簡単に抱ける女性(ヤリマン)が持つ3つの特徴

 

きよぺーです。

あいつよりモテるブログ!
ご覧頂きまして、ありがとうございます。

 

今回は、女性好きの男性全員が知りたいと思っている ヤリマンの見抜き方についてお話をしたいと思います。

これまで様々な女性を口説いてきた訳ですが、その中でも、驚くくらいにあっさり抱けてしまう女性がいました。

こちらとしては、二の矢、三の矢、次なる手段をいろいろと準備していたのに。

拍子抜けしてしまいました。

いわゆる「ヤリマン」ですね。

 

そのようなラッキーな経験を分析してみると、その時の女性たちに同じような傾向が見つかりました。

どの方も、おおよそ3つの条件を全て満たしていたのです。

 

「俺は、誰でもいいから抱きたいんだ」という悪い男性は、今回の記事を是非参考にしてみてください。

もちろん「看護師さんや保育士さんのようなストレスがたまりやすい職業・仕事にヤリマンが多い」などという、よくあるネタをお伝えするつもりはありません。

あくまで、職場や学校など、日頃会う機会の多い女性からヤリマンを発見できるような、一般的な特徴をお伝えします。

是非、最後までお付き合いください。

 

ヤリマンとは

さて、ヤリマン女性の見抜き方をお伝えする前に、ヤリマン女性について簡単に触れておきます。

みなさんお気付きの通り、女性は簡単には抱けません(涙)

男性がより多くの女性を抱きたいと思っているのとは真逆なわけです。

他の記事でもお話をしていますが、その理由は、精子と卵子の性質の違いにあると思われます。

より多くの子孫を残したい男性は、数億数十億の精子を、より多くの女性に注入したい。

と、いうより、そのような行動が本能にインプットされています。

そのため、いろんな女性とセックスがしたいわけです。

本能なので、女性からとやかく言われる筋合いはない訳ですよね(笑)

 

一方で、女性は、数が限られている卵子に見合った精子を与えてくれる優秀な男性を求めます。

女性も子孫を残したいという思いは同じベクトルを向いていますが、子供ができた後のリスクが男性とは桁違いです。

 

男性は、精子を発射すればそれでおしまい。

しかしながら、女性は、必死にそして長期間をかけて、おおよそ一人の子供を産みます。

その後は、寝る間も惜しんで、生まれた赤ちゃんの面倒を見ます。

それこそ、自分の時間のほぼ全てを費やすわけです。

そんな女性ですから、おいそれと男性に抱かれるわけには行かない訳です。

 

とはいえ、ここまでは本能レベルの話。

現代人は、サバンナで暮らしている訳ではありません。

社会の中で生活をしています。

また、女性個々が生まれも、育ちも、様々な環境が異なるのです。

そのため、この本能から少し外れたタイプの女性が少なからず発生する訳です。

次に、この少なからず発生した本能を超えた稀有な存在「ヤリマン」の特徴について解説をさせていただきます。

 

ヤリマン女性が持っている3つの特徴

では、今回の本題です。

ヤリマン女性が持っている3つの特徴について解説をさせていただきます。

ここでは3つお伝えしますが、より多くの特徴を持っている方が抱きやすいと考えていただいて結構です。

 

ヤリマンの特徴1 「平気でおごられる」

まず、ヤリマンの第一の特徴。

「ヤリマンは平気でおごられる」です。

そのままズバリですね。

おごりやすい女性は、ワンナイトラブが容易であり、逆になかなかおごらせてくれない女性は、非常にガードが固いということです。

 

通常、女性とサシでご飯や飲みに行くと、男性が払いますよね。

(間違っても男性側から割り勘を提案するようなことはしないでください)

そのときの女性の反応は、おおよそ3パターンくらいになると思います。

  1. 財布を手に携え「え? いいんですか。すいません、ありがとうございます」
  2. 財布から金を出し「ダメです。払います。困ります」
  3. 財布を出すこともせず「ごちそうさまでーす」

 

通常は、1のパターンになると思います。

気を使ってみるものの、最終的には、男性におごらせるという女性です。

 

次に、2のパターンの女性の場合。

いますよね、こういう女性。

何が何でも、おごられることを拒否する女性。

この場合、ワンナイトラブを成功させるためには、かなりの努力・策略・謀略が必要となるでしょう。

 

そして、3のパターンの女性の場合。

財布すら出さない。

おごられて当然。

これこそがヤリマンの特徴なのです。

 

私なりに、このような結果になる理由を考えてみたのですが、やはり、自分の価値をどの程度と認識しているかによるのだと思います。

 

想像に難くないと思いますが、絶対におごらせてくれない女性は、プライドが非常に高いです。

ビジネスでも妥協を許さない、頑張り屋さんタイプです。

このような女性は、ガードが高いと言えます。

 

一方で、最初からおごられることが当たり前的に考えている女性。

この手の女性は、自分にあまり価値を見出してはいません。

と、言うより、おごられることで自分の価値が下がるとも思っていないのでしょう。

 

おごられて当然といっても、性格悪ゆえにそうしているわけではありません。

その方が、男女とも良い雰囲気になることがわかっているからです。

つまり、理屈で行動するよりも、楽しさ、感情で行動するタイプと言えます。

と、なれば、セックスも、楽しい行為。

「誘ってくれるならラッキー」

このような思考回路ゆえに、口説きやすいと考えられる訳です。

 

ヤリマン女性の特徴2 「親友グループには属さない」

さて、次にヤリマン女性の特徴の二つ目です。

それは、いわゆる親友グループには属しておらず、仲の良い親友は一人だけ、というタイプです。

 

私が口説きやすかった女性は、いずれもこのようなタイプばかりでした。

その原因に到達するのには苦労しましたが、概ね確定的な結論が出ました。

それは「社会的制約」です。

 

女性グループというのは、男性の仲良しグループとは一線を画した存在です。

男性の仲良しグループは、ある程度流動的であり、強い結束はありません。

 

一方で、女性の仲良しグループは、いわば「社会組織」の一つといっても良いほど、強力な結束を有しています。

もとより、女性は、外で狩りをしている男性を家で他の女性たちと待っている存在。

つまり、女性は複数人で行動することが当然なのです。

 

よく女性から「仲良しグループで未婚は私だけ」みたいなセリフを聞いたことがあるかと思います。

男性からはこのような発言はありませんよね。

あっても、同期とか同級生とかその程度でしょう。

つまり、男性の場合、自然発生的なグループではないのです。

 

さて、この親友グループに属している女性は、なざ抱きにくいのか。

それは、この親友グループという社会での制約が存在しているからです。

親友グループは、同類の女性が自然発生的に作り上げたものです。

同類で同質だからこそ心地が良い環境。

つまり、この同類から逸脱することは許されないのです。

 

例えば、親友グループの一人が、浮気・不倫になりそうな雰囲気の男性がいるとカミングアウトしたとしましょう。

すると、グループ全員から一斉に反対されます。

その他全員がその逸脱行動を全力で潰しにかかる訳です。

カミングアウトしないまでも、そのような危険性、グループからの排除が分かりきっているため、女性は逸脱行動を避けることになるのです。

 

一方で、親友が一人だけというタイプの女性。

このような女性は、浮気・不倫・ワンナイトラブ的な行動に走っても、それをもって組織から切り捨てられる心配はありません。

あっても、親友から注意を受けるくらいのものでしょう。

 

さらに言うと、親友グループが同期化が重視されている一方で、単独の親友はライバル的な存在です。

つまり、浮気等の行動により、その経験豊かさを自慢できるのです。

このような理由から、親友グループに属している女性よりも、単独親友を持つ女性の方が、容易にワンナイトラブに持っていけると考えます。

 

ただし、恐るべきことに「ヤリマングループ」的な社会組織を作り上げている女性たちもいます。

ヤリマンが普通の団体なので、一般的な親友グループとは別物と考えてくださいね。

 

ヤリマンの特徴3 「彼氏がいるかいないかが常に明確」

さて、ヤリマンの特徴の最後です。

それは、彼氏がいるかが常にはっきりしている女性です。

 

ガードが固いタイプの女性は、彼氏がいるかどうか聞いても、なんとなく答えを言わない傾向があります。

恐らくは、彼氏の存在の有無により、職場の同僚や学校の友人関係に支障をきたすと考えているのでしょう。

つまりは、自分本位で物事を考えずに、社会の一員としての視点をもっているということになります。

 

一方で、常に彼氏がいるかどうかが明確な女性がいます。

こちらから聞かなくても「いま、彼氏募集中です」や「彼氏とラブラブです」と言ったりする女性がいます。

これこそがヤリマンの特徴と言えます。

 

このタイプがヤリマンたる理由。

それは、行動や言動を「割り切っている」ということなのだと考えます。

別に、彼がいようが、いまいが、そんなことは他人には関係ない。

つまり、彼氏がいてもいなくても、その行動に違いはない、ということです。

彼氏がいても楽しいことがあれば、それをする。

だから、自分の今の状況を他人に示すことに躊躇がない、と言えます。

この手の女性も、かなり容易にアプローチができます。

用意すべきは 「え、私彼氏いますよ」 の一言を跳ね返すだけ。

「え、どこにいるの? なに、彼氏さん会社まで付いてくるの。ストーカーじゃん」

このように、こちらも彼氏がいても問題ないとユニークに示せればOKです。

彼氏がいない場合は、特に下準備は不要。

そのままさっくりと誘ってみてください。

 

以上の、3つの条件を満たしていれば、かなり容易にワンナイトラブに持っていけると思います。

しかし、この条件を満たしているヤリマン女性が口説けないというのであれば、まだあなたの口説きレベルが低い可能性があります。

そのような方は、私と方法を試してみてください。

私はこれにより、女性の目もまともに見れない超非モテの状態から、当サイトでもご紹介しているように、複数の職場の女性と朝を迎えられるようになりました。

だいたいサシ飲み2回分くらいで、ヤリマンだけでなく、口説くのが難しい女性も、裸でイチャイチャできるでしょう。

怪しい記事ですが、騙されたと思って、一度見てみてください。

きよぺーのオススメ

 

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

きよぺー

 

 

現在、当サイトに来ていただいた方に、特別プレゼントをさせていただいております。

私きよぺーがこれまで積み重ねてきた「モテるスキル」を抽出した、モテるための「完全マニュアル」を作成いたしました。

是非、この機会に手に入れてください。

詳細は、こちらから

※ きよぺーが自分で書いた漫画で解説しています。
  下手でも笑わないでください。

 

<「モテる男になる方法 完全マニュアル」プレゼント!>

 

 

このページの先頭へ