きよぺー(@kiyopeecom)です。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

今回は、

女性に振り回されるな

ワンナイトクリエイターに求められる適度な適当さについて

というお話をさせていただきます。

 

私自身、昔は、ターゲットの女性が
気になって気になって
仕方がありませんでした。

 

しかし、意識して、女性のことを
気にしないようにし始めたところ、

徐々にアプローチが自然体で
上手く行くようになりました。

 

恐らくは、女性を口説き落とすためには、

適度な適当さ

が必要なのだと思うのです。

 

ってわけで、私が思う、理想的な
適度な適当な男性像について
お話をさせていただきます。

 

適度な適当さ1 女性の感情を意識しつつ自身の感情は一定に保つ

適度な適当さの一つ目は、

女性の感情を意識しつつ
自身の感情は一定に保つ

ということです。

 

恋愛と違いワンナイトは、

愛や恋が伴わないハードボイルドな遊戯

と、私は理想を掲げてはいるものの

それにしても、完全に愛や恋を
排除できるわけではなく、

「あー、誘っちゃったー!」

「どう思われてるかなあ?」

「嫌われてないかなあ?」

「返信が来ないよおお」

「こっち見てくれないぞおお」

などと、女性がこちらのことを
どう思っているのかって気になるもの。

 

しかし、これって、冷静に考えると

「俺は神か?」

って感じです。

 

だって、人間ですから、

こちらがどうアプローチしたとしても
100%相手をコントロールできる
なんてことはないわけです。

 

特に、女性の感情なんてものは、
揺れる液体のようなもの。

いや、気体のようなものですから、
個人差がありますし、

状況、雰囲気、機嫌、気圧などなど
様々な外的要因によって千差万別
変化していくものなのです。

 

なので、こちらのアプローチによって
意図した女性のアクションが
無かったとしても、そんなものは
あたりまえ体操なことなので、

そんなことで自分の感情を
揺さぶられてはならないのです。

 

我々がするべきことは、
女性の感情を揺さぶることであって

自分の感情は絶対に揺さぶられては
いけません。

 

女性の感情の変化を意識しつつ、
自分の感情は一定に保ちましょう。

 

女性のアクションはただの
客観的なデータの一つでしかありません。

 

例えば、職場の飲み会の解散後、
気になっていた女性に対して、

「今日の飲み会楽しかったですね。またよろしくおねがいします」

みたいな、まあ、私は絶対に
送りませんが、こんなLINEやメールを
送ったとします。

その後、仮に女性から返信が
なかったとしても、

女性にLINEやメールを送ったけど返信はなかった

というデータが取れただけのことなので、

これによって、

「うわあああああああん!」

「既読無視だあああああ!」

「嫌われているうううう!」

って感情を揺さぶられてはいけません。

 

私であれば、返信が来なかったとしても

「まだ、このくらいの関係性か」

「どのようにアプローチしていこうかな」

くらいにしか思いません。

 

適度な適当さ2 紳士的適当さ

適度な適当さの二つ目は、

紳士的適当さを身につける

ってことです。

 

これは、女性から本心を引き出したり、
割り切り意識を醸成する際に
とても重要なのですが、

女性と会話をしている中で、
女性のしゃべっている内容や
悩みなどについて、

めちゃくちゃ真剣に相談に乗ろうとしたり、
解決策を提示したりする男性が
結構多いかと思いますが、

このようなスタンスでは、
女性から本音や本心を引き出すことは
できません。

 

なぜなら、重いからです。

 

女性から本音や本心、または、
秘密の話などを引き出すには、

気兼ねなく話せる気楽さ
真剣に受け止めなさそうな適当さ

このようなイメージが必要になります。

 

目指すべきは、

「きよぺーさんって、まじ、適当ですよね」

ってディスられるくらいが理想です。

 

逆に、

「きよぺーさんって、本当頼りになる」

なんて言われているようでは、
女性から、本音や本心を引き出すのは、
結構遠い道のりと言えます。

 

で、相手女性に、適当メンズと
認識される方法についてですが、

私の場合は、ガチで女性の話を
ほとんど覚えていないので、
本物の適当野郎なのですが、

コツのようなものがあるとするならば、

  • 適度に女性の話を聞き流したり
  • 女性の言っていたことを忘れたフリをしてみたり
  • 語っているシーンで冗談を入れたり

ってのを、適宜適切に使うことが
できるとよろしいかと思います。

 

これが出来るようになると、
女性から振り回されるようなことが減り、

むしろ、女性をコントロールすることが
できるようになります。

 

適度な適当さ3 決して媚びず堂々と誘う

適度な適当さの最後は、

決して媚びずに堂々と誘う

ってことです。

 

ワンナイト狙いの男性にとって誘いは、
エクスカリバーやラグナロク級の
最強の武器です。

なので、誘いを臆してはいけません。

オファーは堂々と行いましょう。

 

で、ここでいう堂々とというのは、

相手女性に決して媚びない

ということです。

 

誘いの中でも、最高峰は、
ホテルへの誘いですが、

このようなシーンで、

女性のご機嫌を伺ったり、
女性に過度に優しくしまくったりは
絶対にしないということです。

 

これをやっちゃうと、オファーが
お願いや依頼、交渉、懇願のような
形になってしまい、成功しません。

 

そうじゃないんです。

 

オファーは、女性のこちらに対する
期待や割り切り意識を具現化する
後押しのような行為です。

なので、オファーは、ビビらずに
堂々と自信を持って行いましょう。

 

女性から

「えー、何その流れ?」

「えー、何その誘い方?」

と驚かれても構いません。

 

オファーは強引に行ってはいけませんが、
女性の発言を間に受ける必要はありません。

自分を追い込みすぎず、
ある程度、適当な気持ちで
ぶっ込んでみましょう。

 

 

ってなわけで、女性と楽しい時間を
過ごしたいのであれば、

適度な適当さを身につけ、
女性に振り回されないようにしましょう。

 

きよぺー

 

きよぺーTwitter

きよぺー(@kiyopeecom)です。フォローするだけでいつのまにか女子を落とせるようになってしまう高濃度なワンナイトツイートはこちらです。

『夜のオファー具体例集』爆誕

夜のオファー

きよぺーがどのようにしてホテル誘導を成功させているのか?

13万文字以上に及ぶきよぺーと女性との夜の攻防の記録と解説。

「20人分のアプローチ具体例と解説」に加え「10の夜のオファー基本ルール」「確認すべき重要度別OKサイン」も同時掲載。

 

もう、あんな悔しく惨めな思いをするのは終わりです!

魅力的なあの子と暖かく甘い朝を迎えましょう!

 

※「10の夜のオファー基本ルール」と一部アプローチは無料で見ていただけますので是非お楽しみください

『夜のオファー具体例集』はこちらで詳しく解説しております

きよぺーの会話具体例シリーズ

モテるノウハウを身につけたら
仕上げに会話の具体例を手に入れ、

他の男子たちと差をつけよう!

『サシ飲み会話具体例集』

きよぺーが「note」デビューいたしました!『サシ飲み会話具体例集(待ち合わせから夜のお誘いまで)』のご案内

ターゲットの女性と二人きりの空間で
誰にも邪魔されることなくサシ飲み

だが、サシ飲みは男女にとって戦場ですよ

待ち合わせから夜のお誘いまで、
サシ飲み全シーンの会話具体例をあなたに!

『サシ飲み会話具体例』はこちらで詳しく解説しております

 

『サシ飲みの誘い方具体例集』

『サシ飲みの誘い方具体例集(声かけからオファーまでの具体例)解説付き』が完成いたしました!

女性へのアプローチにおける
最初の関門であるサシ飲みへの誘い

誘う男性も誘われる女性も楽しくなる誘い

怯えながら震えながらサシ飲みに誘う
あなたとサヨナラしましょう。

『サシ飲みの誘い方具体例集』はこちらからで詳しく解説しております

 

『いじり会話具体例集』

いじり会話具体例集〜いじりから始まる縦横無尽なトークを手に入れよう!

女性との関係性を深めるために
必須のスキルである「いじり」

いじりを制する者がアプローチを性する

上手にいじり、女性の感情を揺さぶり、
非日常の世界に誘(いざな)いましょう。

『いじり会話具体例集』はこちらで詳しく解説しております