きよぺーです。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

今回は、

くやしいからって他の女性の話はするな!

というお話しをさせていただきます。

 

女性にアプローチをしていると、

ついつい、悔しくて、
ターゲットの女性に対して、

「いかに俺が女性との関りがあるのか」

「いかに俺がモテるのか」

「他の女性はこんなに素敵だ」

みたいな話をしてしまいたい
気持ちになることが
あるのではないでしょうか。

 

でも、それ、

クソです。

クズです。

非モテです。

 

なので、今回の記事を読んでいただき、
我が身を振り返ってもらえれば幸いです。

 

価値がある男を示したい

女性へのアプローチが上手く
いかない時期が長くなると、

段々と、自分に自信が
持てなくなってきてしまいます。

 

「やばい、俺、全然モテない」

「こんなんじゃ、愛しのあの子を口説き落とすことなんてできやしないぜ」

 

そんな思いから、非モテ男性が
取りがちなのが、

架空のモテ自慢

大盛りモテ自慢

です。

 

全く女性と接する機会がないのに、

「結構、俺、遊んでるんだぜ」

みたいな雰囲気を醸し出したり、

たまたま廊下ですれ違った時に、
軽く仕事の話をした程度で、

「あー、俺、○○ちゃんとは、結構仲良くしゃべるよ」

みたいな。

 

しかし、これ、

1億害あって0.01利なしです。

たいていは、ブラフ(はったり)で
あることがバレます。

 

なぜなら、

目の前にいる男性が
魅力的て女性にモテているとは
到底思えないからです。

または、全く興味を示されないか。

 

どちらにせよ、架空のモテエピソードを
披露したところで、目の前の女性への
アプローチにプラスになることは
一切合切ありません。

 

女性から男性の話が出た時の仕返し

これも超絶クソなのですが、

アプローチ中の女性が、どうにも
自分に冷たかったり、

他の男性とばかり仲良く
おしゃべりしていたりすると、

仕返ししたくなってきます。

 

別に、付き合っているわけではないので
全くのお門違いなのですが、

自分に振り向いてくれない女性に
対して、恨み辛みの気持ちを持つのは
よくあることです。

 

で、やるのが、

他の女性の話

です。

 

「いやー、○○ちゃん(他の女性)って可愛いよね~」

「○○ちゃんって人気あるよね。素直だしねー」

みたいな感じで、塩対応なターゲットに
対して、他の女性を褒めまくる。

 

これもクソです、カスです。

 

「こいつ私が相手にしてねーからって、情けない野郎だな」

と、ほとんどの場合は、
女性に見抜かれて格下扱いです。

 

女好きだがあくまで雰囲気

誤解をしていただきたくはないので、
最後にちょっとだけ触れさせて
いただきたいことがあるのですが、

ここまで、お話しさせていただいた
ように、女性からの好意が得られない
からといって、リベンジモテ話は
スーパーNGです。

 

しかし、他の記事でも
書かせていただいているのですが、

モテるためには、

女っ気

が必要です。

 

なので、あなたの背後に
複数の魅力的な女性が
いるような気がするという雰囲気
これはとても大きな武器になります。

 

しかし、重要なのは、
このような女っ気を言葉で表現するな
ということなのです。

女っ気とうのは、あくまで、
女性にモテそうであることを醸し出す
ことであり、

女性にモテることを言語化する
ことではありません。

 

なので、女性に対して、

「俺はモテるのだ」

ということを伝えたければ、

実際に複数人にアプローチをして
複数のセフレを保有したり、

リアルタイムで継続的に
女性を口説き落としてください。

 

これにより、あなたの身体からは
否が応でもモテオーラが発散され、
女性から、

「この人はモテそうだ」

「この人は魅力的だ」

「この人は何か素敵」

と思われるようになります。

 

結論としては、

女性へのアプローチが
上手く行かなかったら

他の女性を口説いて、
モテオーラをまとい
再度チャレンジする。

これを繰り返す。

これが最も確実にモテる男になる
方法と言えます。

 

以上でごわす。

 

きよぺーでした。

 

今ならまだ間に合う

その子はきっとあなたのものになる!