きよぺー(@kiyopeecom)です。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

今回は、

抱きたいだけなのに付き合うなよ!

ってお話をさせていただきます。

 

「何だてめー、偉そうに!」

と思われるかもしれませんが、

私がこれまで、サシ飲み等で
話しを聞いてきた中で、

やっぱり、あんまり女性の
幸せに直結してないなあ、と
思ってしまっていることがあるので、

たぶん、まとまりのない文章に
なってしまうかもしれませんが、

つらつらと、徒然なるままに
書かせていただきます。

 

一番簡単に女性を抱く方法は彼氏になること

で、まずはですね、

恋愛界やワンナイト界において
非常に重要な事実をお話しさせて
いただきますと、

ある特定の女性を抱くのにですね、
最も簡単な方法は、ずばり、

その女性の彼氏になること

です。

 

女性はですね、

彼氏にはほぼ当然に
セックスを許します。

 

別にオスとして魅力がなくても

「そーゆールールだから」

と刷り込まれているように。

 

しかし、これって、ちょっと不思議じゃ
ありませんか?

 

だって、その彼氏さんよりも
数段オスとして魅力があっても、

通常は、彼氏ではない限り
エッチをさせてくれないんです。

 

たぶん、社会として、倫理として
パートナー以外の男性と
エッチをしてはいけない、と、
認識しているのです。

 

つまり、彼氏にエッチを許可する
という点においては、

女性は、動物的ではなく、
社会的なんです。

 

そのため、抱かれたいかどうかも
乗り越えて、

「彼氏だし、仕方がない」

と抱かれているのです。

 

もちろん、ラブラブなカップルも
いらっしゃいますので、

と、いうか、そーゆーカップルの方が
多いと思いますが。

とはいえ、

彼氏のいる女性とサシ飲みに行くと、
彼氏と身体の相性があってないと
愚痴る女性が結構います。

 

でも、彼氏が求めてくるから
抱かれている、と。

私は、なんだか、
不思議な気持ちになります。

 

だって、こちらは、日々、

女性に期待をさせたり、

女性に割り切りを意識させたり、

女性の寂しさを増幅させたりして、

女性とワンナイトに至るわけです。

 

でも、一方で、彼氏にさえなれれば、
ほぼオートでセックスが出来る。

時には、彼氏に不満を持ちつつも、
社会的なエッチ免罪符を持っている
彼氏に抱かれる。

 

これが日常。

 

と、いいますか、

これらについては、
もはや、説明するまでもない
当たり前のこと。

しかし、この制度を
悪用している男性もいるのです。

 

抱きたいだけなのに付き合うなよ!

それは、ただやりたいだけなのに、
その女性と付き合っちゃう男。

こーゆー男性って結構いるんですよね。

 

私の知り合いにもいます。

 

本命の彼女は別にいて、
他の女性とも付き合っている。

その女性は、完全に彼女の
つもりでいる。

 

または、正式な彼女や奥さんが
いることを知っているにも関わらず、

いつか別れて、自分と付き合って
くれると信じている女性。

 

ここだけ聞くと、

「何てヒドイ男なんだ!」

と思ってしまいますし、
実際にヒドイ男なのですが、

私の知る限りにおいては、
そーゆー男性って、

けっこう気弱そうで、
優柔不断なタイプが多かったり
するんですよね。

 

なので、やりたいから

「好きだ」

「付き合って」

と告白して付き合う。

 

しかし、本命とも別れられないまま
どうしようどうしよう、

でも、別れるのも大変だから現状維持。

こんな感じです。

 

せめて、めちゃくちゃ性格が悪そうな
オス度全開の豪傑みたいな奴
だったら腑に落ちるのですが、

実際は、一般男性が
一般女性を泣かせているケースが
多いようですね。

 

ワンナイトはオスで口説いて獲得しよう

で、私自身、自分がやっていることが
正しいとは決して思わないのですが、

少なくとも、結婚する気もないのに、
きちんと付き合うつもりもないのに、

やりたいがために、女性に告白して
彼女にしちゃおうなんて思ったことは
一度もないです。

 

確かに、よくよく考えれば、
お付き合いしてからエッチをする
ってのは、なんとなく正しいこと。

なので、

エッチしたいから、付き合うってのは、
社会的にも正しいような
気もするのですが、

その場限りの詭弁を弄して
彼女になってしまった女性は、
幸せとは思えません。

 

彼女になるということは、
ある程度、自分の生活、人生を
彼氏にゆだねるということなので、

やはり、きちんと付き合うという
意識がないのであれば、
告白なんてするべきではありません。

 

なので、もし、複数の女性と
エッチしたいなあと思うのであれば、

プロのお姉さんにお願いするか、

あるいは、ワンナイトクリエイターとして
ターゲットの女性と恋愛モードに
入らないように細心の注意を払いながら

男らしく堂々とアプローチを
するべきだと思います。

 

なんだか、客観的に見たら
同じ穴の狢(むじな)のような
感じではございますが、

クズなりに、私は私で
正義を貫いていると思っています。

 

当サイトでは何度となく申し上げて
おりますが、

私の目指すワンナイトは、

相手女性が幸せになること

が前提です。

 

こちらのアプローチによって
相手女性が不幸になってしまうような
そんな悲しい口説きはしないでください。

なんとも、独善的な内容に
なってしまいましたが、お許しください。

 

きよぺーでした。

 

きよぺーTwitter

きよぺー(@kiyopeecom)です。フォローするだけでいつのまにか女子を落とせるようになってしまう高濃度なワンナイトツイートはこちらです。

きよぺーの会話具体例シリーズ

モテるノウハウを身につけたら
仕上げに会話の具体例を手に入れ、

他の男子たちと差をつけよう!

『サシ飲み会話具体例集』

きよぺーが「note」デビューいたしました!『サシ飲み会話具体例集(待ち合わせから夜のお誘いまで)』のご案内

ターゲットの女性と二人きりの空間で
誰にも邪魔されることなくサシ飲み

だが、サシ飲みは男女にとって戦場ですよ

待ち合わせから夜のお誘いまで、
サシ飲み全シーンの会話具体例をあなたに!

『サシ飲み会話具体例』はこちらから。

 

『サシ飲みの誘い方21パターン』

『サシ飲みの誘い方23パターン(声かけからオファーまでの具体例)解説付き』が完成いたしました!

女性へのアプローチにおける
最初の関門であるサシ飲みへの誘い

誘う男性も誘われる女性も楽しくなる誘い

怯えながら震えながらサシ飲みに誘う
あなたとサヨナラしましょう。

『サシ飲みの誘い方23パターン』はこちらから。

 

『いじり会話具体例集』

いじり会話具体例集〜いじりから始まる縦横無尽なトークを手に入れよう!

女性との関係性を深めるために
必須のスキルである「いじり」

いじりを制する者がアプローチを性する

上手にいじり、女性の感情を揺さぶり、
非日常の世界に誘(いざな)いましょう。

『いじり会話具体例集』はこちらから。