異性を飲みに誘う上での心構え(マインドをしっかり持とう)

 

異性を飲みに誘う上での心構え

 

私もそうでしたが、女性を飲みに誘うことには「緊張」あるいは「恐怖」が付きまといます。

そして、このような「非リラックス状態」では、当然誘いも上手くいきませんし、飲み自体も楽しめるわけはありません。

 

そこで、飲みに誘う上でのマインドをポイントを絞ってお伝えさせていただきます。

直接的な口説きテクニックではないですが、知っていると落ち着いて堂々と女性を誘うことができるハズです。

 

 

サシ飲みへの誘いを躊躇するのは本能の仕業(しわざ)

なかなか女性を誘えない方の多くは、失敗を恐れています。

これは当然起こり得る心理状態ですので、気にする必要は全くありません。

 

これまでのお話の中で「断られることを前提に誘う」とお伝えしましたが、失敗への恐れは、これとは次元の違う「本能から伝達される防衛本能」です。

人間本能には、危機を事前に察知し、二の足を踏ませることがインプットされているのです。

 

簡単な例でいうと、高いところから下を見下ろすと、足がすくむと思います。

とんでもない高さから飛び降りたことなど無いハズなのに不思議ですよね。

 

さらに言うと哺乳類は「ヘビ」を見ると恐怖を感じます。

これは、哺乳類が海から地上に上がった時、最も天敵だったのが大型の爬虫類であったからだと言われています。

これは、本能が事前に危機を察知しているからなんです。

 

状況は全く違えど、サシ飲みへの誘いを躊躇するのは、これに近い心理状況に陥っているためと思われます。

恋愛初心者の方にとって、女性をサシ飲みに誘うのは「とんでもない高さから飛び降りること」や「ヘビと対峙すること」と似た危機的状況なわけです。

ちょっと言い過ぎでしょうか(笑)

とはいえ、サシ飲みへの誘いに恐怖することに違いはありません。

 

では、この恐怖心を解消するにはどうすればよいのか。

それは「女性の真実」を少しだけ理解すれば良いのです。

 

 

あなたが女性を楽しませるのです

女性をサシ飲みに誘えない方の心の中は、以下のようなものではないでしょうか。

  • 俺が誘っても迷惑に思われるかもしれない
  • 予定が詰まっていそうだから、誘ってもダメかな
  • あの子は毎日楽しそうだから、俺とのサシ飲みはつまんないかも

 

一般的に、このような弱気な心理状態の方に対するアドバイスとしてよくあるのは「成功をイメージして誘えばよい」という教えです。

私自身は、この教えに対して反対する気はさらさらなく、むしろ、それで誘えるのであれば、どんどんイメージすべきと思います。

 

でも、成功のイメージと言われても、なかなか難しいですよね。

なので、この成功のイメージに、もうひとエッセンス加えてみます。

それは、あなたが誘おうとしている女性の真実の姿を想像することです。

 

まず、女性を誘うことに躊躇してしまう理由の一つに「迷惑だと思われないだろうか?」というものがあったかと思います。

「俺みたいな男が飲みの誘いをしてしまって良いのであろうか?」

そう考えてしまうのはわかります。

私もそうでした。

 

しかし、そもそも誘って迷惑と思われるようでは、サシ飲みの後、セックスなど出来るハズもありません。

まずは、あなたの誘いが迷惑だと思われないような関係性を構築することから始めなければなりません。

 

その関係性の目途となるのが、こちらの記事【サシ飲みへの誘い方】でお話しした「断られても平気な関係」なのです。

あなたの誘いに、女性が簡単にNOを言えるのは、あなたとの関係性が良好だからです。

あなたとの関係性がまだ熟していなければ「ちょっと今忙しくて・・・」などと回りくどく「断り」を入れてくるハズです。

 

実は「えー、二人はちょっと」などと、正直に正面からダメをもらえるのは、良い傾向なのです。

一番望ましいのは、女性が「えー、忙しいから無理。また今度ね」などと、ラフな断りのセリフを言ってくれるくらいがベストです。

あなたに対して、全く気兼ねすることのない状態。

ここまで持っていければほぼ完璧でしょう。

また、女性も男性と同じく「異性からモテたい」と思う生き物ですので、ここまでお話ししたように、きちんと「ユニーク」に誘えれば、女性はあなたの誘いを迷惑とは思わないものです。

 

それに、毎日楽しい女性なんてほとんどいません。

女性が毎日楽しそうなため、怯(ひる)んでしまうという方もいると思いますが、実はそんなに毎日が充実しているような女性はいません。

「あの子は毎日楽しそうだな。俺なんかと飲んでも楽しくないだろうな」

こんなことを思ってしまっているのかもしれませんが、心配いりません。

 

あなたの狙っている女性は、仕事が終われば、一人で外食して、帰宅して、YouTubeを見ながら、LINEを確認したり、時間つぶし的なゲームをやっているんです。

そうでなくても、帰宅後テレビをつけてチューハイ飲んだりしているくらいです。

毎日をエンジョイしているわけではありません。

だからこそ、あなたがサシ飲みに誘うんです。

楽しいひと時を提供できないような状態ではサシ飲みに誘えても、キスやラブホテルなどに進めることはありません。

あなたこそが女性を楽しませるのです。

 

 

女性の予定は気にしなくても良い

次に「女性が忙しいのではないのか?」と悩んでしまうことについてです。

ここについては、上記でお話しした「女性の言い分は基本無視」をすることができるようになれば、迷いはなくなります。

本当に忙しければ、今回は断られるだけだからです。

 

また、これも前回お伝えしましたが「女性は予定が入っていても、あなたと飲みたければ飲む」のです。

あなたは、いつもつるんでいる男友達と飲みに行く約束があっても、狙っている女性とサシ飲みに行けるチャンスがあれば、男友達との飲みを他の日にずらしますよね。

これと同じです。女性もあなたと飲みたければ、予定を調整します。

なので、女性のスケジュールを気にする必要はありません。

 

私は、女性が用事のあるとわかっている日にわざと誘う時もあります。

「その日は、飲みがあるんですよ。前に言いませんでしたか?」

「じゃあ、終わった後で飲もうよ。職場にいるから、終わったら連絡して」

こんな感じでも、女性が飲みに行きたいと思えば、飲んでくれます。

 

ただし、これは相手の意に反して「しつこく」誘うのとはわけが違います。

相手女性の本心や迷いを見抜いた上で追加の誘いをするのです。

飲みに行ってくれる見込みがないという状態なのであれば、しばらくは誘うべきではありません。

まだ、時期尚早ということです。

 

サシ飲みへの誘い方の詳細については、
こちらの記事が最も参考になります。

→ サシ飲みへの誘い方

 

心構えが理解できたら、実際に誘ってみましょう。

 

このページの先頭へ