女性に好かれているのか嫌われているのか気にする意味は1ミクロンもない

 

きよぺーです。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

さて、今回は、

女性に好かれているのか嫌われているのか気にする意味は1ミクロンもない

ってお話をさせていただきます。

 

職場の男性と、会社にいる女性について
会話をすると、結構出てくるのが、

「俺、○○さんに嫌われてるからなあ」

とか

「俺は、○○さんに結構慕われている気がする」

って発言です。

 

何を言っているんだ?

まあ、目の前でメラゾーマを打ちこんでも
いいのですが、確実に逮捕されてしまうので、
記事で解説させていただきます

 

女性に好かれているのか嫌われているのか気にする意味は1ミクロンもない

一般的に男性って、気になる女性から
どう思われているのか、気にしがちですよね。

「俺は好かれている」

「俺は嫌われている」

など。

 

しかし、そのほとんどが意味がありません!

朝の占いみたいなレベルです!

 

…あ、イメージですよ、イメージ。

私は、占い好きなので…

 

基本的にまだ二人で飲みに行ったり
セックスをしたりしていないのであれば、

その状態で女性からどう思われていようと
意味はありません。

 

だって判断する根拠がないのですから!

 

普段、会社や学校でちょっと会話したことがある。

飲み会でご一緒したことがある。

 

この程度の状態で、

  • 好き
  • 気に入っている
  • 嫌い
  • ムカつく

なんて思われていたとしても、
そんなのはどうでもよいのです。

 

ハリボテみたいなものです。

 

たとえ、気になっている女性が
あなたに対して、どちらかというと
好意を持っていたとしても、

サシ飲みして

「あ、なんかこいつ顔だけでトークがクソだな」

「うわあ、自慢話ばっかりだよ。今さら大学自慢とかガキかよ」

「仕事はできるけど、一緒にいても全くときめかない」

なんて思われることも多いです。

 

だので!

今、何もアプローチしていない段階で
女性にどう思われているのかを

考えるのは、

気にするのは、

止めましょうぞ!

 

いや、

むしろ、

今、嫌われているのであれば、

逆にチャンス!

ってこともあるのです。

 

重要なのはターゲットがどう変化したのか?

では、

ではでは、

何が重要なことなのか?

 

それは、

あなたのアプローチによって、
相手女性がどう変化していっているのか?

こここそが、あなたが見抜くべき
最重要項目です!

 

例えば、私のアプローチの一例を
お示しすると、以下のような感じです。

 

【きよぺーのアプローチ】

まあまあ気になっている会社の女性。

お互いにほとんど会話したことがない。

むしろ、仕事でちょっと衝突した男性と
同じ部署で仲が良いため、

こちらに対してあまり良いイメージを
持っていないと思われる。

まあ、どうでもいいけど。

 

そんなある日、一人で残業
しているところを発見。

声かけ実行。

「お疲れ様です」

「あ、お疲れ様です」

「なんか忙しそうですね」

「まあ、ちょっと、そうですね」

「何か買って来ましょうか?」

「え、いや」

「お湯とか」

「お湯(笑)お湯はいらないです」

「あれ、お湯嫌いですか?」

「いや、嫌いじゃないですけど(笑)」

「なるほど、難しそうですね」

「(笑)」

「じゃあ、頑張ってください」

「はい」

 

ってな感じで、1分にも満たないくらいの
時間だと思いますが、

たぶん、この女性にとっては、
入社していらい最高に私に対して
興味関心が高まった時間だったと思います。

 

同時に、もし私に対して負の感情を
持っていたとしても、
一気に消し飛んだと思います。

 

これは一例ですが、少なからず、
何もアプローチしていない状態での
女性からの評価は意味を持ちませんし、

女性からの評価は一瞬にして
高めることができます。

 

これがアプローチの面白いところ。

妙味です。

 

この声かけや会話のコツのようなものが
身につくと、一気に女性へのアプローチが
楽しくなります。

 

なので、意味もなく女性の気持ちに
一喜一憂するようなことをせずに、

瞬間に、刹那に、女性の気持ちを
昂らられるようになりましょう。

 

きよぺーでした。

 

今ならまだ間に合う

その子はきっとあなたのものになる!