に移行していただいて大丈夫です。

 

このフェーズでも、女性に対しては、
特に気の利いた質問を
しなくても大丈夫です。

 

「料理とかするの?」

「普段本とかに読むの?」

「学生時代、スポーツとかしてた?」

このレベルで大丈夫です。

 

で、当然ですが、女性の回答に
対する反応もしっかり対応してください。

 

せっかく女性が答えてくれたのに、
そっけない返事や、つまらない返事を
してしまったのではむしろ逆効果です。

 

女性との会話においては、
基本的にはユニークなキャラで
進めた方がよろしいかと思います。

 

ステップバイステップアプローチ3 食いつき期

さてさて、質問期において、
女性との関係性を温めることが
できてくると、次にやってくるのが、

食いつき期

です。

 

人は自分に興味のある人に
興味を持つ傾向があります。

 

私は一般的に言われている
心理学的なお話をするのは、
あまりせず、

あくまで自分の経験上の話から
お話しをさせていただいているのですが、

やっぱし、自分に興味のある方に
興味をそそられるのは人情というもの。

 

これは、女性へのアプローチでも
同じことが言えるわけです。

 

そのため、発生するのが、
食いつき期です。

 

あなたからの質問を受けていた
仕事仲間の女性が、ある時、

「きよぺーさんは?」

みたいな感じで、質問返しを
してくるようになるのです。

 

これは、かなり良い傾向と言えるでしょう。

 

ただし、女性は男性と違い
コミュニケーション能力に長けているため、

仕方がなしに、こちらに対して、
質問をぶつけてきている可能性もあります。

 

ただ、見破り方は、簡単で、
社交辞令的な質問の場合、
こちらが回答した後、会話が終了します。

 

しかし、相手女性が、こちらに対して
興味関心が沸いたことにより、
質問をしてきているような場合は、
回答したあと、会話が続きます。

このあたりで
判断していただければと思います。

 

そして、何よりも重要なのが、

この質問期にひるむことなく
サシ飲みなどに誘ってしまうことです。

 

正直、チャンスはほとんどないと
いってもよいです。

 

もともと、仕事仲間という
マンネリマックス、鮮度極低の
状態から、ようやく、こんにゃく、
女性の興味関心を引き出したのです。

 

その後も毎日のように顔を
合わせることになるので、

この状況をほおっておくと、
すぐに興味関心は消滅し、
元の状態の舞い戻ってしまいます。

 

再度、女性からの興味関心を
引くのは、難しいといえるでしょう。

https://kiyopee.com/wp-admin/media-upload.php?post_id=10754&type=image&TB_iframe=1

仕事仲間の女性を
口説き落とすのは、

根気とタイミングが重要です。

 

毎日顔を合わせるような仕事仲間の
女性へのアプローチは難易度は高いですが、

口説き落とせたときに得られる
興奮や快感は、どの女性よりも
高いことでしょう。

 

是非、マンネリな関係を打破し、
好きになってしまった仕事仲間の女性と
一発決めちゃってください。

 

きよぺーでした。