きよぺーです。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

さて、日々女性のお尻を
追っかけている私ですが、

このような毎日を送っていると、

「俺って成長したなあー」

って思う瞬間があるわけなんです。

 

で、その最たるは、

お酒が飲めない女性を
落とせるようになった

ってことです。

 

いやあ、難しいですよね、
お酒を飲めない女性を
口説き落とすのは。

 

居酒屋に入って、

「私お酒苦手なんで、ウーロン茶にします」

なんて言われた瞬間に、

「ああ、オワタ・・・」

試合終了。

 

こんな感じでした。

 

でもですね。

お酒が飲めない女性を口説き落とす
ことはできるのです。

 

カス野郎の私にでもできているのです。

あなたにもきっと出来るはず。

 

そんなわけで、今回は、
お酒が飲めない女性の
口説き落とし方,

 

名付けて、

ノンアルコールワンナイトテクニック

をお伝えしたいと思います。

 

お酒が飲めない女性を口説いてこそワンナイトクリエイター

数年前の私は、職場や知り合いの
女性をサシ飲みに誘うことは、

わけもなく成功できるように
なっていたのですが、

そのあとのホテル誘導段階において、

お酒が飲めない女性

シラフの女性

ノンアルコールな女性

・・・全部、同じじゃねーか!

 

そう、

お酒様の力を借りずに、
ワンナイトラブを成功させることが
全くできませんでした。

 

結局のところ、私は、私の提唱する

ワンナイトクリエイター

にはなれておらず、

 

女性との過ち的な、

運よく、たまたま抱けただけ。

そんな、

ワンナイトプレイヤー

に過ぎなかったわけです。

 

ワンナイトプレイヤーではなく、ワンナイトクリエイターを目指せ!

 

そう。

女性側の理由ではなく、
自分自身のモテ力、口説き力のみで
ワンナイトを成功させられるかどうかが

ワンナイトクリエイター

なのか

ワンナイトプレイヤー

なのかの違いだと思います。

 

口説きのレベルが高ければ、女性が
酔っていようが、酔っていまいが、
関係ないですからね。

 

お酒の持つ恐るべき力を知っておくことが重要

それでは、お酒が飲めない女性の
口説き方をお伝えする前に、

なぜ、アルコールが入っていると、

女性を口説き落としやすいのか

ワンナイトラブが成功しやすいのか

ここを押さえておきたいと思います。

 

つまり、

お酒の力

ってやつですね。

 

これらを知ることが出来れば、
お酒の飲めない女性に対して、

お酒によって得られる恩恵・状態を
作り上げることができれば、
与えることができれば、

ノンアルコールでも
ワンナイトラブが成功する
ってことになります。

 

なので、結構重要です。

 

それでは、お酒によって得られる
効果について解説したいと思います。

 

それでは、参る!

 

お酒の力1 気持ちよくなる

お酒パワーの一つ目は、
気持ちよくなるってことです。

 

アルコールを摂取することによって、
快感や、高揚感を感じることが
できます。

 

これにより、男性からの
ホテルオファーに対して、

「気分良いし、ま、いっかなー」

ってなっちゃうわけですね。

 

また、普段はしっかりとできている

良い悪いなどの判断力も
低下しますねー、きっと。

 

なんて、極悪な効果なのでしょうか。

お酒様、凄い。

 

お酒の力2 本能化(動物脳に)

お酒の力の二つ目は、
アルコールを摂取することによって、
より本能に近い感覚になるのかな、と。

 

先に、申し上げておくと、私は、
医者でも、学者でも、専門家でも
ないので、適当に言いますが、

たぶん、お酒を飲むことによって、

大脳辺縁系が刺激され、
より、本能に忠実な状態に
なるのだと、勝手に思っています。

 

「てか、大脳辺縁系って何だよ!」

って、感じですよね。

 

簡単に言うと、人間の脳の
外側には、大脳新皮質があり、
内側には、大脳辺縁系があるのです。

 

で、大脳新皮質は人間特有の
部位であり、論理的・社会的な
部分をつかさどっています。

 

方や、大脳辺縁系は、動物脳と
呼ばれており、感情的・本能的な
部分をつかさどっています。

 

なので、大脳辺縁系が刺激されると、
普段は、大脳新皮質の働きに
よって抑えられている、

気持ちいいこと

楽しいこと

このような自分に課している
社会的な制限が消し去られる
と考えられているのです・・・私に。

 

まあ、経験則上、だいたい
合っていると思います。

 

お酒の力3 パーソナルスペースの縮小・除去

お酒様の3つめの力は、

パーソナルスペースの縮小

です。

 

パーソナルスペースについては、
こちらの記事で詳しく
解説しております。

 

正しいパーソナルスペースの見極め方

 

簡単に言うと、我々には、
個々人が持っているテリトリー
みたいなものがありまして、

ハンターハンターでいうところの

みたいなものですね。

 

で、あまり仲良くない状態で
ここに入ってしまうと、

仲良くなるどころか、
拒絶されちゃうわけです。

 

通常、職場の仲の良い女性の
場合ですと、45cmが限度かな、と。

これ以上入り込んでしまうと、
緊張感や嫌悪感を生んでしまうかも
しれません。

 

しかし、このパーソナルスペースの
を縮める効果があるのが、
アルコール様なのです。

 

そのため、サシ飲みなどにおいて、
バーカウンターでお酒を
酌み交わすのは、結構いい感じ
なんですね。

 

さらに、酔いが進むと、
パーソナルスペース自体が
除去されてしまうこともあり、

そうなると、ボディータッチしても
問題ナッシングなんて、
ボーナスステージに突入することも
あります。

 

お酒の力4 ロマンチックな雰囲気

お酒の力の4つ目は、
ロマンチックな雰囲気ですね。

ロマンチック浮かれモードに
なってしまうのです。

 

なんだかいい雰囲気

なんだか素敵な雰囲気

これらが、いわゆる

お酒の勢い

を生み出してしまうんですよね。

 

あなたにも経験がありませんか。

お酒に酔って、ぼーっとした
状態になってしまっている女性を。

 

目がうるうるして、

口が半開きになり、

こりゃあ、もう、

キスするしかねーだろよい!

って感じの雰囲気が。

 

もはや、魔力としか
いいようがありません。

 

お酒の力5 勇気百倍

これは、男性側の、
口説く側への効果ですが、

アルコールが入ることにより
アンパンマンさんレベルで、

勇気がアップします。

 

シラフの状態では、
とてもできないようなアクションが

シラフの状態では、
とてもできないようなアプローチが

お酒様を摂取することで、
可能になるのですね。

 

私もかつて、職場に好きな人が
出来た際に、

出張中にお酒を飲み、帰社し、
サシ飲みに誘ったことがあります。

おかげで、誘うこと自体はできました。

 

まあ、飲みに行っただけで
終わりましたが。

消耗戦ですね。

 

とはいえ、やはり、
勇気は超大事です。

 

ワンナイトラブ成功のためには勇気が必要!勇気ある一歩を!

 

勇気を出したことで、成功した
事例には枚挙にいとまがありません。

やっぱ、お酒の力は偉大なのです。

 

お酒が飲めない女性とワンナイトラブを楽しむ方法

さて、それでは、いよいよ、
お酒が飲めない女性と、
ワンナイトラブを楽しむ方法について
お話しさせていただきます。

 

お酒が飲めない女性の攻略法1 勢いではなく地に足をつける

ノンアルコールワンナイトテクニックの
一つ目は、

勢いではなく、地に足をつける

ということです。

 

ノンアルコールの女性は、
酔った女性とは異なり、

ただノリだけでトークが盛り上がる
というわけにはいきません。

 

酔った女性が相手ですと、

「ウエーイ」

「イエー」

で、大丈夫ですが、
ノンアルコール女子相手に、

「ウエーイ」

って言っても、

「(は? キモ)イエー・・・い?」

みたいな感じになってしまいます。

 

そのため、原則として、

ノンアルコール女性相手ですと、
その場のノリや、勢い的な
安易なアプローチはできません。

 

そのため、

「この場は、俺がコントロールする」

「クリティカルなトークを心がける」

と固く決心してください。

 

最悪なのは、女性はウーロン茶で
あなたがお酒に酔って
泥酔しているような状態です。

これでは、女性を口説くことは
絶対にできません。

 

なので、女性がウーロン茶なら、
あなたも、軽めのサワー程度にし、
酔った雰囲気を出さないように
心がけてください。

 

ノンアルコールアプローチにおいては、

「こいつ、酔った勢いで口説きてきているな」

と見抜かれた瞬間に終わりです。

 

しっかりと、自分の実力で、
女性を笑わせ、
女性を口説いていく。

このような意識を持ってください。

 

お酒が飲めない女性の攻略法2 女性の本心や本音を引き出す

さて、お酒が飲めない女性を
口説く方法の2つ目は、

女性の本心や本音を引き出す

ということです。

 

これは、アルコールありの
サシ飲みにおいても、
お話ししていることなのですが、

お酒が飲めない女性を
口説く際には、特に重要です。

 

なぜなら、お酒が入っていない
状態の方が、

女性は本心や本音を
しっかりと伝えてくるからです。

 

誤解のないように申し上げて
おきますが、

お酒が入っている状態の方が、
女性は、、本心や本音を
いいやすい状態にはあります。

 

しかし、それは、酔っているという
ふわっとした状態のため、

本心や本音が、ちょっと軽い
ライトなものになりがちなのです。

 

しかしながら、ノンアルコール状態
ですと、引き出した女性の
本心や本音の

純度

が違います。

 

つまり、ワンナイトラブを
成功させるために、キモとなってくる
女性の本心や本音の引き出し
ですが、

アルコールが入っている状態よりも
ノンアルコールの状態の方が、
効果が高いのです。

 

なので、お酒が飲めない女性に
対しては、是非、

相手女性の本心や本音を
引き出してあげてください。

 

お酒が飲めない女性の攻略法3 教育をする

ウーロン茶女子の攻略法の
3点目は、

教育を施す

ということです。

 

ここでいう教育とは、

「たまにはワンナイトラブで楽しむのもいいんじゃない?」

ってのを、遠回しに、しかし
しっかりと女性に認識してもらうことです。

 

例えば、

「付き合ったり、結婚したら、男性と飲みに行ったりできない」

ということを伝えることで、

「今のうちに楽しいことをする」

ということを刷り込むとします。

 

この場合において、女性が
ある程度酔っぱらっている状態ですと、
教育が上手く行き届きません。

なぜなら、上記のような教育は、
直接そのままの言葉で伝える
のではなく、あくまで刷り込むべき
内容だからです。

 

つまり、

言わなくてもわかるでしょ

的なことを狙っているわけです。

 

そういった意味で、酔っている
女性には、教育をすることの
効果が薄いことがわかりますよね。

なので、シラフの状況こそが、
ワンナイトの教育をする
絶好の状態と言えるのです。

 

お酒が飲めない女性の攻略法4 OKサインを確実に確認する

さて、次なるノンアルコール
テクニックですが、それは、

女性のOKサインを確実に確認する

ということです。

 

先ほどから出てきていますが、
お酒が入った状態ですと、

例え、ホテル誘導オファーに
失敗したとしても、

「まあ、酔ってたしねー」

「お酒の勢いだったんでしょ」

など、女性側でオートで、
アルコールが原因であったとして、
減刑してくれます。

 

しかし、ノンアルコールですと、
そうはイカの金玉です。

 

もう、減刑なし。

執行猶予なし。

実刑です。

 

なので、失敗時のリスクを考え、
きちんと女性のOKサインを
確認する必要があります。

 

例えば、お店を出るかどうかの
際には、

女性からこちらに対する
興味関心サインが出ているか?

女性から予定確認サインが
出ているか?

また店を出た後は、

女性と手をつなげるか?

など、複数のOKサインを確認し、
それらを積み上げていくことが
重要になります。

 

お酒が飲めない女性の攻略法5 テンションを維持する

お酒が飲めない女性の
攻略法の最後が、

テンションを維持する

ということです。

 

これも非常に重要です。

 

居酒屋などで、夜にサシ飲みし、
お互いにお酒が入っている状態
ですと、

否が応でもテンションは高く
なりがちです。

 

しかしながら、お酒が入っていない
女性との場合ですと、

こちら側が上手く、トークや
話題を提供していないと、

徐々にテンションが下がっていきます。

 

このテンションが非常に曲者で、

いわば、テンションが下がった状態とは
着陸した飛行機みたいなもので、

テンションを上げるのには、再度、
大量の燃料と、多くの時間が
必要になってきます。

 

そのため、ウーロン茶女子との
デートの場合は、このテンションを
維持することが非常に重要に
なってくるわけです。

 

この後の、ホテル誘導の
流れについては、

こちらの記事で解説しておりますので、
参考にしてみてください。

 

サシ飲みからホテルへの誘い方(具体的な手順を流れに沿って解説)

 

ここまで、お酒が苦手な女性、
お酒が飲めない女性への
アプローチについて
お話ししてきました。

 

お酒が飲めない女性を
口説くことができるようになると、

カフェなどを戦場にすることも
できますので、

ナンパを成功させることもできます。

 

また、アルコールが入っていない
状態でのワンナイトを経ると、

お酒の勢いではなく、
お互いにしっかりと認識し合った仲
ということもあり、

良質なセフレ関係に
発展しやすいです。

 

是非、お酒が飲めない女性を
口説き落とせるようになっていただき、

ワンナイトクリエイターとして
羽ばたいていただきたいと思います。

 

きよぺーでした。