きよぺー(@kiyopeecom)です。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

さて、今回は、

女性を行動させるためには「理由」が必要

ってお話をさせていただきます。

 

よく聞きませんか?

女性を飲みに誘ったり
エッチに誘ったりするためには

行動するための理由を与えてあげればよい

ってなノウハウを。

 

これって本当なのでしょうか?

 

女性は行動するための理由を求めている

これまでの私のささささ些細な
経験則上から申し上げると、

行動するための理由を与えてあげればよい

って考え方は結構正解です。

 

飲みに誘う際には

「仕事の相談がしたい」

映画に誘う際には

「○○ちゃんの好きな俳優が出てるよ」

あるいは

「チケットが2枚手に入った 」

…古いですかね。

そして、ホテルに誘導する際には、

「終電なくなっちゃったね」

あるいは

「好きだったんだ」

などなど、理由を言ってあげるだけで、
その成功率ははね上がります。

 

では、なぜ女性は理由があるだけで
簡単に行動をするようになるのでしょうか?

 

私が思うに、

女性って男性と比べて抑圧されているから

だと思うんですよね。

 

理由によって女性を抑圧から解放してあげる

例えば、小学校時代。

男子がワーワーはしゃいでいると

「男子って馬鹿よね」

なんて女子から馬鹿にされましたよね。

 

大人になってからもこれは変わりません。

仲間内で、男性陣が騒いだりしても、
女性は男性ほどあからさまに
騒いだりしませんよね。

 

そう、抑圧されているんですよ。

社会に。

規範に。

 

これって、小さいころから

「女性は女性らしくしましょうね」

と言われ続けてきているからだと思ううんです。

 

主に親や先生などからですね。

洗脳に近いかもしれません。

 

だからこそ、女性は
男性ほど騒ぎ立てないのです。

 

つまり、

女性って発散する機会が少ない

のです。

 

でもでも、女性だって男性と同じ。

楽しい時は騒ぎたいし、
エロいことだってしたいんです。

 

でも、封印されているんです。

 

そこで、女性が欲しがっているのが、
この封印を解く「理由」なんです。

 

「私も騒ぎたい。だから理由ちょうだい!」

「正当な理由があれば、私は騒げるの!」

って感じです。

 

そう。

理由があれば女性は騒げるんです。

 

これは、飲みだって一緒ですよ。

 

頭のどこかで、

「付き合ってもいない男性と二人で飲むなんてとんでもない!」

っていう見えざる抑圧があるんです。

 

でも本当は、

「私も飲みに行きたい」

「でも、男性と飲みに行きたいなんて言えない」

って思っています。

 

なので、

「理由をちょうだい!」

って感じなのです。

 

私が過去にホテル誘導に成功した事例で言うと、

「痛ててててて、お腹痛い。ちょっと休んでいい?」

なんてアホみたいな理由で、
ホテルに入れたこともあります。

 

理由の威力は強力です。

 

しかし、この理由。

特に効果を増加させる方法があります。

 

それは、

男性側のニーズが理由となっているケース

です。

 

男側の理由で女性を行動に導く

上記の「お腹痛い」も、
理由としては、あり得ないくらいな
低レベルなものですが、
男性側の理由ですよね。

これが強いのです。

 

女性はいつでも、

「私のせいじゃない」

「男のせい」

って言いたいのです。

 

自分に言い訳したいんです、女性は。

 

なので、言い方はともあれ、

誘う原因は

「俺が君と飲みたいんだ」

「俺は君を抱きたいんだ」

という思いが伝わるように誘う
ことがとても重要ってことです。

 

私はよく、

「もしかしてのど乾いてない?」

って誘い方をするのですが、

言葉じりだけ見ると、
理由を女性側にあるような言い方ですが、

こちらの本心は、

「ただ俺は君と飲みたい」

ってことは伝わりますよね。

 

こーゆーのが

スマートな誘い方

と言えるでしょう。

 

好意を伝えるのは超注意

ここまで女性を行動させるには
理由が必要ってお話をしてきましたが、

その理由の中でも最強なのが、

好意

です。

 

どちらかというと、
サシ飲みに誘うシーンよりも、

エッチに誘うシーンで
とても強力な威力を発揮します。

 

この記事を読んでいる方の中にも、

「好きなんです」

で、ホテルに入っちゃった方、
いるんじゃないですか?

 

もちろん、本当に好きで、
お付き合いできるのであれば、
どしどし使っていただければと思います。

 

しかし、

「ただ遊びでエッチしたいだけ」

「付き合う気なんてさらさらない」

って考えにもかかわらず、

好意を伝えてエッチをするのは、
クソ危険です。

とんでもない仕返しがまっています。

 

「私が抱かせたのは、あなたが好きだって言ったから」

「責任取ってよ! 私の気持ち知ってて口説いたんでしょ?」

ってシャボン玉的な感じで攻めてきます。

 

いや、これもう、地獄ですよ。

 

私の知人でも適当に遊んだ女性から
鬼詰めされた人が何人もいます。

 

なので、理由は女性を行動させるには、
強力な効果を発揮しますが、

使い方を間違えないないように
気を付けてください。

 

きよぺーでした。

 

きよぺーTwitter

きよぺー(@kiyopeecom)です。フォローするだけでいつのまにか女子を落とせるようになってしまう高濃度なワンナイトツイートはこちらです。

きよぺーの会話具体例シリーズ

モテるノウハウを身につけたら
仕上げに会話の具体例を手に入れ、

他の男子たちと差をつけよう!

『サシ飲み会話具体例集』

きよぺーが「note」デビューいたしました!『サシ飲み会話具体例集(待ち合わせから夜のお誘いまで)』のご案内

ターゲットの女性と二人きりの空間で
誰にも邪魔されることなくサシ飲み

だが、サシ飲みは男女にとって戦場ですよ

待ち合わせから夜のお誘いまで、
サシ飲み全シーンの会話具体例をあなたに!

『サシ飲み会話具体例』はこちらから。

 

『サシ飲みの誘い方21パターン』

『サシ飲みの誘い方23パターン(声かけからオファーまでの具体例)解説付き』が完成いたしました!

女性へのアプローチにおける
最初の関門であるサシ飲みへの誘い

誘う男性も誘われる女性も楽しくなる誘い

怯えながら震えながらサシ飲みに誘う
あなたとサヨナラしましょう。

『サシ飲みの誘い方23パターン』はこちらから。

 

『いじり会話具体例集』

いじり会話具体例集〜いじりから始まる縦横無尽なトークを手に入れよう!

女性との関係性を深めるために
必須のスキルである「いじり」

いじりを制する者がアプローチを性する

上手にいじり、女性の感情を揺さぶり、
非日常の世界に誘(いざな)いましょう。

『いじり会話具体例集』はこちらから。