え? 無理

 

きよぺーです。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

 

数年前の話ですが、以前勤めていた会社に
仲の良い後輩がいました。

頼りない奴でしたが、
何かと頼ってくるので、
可愛がっていました。

 

 

職場の某後輩のアプローチ

この後輩本人は、過去に何人か
付き合ったことがあるとか言ってましたが、
そんなのは強がりで、絶対に童貞。

で、この後輩が、同じ係の先輩女性に
恋をしたらしく、いろいろと相談などを
受けていました。

 

当時の私は、
何人か職場の女性にちょっかいを出し、
成功し始めていた時期。

とはいえ、他人を指導できるような
状態にはなく、この時も、

「好きなら、飲みに誘うしかないんじゃね?」

くらいのことしか言えませんでした。

 

相談を受け始め、この後輩君と
ターゲット女性を観察していたのですが、

後輩君のキャラは、

「いい人止まり感」

が半端ではなかったです。

 

そして、

「一途感」

も凄かった。

 

後輩は、とにかく、ターゲット女性に
気を使いまくり、お姫様扱いしまくり、

ターゲット女性の一挙手一投足を
舐め回すように見ていました。

ターゲット女性に声をかける男性が
いようものなら、すかさず近づき、
どんな会話をしているのか
確認しているようでした。

 

「それじゃあ、口説けないよ」

とは思いつつ、私は私で、
自分のワンナイトラブに没頭し、

いつしか、後輩のアプローチなんて
気にもしなくなりました。

 

サシ飲みから個室DVD店へ誘導してみました(アプローチレポート)

 

そんなある日、

後輩とターゲット女性の間に
不穏な雰囲気が漂っていました。

 

同じ係なのに、話を一切しない、
目も見ない。

それどころか後輩はどことなく
怒っているような、

そんな険悪な雰囲気。

 

その日、すぐに後輩を誘い、
飲みに行き、詳細を聞き出しました。

 

すると、

「俺がせっかく告白してやったのに、断りやがったんですよ」

と言い出しました。

 

せっかく告白してやった?

断りやがった?

 

それを聞いた私は、

「そりゃあ、かわいそうに」

と、後輩を励ましてあげましたが、
私も経験不足でした。

 

今の私であれば、この後輩の
セリフを聞いた途端、

瞬殺です。

 

ベジータがナッパやキュイを
葬ったように、

この後輩も、木っ端微塵に、
汚ねえ花火にしてやるところです。

 

 

男性が攻め、女性は断る

わかっていません!

 

男性と女性とでは、
恋愛のスタンスが違うんです!

 

男は攻め、女性は守ります。

これが原則。

 

つまり、

男性は誘ったり口説いたりするのが仕事。

 

そして、

女性はこれを断るのが仕事なのです。

 

男性は、好きな女性や、気になる女性を
選んでから、アプローチをします。

しかし、女性は逆なんですね。

男性からのアプローチを断ったり、
拒否したりすることで、選んでいるのです。

 

なぜなら、女性は、

「待ち」だから。

「受け身」だからです。

 

この部分が分かっていないと、
私の愚かな後輩のように、

勘違いも甚だしい、まるで理解していない

「坊やだからさ」

な状態になってしまうのです。

 

もちろん、自らアプローチする女性はいます。

私も、女性からワンナイトラブを
持ちかけられたことが何度もあります。

 

しかし、それは例外的なことか、
あるいは、こちらの戦略が実を結んでのこと。

原則は、女性は自分からアプローチしません。

それが、奥ゆかしい日本女性なのです。

 

であれば、男性からのアプローチを
拒否する、断るのは、当たり前のこと。

これが女性の選び方。

恋愛のスタンスなのです。

 

 

アプローチを重く捉える必要はない

でも、

 

しかしですね、

 

逆を言えば、

 

我々男性は、女性にアプローチを
することを重く捉える必要は
ないってことです!

 

だって、女性は、拒否をして
選ぶんですから。

当たり前のように断られるんですから。

 

これは別に嫌われているからとは
限りません。

気分が乗らなかったり、
具合が悪かったり、
予定が入っていたり、

誘いやアプローチを断られる理由なんて
多岐にわたっており、わかりません。

 

ならば、一途で重苦しいアプローチは
精神的にも、時間的にも無駄です。

 

ライトで軽ーいアプローチを
していこうではありませんか。

そして、私のこれまでの経験則上、
ライトなアプローチの方が、
結果的に成功することが多いです。

 

サシ飲みへの誘いはあの手この手でライトに何度も〜成功する誘いのコツ〜

 

いくら女性が男性からのアプローチを
断るのが仕事だからといって、

言い寄ってくる男性を拒否するのは、
あまり良い気分ではないはずですから。

 

なので、断られて当然くらいの
軽い、チャラい誘いの方が、
女性は喜ぶんです。

この認識、結構大事です。

 

今後のモテ活動の参考にしてください。

 

きよぺー

 

きよぺーからのご案内