突如ドタキャン

 

きよぺーです。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

今回の記事で、多くの男性が抱いている

超誤解

を一つぶっ壊させていただきます。

 

それは、

ノリノリでサシ飲みの誘いに応じてくれる
女性ほど口説きが成功する

ということ。

 

サシ飲みの誘いをノリノリで受ける女性とは

私も職場やその他の場所において、
様々な女性を誘ってきましたが、

たまーにいるんですよね。

めちゃ乗り気な女性が!

 

なんでか?

WHY?

 

私の経験則上、その理由は、
以下 の3つです 。

1 とても尊敬している男性に誘われた

2 こちらにマジで惚れている

3 ノリがいいキャラの女性である

 

まず、1の「とても尊敬している男性に誘われた」場合。

 

これは、一見、良さそうな感じなのですが、
純粋に仕事で尊敬されているケースが多い。

 

社会人としてリスペクトされているので、
容易に飲みに行けます。

しかし「オス」としての魅力を伝えられて
いないケースも多い。

 

この場合、キスやホテル誘導アプローチに
移行した瞬間に

「え! そんな人だとは思わなんだ!」

って、感じで拒絶反応を示されます。

 

日ごろから密にコミュニケーションを
とっているような、身近な女性に多いですね。

 

「じゃあ、オスとしての魅力が伝えられていれば、抱けるんだよな」

 

そのとおり。

抱けます。

 

しかし、雄として、尊敬されている場合も
危険がいっぱいです。

 

魅力的な既婚男性がこのパターンに
なる可能性が高いのですが、

既婚者と知った上で、ノリノリでサシ飲みに
応じてくれる女性を落としてしまうと、
まじ重くなります。

 

ほぼ恋愛状態に近いものになりますので、

抱いた後、

「帰りたくない」

なんて言い出すことも。

 

実は、このセリフを言う女性の心理は、
結構、奥深いものがあり、

当初は、魅力的な既婚男性に誘われ
ウキウキ気分でサシ飲みに
ついてきてくれるのですが、

問題は、抱かれた後。

 

「なんで、この男は、私のものじゃないの?」

って、気持ちが芽生えるようなんです。

 

こうなると、ワンナイト狙いの
旦那様にとっては、結構きつい状況に。

「結局、遊びじゃん」

「朝まで一緒にいたいよ」

など、口説きの当初は想定もしていなかった
危険な状態に陥ります。

 

さて、では次に。

2の

「こちらにマジで惚れているパターン」

は、主に、独身男性の場合です。

 

女性が、こちらを、パートナー、
つまり「夫候補」として見ている可能性が
高いです。

これも地雷系です。

 

サシ飲みして、抱いた後、

「ああ、気持ち良かった。この子はこれで終わりにしようかな」

って思っても、もう逃してくれませんよ。

「次はいつ、飲みに行く?」

「今日、遊ぼうよ」

など、誘って、口説いてアピールの連射。

 

ちょっとでも嫌がろうものなら、

「何よ、そっちから誘ってきたんでしょ!」

「ただの遊びだったの?」

と悪魔的恫喝。

まあ、その後、その女性とお付き合いを
するのであれば、問題はないのですが。

 

そして、次です。

 

我々男性を最も悩ませ、もがき苦しませる
タイプの女性は、3です。

 

「ノリがいいタイプ」

の女性です。

 

サシ飲みのオファーに対して、

「行きたーい」

みたいな回答に、こちらとしても

「うおお、抱けるか?」

と、期待値マックス状態になりますが、

サシ飲み前日、当日になって、

「○○君も誘いませんか?」

「他の飲みが入ってしまって」

「風邪ひきました」

など、唐突な路線変更オファー。

 

「え? どういうこと?」

と驚愕してしまいますが、わざとなのか、
天然なのか、真正悪魔的な思考回路の
女性です。

 

誘われて嬉しい気持ちはあるのですが、
その後、冷静になってくると、

「うーん、きよぺーと飲みに行くのだるいなあ」

などと感じ始め、結果、かの有名な

ドタキャン

という結論を出してくる、と言うわけです。

 

平たく言うと、

気分屋の女性

って、ことです。

 

ノリノリでサシ飲みのオファーに応じ、
その後、ドタキャンしてくる女性の多くは、
このタイプです。

男性を振り回すこと、なんの如しなのか。

恋愛初心者にとっては、
ゾーマよりも、DIOよりも恐ろしい存在です。

 

不安と期待がいりまじった状態がベスト

さて、ここまでは、ノリが良い女性について
お話させていただきましたが、

私がここまでの解説で、あなたに最も
伝えたかったこと。

 

それは、

サシ飲みなどに誘った時に、
女性がノリ良くOKをしてくれることは、
ベストな状態ではないってことです。

 

多くの男性は、ここを誤解しています。

 

サシ飲みって、結構重いんです。

だって、異性同士で、二人きりで
お酒を酌み交わすのですから。

 

そんな重大な誘いを、ノリノリでOKする。

これには、落とし穴があるってことなんです。

 

で、ここからが本題。

 

じゃあ、我々が女性をサシ飲みなどに
誘った時、ベストな女性の心理って何なのか?

 

それは、

期待半分、不安半分

これです。

 

状態としては、

誘った際に、ちょっと迷っていたり、戸惑っている女性

これです。

 

こちらとのサシ飲みに対して、
ある程度の不安が渦巻いている状態です。

「え? サシ飲みのオファーに対して、不安に思ってるの?」

と疑問に思われた方もいらっしゃるかも
しれませんが、

誘われた女性には、不安があります!

 

と、いいますか、不安はむしろOKです。

 

不安がない状態とはどのような状態か。

 

それは、

「あ、この人安全だ」

って気持ちです。

 

この安全って気持ちは、
ワンナイトラブにとっては大敵です。

 

自分にとって、超安全な存在。

それって

「家族」か「格下な奴」

のどちらかです。

 

つまり、

あなたの誘いに対して、女性が
少しも不安を感じていないのであれば、

それは、

その女性は、あなたのことを
格下に見ているということ。

 

つまり、

キスはおろか、ホテル誘導なんて
とても出来ない状態。

ってことです。

 

ここです。

ここを誤解しないでください。

 

あなたに誘われた女性が、不安を感じている。

 

これって、あなたに対して、少なからず、

格上感、緊張感、謎感、非日常感、などなど。

様々な感情を抱いているということ。

 

これが、口説きや誘導をするにあたっては、
非常に重要なのです。

 

なので、不安はOKなんです。

 

そのため、最も望ましい反応は、

「うーん、ちょっとだけなら」

「えー? い、行きますかあ?」

的な反応や、

他には、サシ飲みに誘って、

「あ…行きたいです」

など、ちょっと戸惑っているような感じなど。

 

これらって、恋愛初心者様からすると、

「あれ、乗り気じゃない????」

「うわ、俺ってば嫌がられてるうううううううう」

「誘って、嫌われたああああああああ???」

などと、胃酸が超分泌してしまいそうですが、
全然問題ありません。

私なら、むしろ、

「お、いい反応」

って嬉しくなります。

 

で、この不安の気持ちを覆い隠すほどの
楽しく、ユニークで、魅力的なトークにより、

女性の感情を高ぶらせ、非日常感を
味わってもらう。

 

不安の裏に隠れていた期待が
どんどん花開いていく。

 

ベクトル上昇。

 

テンションマックス。

 

だからこそ、ホテルに入れるんです。

 

なので、日頃から、女性の不安を
払拭するよう、安全安心な男性を
演じている方は、注意が必要です。

逆効果ですから。

 

断りからの逆転の切り返し

さて、ここまで、ある程度、女性に
不安を感じさせていることが必要ですよ、
というお話をさせていただきましたが、

とはいえ、当然、

期待を大幅に上回るほどの不安を
感じられてしまっていると、断られます。

 

この原因は、誘いの段階までの間に、
十分にユニークが伝えられていないことや
Sキャラが強すぎるような場合ですね。

 

また、逆に、期待がまだ十分に
伝わりきれていないような場合。

これも断られます。

 

このような場合ですと、サシ飲みに誘っても、

「すいません、ちょっとその日は・・・」

的に断られます。

 

しかし、このような時、あなたは
どのように返答していますか?

 

「あ、ああ、いいよ、いいよ。じゃあ、別の日に」

みたいなこと言ってませんか?

 

オワタ…

 

それじゃあ、モテません。

口説けません。

 

ここまでの声かけやアプローチにおいて、
不安が大きかろうが、期待が小さかろうが、

この段階ではどうすることもできません。

 

ならば、ここで一発逆転を狙ってみましょう。

 

私なら、断られた後、こう言います。

「ちょっとその日は、用事が・・・」

「え? 本当は予定ないでしょ。暇でしょ」

 

女性の回答にびくびくすることなく、攻める。

これにより、お互いの立場が決まります。

 

女性の拒否に対して全く動じることなく、
しつこくならないように切り返す。

この瞬間、男性が格上になり、
女性が格下になるんです。

 

そして、このような男らしい切り返しにより、
女性は瞬間的に、期待を高めていきます。

この日ダメでも、後日誘いがうまくいきます。

 

誘いはアプローチの基礎であり、
必須項目です。

ぜひとも、日々牙を磨いていって
いただければと思います。

 

きよぺー

 

きよぺーからのご案内