きよぺーです。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

さて、今回は、

女性からの社交辞令を真に受けず
逆手にとってモテる方法

ってお話しをさせていただきます。

 

女性があなたを褒めてくれるのはほぼ社交辞令

はじめに、ガツンと言わせてもらうと、
女性があなたを褒めてくれるのは、

社交辞令

です。

 

ほぼ100%社交辞令っす。

 

社交辞令って、簡単に言えば、

主に組織内において、関係性を円滑にするために使用する誉め言葉

って感じですかね。

 

つまり、本当に凄いと思って
いなくても使いますし、

下手すれば、全くの

ってこともあり得るわけです。

 

で、この社交辞令ってやつは、
結構な破壊力を持っていて、

まあまあ可愛い女子に、

「え、きよぺーさん、凄いですねー」

とかって言われると、
脳内代暴走。

「こ、こいつ、俺のこと好きなのかなー!」

って感じになっちゃいます。

 

こんな話すると、

「あほか」

と言われそうですが、
女性の誉め言葉ってめちゃ
強力なんですよ。

 

だからして、まあ、私は行ったことが
ないのですが、キャバクラとか?

そのような女性と会話するコンテンツに
世の男性が群がるわけで。

 

で、当然、恋愛にまだ慣れていない
男性は、社会人であれ、学生であれ、

「凄いですねー」

「さすがですねー」

で恋に落ちてしまうわけです。

 

セイセイセイセイ!

 

それ、

社交辞令です!

 

「いやいやいやいや、俺の場合、まじっぽかったぜ!」

なるほど。

 

では、その女性に、

「今度、飲みに行きませんか?」

って誘ってみてください。

 

褒めてくれたときのような
笑顔はないはずです。

「えっ、ちょっ、まっ」

って表情を浮かべるはずです。

 

つまり、

社交辞令を言われている程度では
まだまだ、その女性との関係性が
深まっていないということです。

 

女性の言う社交辞令を正しく返すことでモテる

さて、社交辞令を言われて、
浮かれてはいけないという
お話しをさせていただきましたが、

実は、

社交辞令を言ってきた女性と
関係性を深めるチャンス

でもあるのです。

 

私は、日常的に利用しています。

 

どうするのかというと、
言ってきたその社交辞令を

ぶっ壊す

のです。

 

基本的に、社交辞令を言ってきた
女性は、単純に、軽い気持ちで、

「凄いですねー」

などと言ってきていると思います。

 

で、お互いの雰囲気が
良くなればいいかな、
程度の認識を持っているはず。

 

なので、

「凄いですね」

「いやー、そんなことないですよ」

だと、プラスマイナスゼロなわけです。

 

これでは、全く関係性が
深まりません。

 

なので、私の場合は、
以下のような感じで返します。

 

【社交辞令の正しい返し方1】

「へー、きよぺーさん、凄いですねー」

「ホントに?」

「えー、ほんとですよー」

「えーほんとですよー(女性のモノマネ)」

「まじむかつく(笑)」

 

【社交辞令の正しい返し方2】

「へー、きよぺーさん、凄いですねー」

「ほんとは、思ってないでしょ?」

「えー、そんなことないですよー」

「俺、褒められたことないから」

「悲しい」

「だから、自分で自分を褒めるみたいな」

「キモイ(笑)」

 

【社交辞令の正しい返し方3】

「へー、きよぺーさん、凄いですねー」

「やっぱりー、だよねー、そうなんだよ、俺、凄いんだよねー」

「(笑)」

 

みたいな感じですね。

 

まあ、要は、

女性の想像を超える返し

が出来れば良いわけです。

 

このような社交辞令に対する
返しが出来ると、女性から、
一目置かれることになります。

さすれば、これをきっかけに、
女性にアプローチをすることが
できるってわけです。

 

社交辞令の返し方を失敗すると雑魚認定される

さて、最後に、私のなんとなくの
予想なのですが、

女性慣れしていない男性って、

女性の社交辞令の返しが
間違っている気がするのです。

 

本来、

「凄いですねー」

「そんなことないですよ」

プラスマイナスゼロ

って感じのイベントなのですが、

この返しすらできていない方も
結構負い気がするのです。

 

この社交辞令への返し方を
間違えると、

プラスマイナスゼロどころか、

マイナス一億

です。

 

ようは、雑魚認定されて、
口説けなくなるって感じです。

 

その間違った返し方ってのは、
以下のような感じですかね。

 

【社交辞令の間違った返し方具体例】

「誰でもできるよ(調子乗り)」

「いやいやいや、そんなこと、ないですよー(めちゃくちゃ嬉しそう)」

「○○さんは、○○なんですよね(全く関係のない話題を入れる)」

「そ、そんにゃこと(きょどり)」

「いやー(笑ってうつむく)」

「ムスッ(社交辞令だと気づいて不機嫌になる)」

 

このように、女性の社交辞令に
対して、間違った反応をしてしまうと、

「うわ、なにこいつ」

と思われ、格下認定、雑魚認定。

 

口説くハードルがクソ上がります。

 

女性との会話の中には、

関係性を深めるチャンスもあれば、
関係性を壊すピンチもあります。

 

ぜひ、女性の感情を揺さぶり、
女性から一目置かれるキャラに
なってください。

 

きよぺー