きよぺーです。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

実は、ずっと書きたかったのですが、

「結局どんな女性が口説きやすいのか?」

ってことについて、

これまでの私の経験上からの、
まあ、結論的なお話しを
させていただければと思います。

なお、当サイト全般的なところですが、
主に職場の女性を口説くということを
前提としてお話しさせていただきます。

 

あなたのターゲットはワンナイトバージンでは?

さて、職場の女性とワンナイトを
楽しもうとアプローチをする際に、

基本的な知識として、職場の女性には
2種類のタイプの女性がいることを
頭に入れておく必要があります。

 

それは、これまでの人生において、

ワンナイトラブのオファーを受けたことがあるかどうか

ってことです。

 

私が大学生の時代・・・今から20年ほど前には
たぶんほとんどいなかったんだと思いますが、

最近の20代30代女性には、
これまでの人生において、ワンナイトラブの
オファーを一回も受けたことがないって女性が
結構いるんです。

 

私は、このような女性を

ワンナイトバージン

と定義しています。

 

いわゆる一回もセックスの経験のない
リアルバージンとは別です。

 

ワンナイトバージンは、男性と
付き合ったことがある方も含みますし、

もちろんセックスしたことがある方も
含みます。

 

ワンナイトバージンは、
見た目が悪いわけではなく、

単純に異性とサシ飲みやデートなどに行っても、
セックスのオファーを受けたことがない
女性です。

 

ちなみに、私の経験上は、
半数以上の女性がワンナイトバージン
であったと思います。

 

そのうちのほとんどは、
付き合っていない男性と
サシ飲みやデートに行った
経験はあったようです。

なので、やはり、男性が、
エッチなオファーをしていないって
ことのようなのです。

 

で、私も知り合った男性には、
基本的に聞くようにしているのですが、

「女性とサシ飲みなどに行くのか?」

 

そして、その女性に

「ワンナイトのオファーをするのか?」

ということを。

 

すると、ほとんどの男性が、
サシ飲みの誘いはしたことがあるものの、

ワンナイトのオファーをしたことが
ないと言っているのです。

 

理由としては、

「断られた時のその後の関係性がやばい」

「怒られたり、セクハラで訴えられたら怖い」

というものでした。

 

やはりそうだったのか…

 

いわゆる、ギャル的な女性の場合は、
別なのかもしれませんが、

私を含め、
当サイトをご覧になっている方のほとんどは、
ギャル的な女性ではなく、

一般的で普通な女性を
口説こうとしているのだと思いますので、

そうなると、やはり、あなたがいま、
狙っている女性もワンナイトバージン
である可能性が高いのです。

 

ワンナイトバージンは口説きにくい

ってことで、職場の女性には、
ワンナイトバージンとそれ以外の
女性がいるわけなのですが、

どちらの方が口説きやすいのか、
ということについてお話しいたします。

 

結論から言うと、

あなたが、ある程度のモテレベルなのであれば、
ワンナイトバージンではない女性の方が
口説きやすいです。

そして、

ターゲットが、ワンナイトバージンの場合は、
こちらのモテレベルに関わらず、
ちょっと口説きが難しい場合が多いです。

 

なぜ、ワンナイトバージンは口説くことが
難しいのかというと、

ワンナイトバージンが、ワンナイトへの耐性がない

ということが原因です。

 

つまり、ワンナイトのオファーをされた時に
人生初の、信じられない事態に
混乱し、ショックを受け、

場合によっては、悲しみ、怒ります。

私の場合、怒られることが多かったです。

 

これが、ワンナイトバージンではない
女性の場合、

「はいはい、やっぱり来ましたか」

「私とセックスしたかっただけだよね」

「やっぱりこいつも男だったかー」

って感じで、純粋に、
口説かれてもOKかどうか
という視点で判断してくれます。

 

つまり、こちらの口説きのレベルが
ある程度以上なのであれば、問題なく
ワンナイトラブが成功するということなのです。

 

ワンナイトバージンが怒る理由

ワンナイトバージンの女性が
ワンナイトオファーを受けた時に、
悲しみ、怒りだす理由の大きなところ。

それは、付き合ってもいないのに、
セックスのオファーをされるってことに対して、

「私を安く見ているのか?」

「私を軽い女と見ているのか?」

「私を価値のない女と思っているのか?」

と認識することであると分析しています。

 

本当は、全然違いますよね。

 

こちらのしては、その女性に対して、

セックスオファーを断られたときにリスクも顧みず、

彼女や奥さんがいるというリスクも顧みず、

様々なリスクを乗り越えてでも抱きたいと思った!

一夜を共に過ごしたいと思った!

 

なので、むしろ、

その女性を、超価値のある女性と思ったからこそ、
ワンナイトのオファーをしているわけです。

ここの部分に誤解が生じていることにより
まずは、怒られます。

 

恋愛経験の少なそうな女性は難易度が高い

私たち男性は、特にこれからバンバン
女性を口説いていきたいって考えている
口説きの初心者の男性は、

どちらかというと、

恋愛に疎そうな、おとなしめの女性に対して、
アプローチをしようと考えがちですが、
ここに大きな落とし穴があったわけなのです。

 

恐らく、ワンナイトラブがなかなか
成功しない男性の多くは、

自分が口説き落とせそうな、
自分より恋愛レベルの低そうな女性を
狙っているのではないでしょうか。

でも、実は、恋愛レベルの低そうな女性って
ワンナイトバージンである可能性が
高いので、口説きにくいんですね。

 

なので、日々口説きのレベルは上げていく
必要はありますが、職場などにおいて、
ワンナイトラブを成功させたいのであれば、

モテそうな女性や、口説かれている女性を
ターゲットにした方が、成功しやすいです。

 

あえてワンナイトバージンにアプローチして、
自信喪失するよりも、よっぽど賢い方法です。

 

きよぺーでした。