きよぺーです。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

さて、当サイトに訪れている方には、
浮気をするような方、浮気をしたい方は、
一人もいらっしゃらないかと思いますが、

今回は、浮気や不倫の罪悪感について、
浮気を一回もしたことがない…した記憶が
ない私ですが、お話しさせていただきます。

 

彼女や奥様がいる男性や、
逆に、彼氏や夫がいる女性を狙っている
方には参考になる内容かな、と思います。

 

「そんなコラム的な話じゃなくて、浮気の方法を教えろや!」

という外道な方は、こちらの記事をどうぞ。

 

浮気や不倫を彼女さんや奥様にバレないように成功させる14の方法

 

サシ飲み後のワンナイトや浮気に対して男性が罪悪感を抱く流れ

サシ飲みの後のワンナイトラブや
浮気、不倫というのは、当然のように、
罪悪感がセットで付いてきます。

浮気や不倫をしても、罪悪感を全く
感じない方は、サイコパスと言っても
過言ではないでしょう。

 

で、この浮気や不倫ですが、男性の場合、

性欲

が原因で、浮気や不倫をすることが
ほとんどであると考えます。

 

まあ、女性の悩みなどを
聞いている内に、情が移ってしまい、

浮気や不倫をやらかしてしまう方も
いらっしゃるかと思いますが、

割合としては、少ないかなあと思います。

 

ってことで、性欲をバックグラウンドとして
浮気や不倫をしてしまう男性なのですが、

性欲ってのが、とても強い欲求なため、
罪悪感を強烈な力で押さえつけて
しまうんですね。

 

そのため、彼女や奥さんがいる男性に
他に気になる女性が出来た段階では、
罪悪感は2%くらいですね。

 

「俺には、彼女がいるのに、他の女が気になってしまうなんて!」

って悩む男性は、
ほとんどいないと思います。

 

そのため、彼女や奥さんがいても、職場などに
気になる女性が出来たら、声をかけます。

声かけの段階では、罪悪感はまだ5%
くらいですね。

 

むしろ、

「俺は彼女がいるのに、他の女に話かけているぜ」

なんて、ちょっと心地よく、悦に入って
しまう方もいらっしゃるかもしれません。

 

次の段階は、気になる女性と、
仲良く会話をするという関係性です。

 

職場などで、用事がなくても、会話をする。

で、あわよくば、食事やサシ飲みに
行きたいなー、なんて願うようになる。

 

この段階では、罪悪感は7%程度ですね。

まだまだ低いです。

 

この関係性が深まると、徐々に、
食事やサシ飲みに行く方もでてきます。

彼女や奥さんがいる男性が、
異性と二人で出かかるわけですから、

罪悪感は、食事では15%、
サシ飲みでは20%と跳ね上がります。

 

このあたりが、浮気や不倫ができる
男性とそうでない男性との境目と
言えるでしょう。

 

彼女や奥さんがいる男性で、
女性と二人で食事やサシ飲みに
行くなんて、とても出来ない、

という方は、そもそも浮気や不倫が
出来ないタイプと言っても良いと思います。

 

性欲が、15〜20%程度の罪悪感に
打ち負けているということです。

 

しかし、この程度の罪悪感では、
なんとも思わない猛者は、

女性と食事に行ったり、サシ飲みに行ったり
することができます。

 

そして、さらに先に進まんとするわけです。

 

それは、サシ飲みの後のホテルです。

 

ホテルに入った段階で、男性の
罪悪感は、40%程度の高まります。

 

このあたりから、背中にぞわぞわしたものを
感じる男性も多くなってきます。

罪悪感から、ホテルに入室したものの、
セックスしないで部屋を出る
なんて男性もいるはずです。

 

しかし、罪悪感が最高潮に到達するのは、その後。

ズバリ、射精後です。

 

射精した瞬間は、頭がぼーっとし、
罪悪感どころではないと思います。

 

しかし、賢者モードに突入し、
段々と罪悪感が高まってきます。

性欲がなくなったからです。

罪悪感は80%程度までアップします。

 

「ああ、俺はなんてことをしてしまったんだ」

「俺には、可愛い彼女がいるのに」

「奥さんに顔向け出来ない。家に帰れない」

 

この後、抱いた後の女性が、

ベッドの上で腕を絡ませてきたら
罪悪感は85%

 

「好きになっちゃうかも」

「また、会えるかな」

って言われたら、罪悪感は90%

 

「もう、離さない」

「帰りたくない」

って言われたら、罪悪感は95%

 

「彼女と別れて」

「奥さんと別れて」

って言われたら罪悪感は100%

 

などという感じで、罪悪感は、
右肩上がりに高まってきます。

 

このあたりでは、女性とホテルイン
したことを後悔する男性が続出。

後悔と懺悔の時間に突入します。

 

ここで味わった高純度の罪悪感に
耐えられず、二度と浮気や不倫を
しないと決心する男性も多いと思われます。

 

逆に、ここまできても、まだ、

「もっといろんな女性とエッチしたいぜー」

と思える男性は、おめでとうございます。

 

その方は、女性を抱くために生まれてきた
まさに、

セックスマシーン

であります。

 

って、感じで、男性の場合や、
性欲という強烈な衝動によって、
罪悪感が抑制される傾向があるのです。

 

 

サシ飲みの誘い方がよくわからない方は、
こちらの記事を参考にしてみてください。

 

正しいサシ飲みへの誘い方~ワンナイトラブを成功させるために

 

サシ飲み後のワンナイトや浮気に対して女性が罪悪感を抱く流れ

さて、続いて、女性が浮気や不倫を
した場合に感じる罪悪感について、

乙女心を持っている私の
独断と偏見に満ちた解説を
させていただきます。

 

女性の場合ですが、スタートから
男性とは異なるルートを
たどることになります。

 

まず、女性の場合、特に異性と
意識することなく、男性に
話かけることができます。

これは、男性が、ターゲットを絞り込んで、
女性に話しかけるのとは、だいぶ異なる
行動と言えます。

 

と、いうのも、女性はもともと、
男性よりも集団生活用に出来ており、
男性よりもコミュニケーション能力に
長けています。

そのため、特に恋心を抱いていたり、
興味関心がなくても、気楽に、
異性に話しかけることができるのです。

 

「俺に話しかけてくるってことは、脈あり?」

と勘違いしてしまう男性が続出します。

で、デートに誘って断られたりします。

 

このあたりが、男性からして、

「女心と秋の空」

「女って難しい」

「女とは永遠に理解しあえない」

などと思ってしまうところなのでしょう。

 

この段階においては、

気楽に話しかける女性

意識してしまう男性

という、掛け違いも発生し、
女性に振り回される男性も多いはず。

 

気になる異性に話しかける段階で、
男性の罪悪感は7%くらいであるのに対し、

女性は、気になっていなくても
楽しくお話しができるので、
罪悪感は2%くらいでしょうか。

 

しかし、ここからが、女性の
罪悪感の特殊なところ。

食事やサシ飲みです。

この段階で、女性に彼氏や夫がいた場合、
大きく罪悪感が影響します。

 

例えば、その女性が、

「食事くらいなら、大丈夫だよね」

と、罪の意識を持っていなかったとしたら、
罪悪感は、男性と同じ15%くらい。

 

ただ、この場合、罪の意識を持って
いないため、誘いに乗ってくれたとしても、

その先、キスやホテルにつなげるのは
難しいでしょう。

なぜなら、そんな気はないからです。

 

一方で、

「二人での食事は、浮気と思われてもしかたないなあ」

などの考えを持っている女性の場合ですと、
罪悪感は、30%くらいに跳ね上がります。

 

サシ飲みの場合ですと、

「もしかしたら迫られるかも」

という思いも出てくるでしょうから、
罪悪感は、50%を超えることになります。

 

つまり、彼氏がいたり、夫がいる
女性が異性と二人きりでの食事やサシ飲みに
来てくれるというのは、

覚悟

をした上での行動なのです。

 

ここの認識が男性側には
足りていないかもしれません。

 

男性は異性と二人での食事やサシ飲みで、
罪悪感が15〜20%なのに対し、

女性は異性と二人での食事やサシ飲みで、
罪悪感が30〜50%になるのです。

 

この段階において、男女の罪悪感は、
非常に大きな違いがあります。

 

しかし、このように、
罪悪感が高まっている女性を、
サシ飲みに誘えたのだとしたら、

逆に考えると、その先の罪悪感の高まりは、
そんなに大きなものではないということ。

 

ホテルに入った段階で、罪悪感は60%
セックスをしたら、罪悪感は70%

というところでしょうか。

 

で、ここからは、憶測でしかないのですが、
女性は、ここから、罪悪感が
逓減していくと思われます。

 

と、いうのも、セックス後に、

「また会いたい」

とか

「楽しかった」

と言ってくるのは、女性側の方が
多い気がするのです。

 

これは、私のセックスが上手だった
わけではなく、おそらく、

セックスという背徳な行為を
してしまったことで、先ほどの

覚悟

諦め

開き直り

のような状態に昇華するのだと思うのです。

 

男性が、

「うわあー、どうしよう! やっちゃったよー」

と罪悪感マックスになっているのに対し、

 

女性は、

「やっちゃったものは仕方がない」

あるいは

「私が抱かれたってことは、とてもステキな男性なのかもしれない」

と、考えを転換するような状況が、
女性の脳内で起こっているのだと考えます。

 

だからこそ、浮気や不倫の場合、
その直後は、

男性は連絡が消極的になるのに対し、

女性は積極的に連絡するようになる

のだと思うのです。

 

男女の違い。

お分かりになりましたでしょうか。

 

最終的なホテルオファーの方法が
よくわからない方は、こちらの記事をどうぞ。

 

サシ飲みからホテルへの誘い方(具体的な手順を流れに沿って解説)

 

で、今回の記事から
口説きのエッセンスを
抜き出すとするならば、

 

彼氏や旦那さんがいる女性を
サシ飲みに誘って、

でも、その女性が迷っており、

でもでも、結局飲みに行けた場合、

結構脈ありな気がします。

 

なぜなら、ある程度の罪悪感を
乗り越えての判断ということだからです。

 

そして、もう一つのエッセンスは、
抱いてしまうと、その女性は、

こちらに恋愛感情を
抱きやすくなりますので、

気をつけなはれや!

 

きよぺー