処女を口説く

 

きよぺーです。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

さて、今回は、
処女をサシ飲みやデートに
誘う方法についてお話しいたします。

いわゆる

処女の口説き方

ですね。

 

ちなみに、相手女性が
処女かどうかを確認する方法は、
こちらの記事で解説をしております。

処女か非処女かを3つのステップで確認する方法

 

さて、処女の誘い方という
ことなのですが、

基本的には、非処女…
おっと、失礼な言い方に
なってしまいました。

 

ごほん。

 

バージンでない女性と
口説き方は基本的には同じです。

女性をサシ飲みに誘う方法については、
こちらの記事を参考にしてください。

正しいサシ飲みへの誘い方

 

基本的な誘い方は、同じなのですが、
私は経験上、処女の状態で
ある程度の年齢を重ねた女性に
特有の「傾向」があることに
気がつきました。

 

これらのポイントを押さえつつ、処女を

3つのステップで誘い出す!

そして、口説く!

その方法について
お話しさせていただきます。

 

処女を口説くステップ1 いじりのラインを探る

当サイトでも何度も
お伝えしておりますが、

女性に最もモテるキャラは、

ユニーク+S

です。

女性に最もモテるキャラクターは何か

 

ユニークを基本として、それでいて
格上を維持するためSを醸し出す。

これがモテる上では、非常に有効になります。

 

ただ、Sといっても、
鞭でビシビシやったり、
ろうそくをたらしたり、
三角木馬に乗せたりするわけではありません。

 

女性に対するSで最も有効で簡単なのは、
女性を「いじる」ことです。

これにより、格の高さを維持しつつ、
女性を楽しませ、興奮させることができます。

 

しかし、いじるという行為は、相手が、

「自分はいじられているんだ」

ということを認識して、始めて成立します。

 

つまり、相手女性が、

「自分はいじられている」

という認識がなければ、

「自分はいじめられている」

となってしまうのです。

 

そして、特に処女はこの傾向が強いです。

 

なぜならば、処女には、
自分に自信がない方が多いから。

 

つまり、いじられるという
行為を受け止めるだけの
器ができあがっていないことが多いのです。

 

例えば、トーク中に女性が
噛んでしまったとします。

 

この場合であれば、

「あー、今、噛んじゃったね」

などといじるのが有効です。

 

この時、一般的に女性は、

「すかさず突っ込んでくれたな。面白いな」

と思ってくれるのですが、

 

自分に自信のない方の場合ですと、

「あ、私、ダメな女だ」

と自己否定を始めてしまうのです。

たやすく傷ついてしまうのです。

 

そんな女性に対して、
強いSを炸裂させれば、
口説くどころではありませんね。

処女は繊細なんです。

 

そのため、ちょっとSっぽくいじっても、

反応があまりよくない。

反応しない。

このような場合は、
接し方を少し変えましょう。

 

この時、重要なのは

「優しく柔らかい口調」

です。

 

優しさを前面に出し、
柔らかい口調でしゃべってみましょう。

もちろん、仕草や物の扱いなども
丁寧にすることが必要です。

 

で、ちょこちょことライトな
いじりを入れてみる。

優しい男を演じながら、面白がってくれる
ギリギリのラインを探りましょう。

 

処女を口説くステップ2 褒めることで関係性を温める

さて、優しい男性を演じながら、
いじりが成功するギリギリのラインを
探ることに成功したとしても、

実は、まだ、処女から
積極的に話しかけてくれるようには
ならないことが多いです。

 

なぜなら、

「処女は警戒心が非常に強い」

からです。

 

そう。

処女は男性を強く警戒しているんです!

 

一般的には、女性にとって、
学生時代や新人社会人時代は、
無敵にモテる時期です。

複数の男性から
積極的に誘われたりするでしょう。

もちろん処女も同様です。

 

しかしながら、このような時代を
くぐってきても、男性経験がない。

 

これは、つまり、

男性から誘われても、二人では飲まない

男性とは危険な雰囲気にならないように注意する

このようなスタンスでいるってこと。

 

つまり、

男性を超警戒してるってことです。

 

このような処女に対しては、
どのようなアプローチが有効なのでしょうか。

ただ優しいだけの男性では、
なかなか処女の警戒心は解けません。

 

では、どうすればよいのでしょうか?

 

それは、

褒めること

です。

 

先程も申し上げたように、
処女は自分に自信がありません。

 

実は、ここがポイント。

ここから切り崩すのです。

 

処女を褒めて褒めて褒めまくりましょう!

 

実は、一般的な女性に対しては、
褒めはあまり使わない方が良いです。

なぜなら、褒めすぎることで
こちらの「格」が下がるからです。

 

「自分も認めている魅力を褒めてくれる男性なんてたくさんいる」

「こいつも私のこと褒めてるのね、ザコキャラ君」

なんて思われてしまいます。

モテる男性とは「格が上の男性」である

 

しかし、今回の相手は、
自分に自信のない処女です。

 

「自分に魅力なんてない」

と自己嫌悪に陥っているのです。

 

なので、褒めます。

 

しかも、ただ褒めただけでは、

「どうせ、嘘なんでしょ」

と思われて終わりです。

 

なので褒めまくるんです。

 

しかし、この場合、直接的に、
容姿などを褒めるのはあまりお勧めしません。

 

それよりも、処女の

仕事上での気遣い

存在の素晴らしさ

このような見えにくい部分を攻めましょう。

 

例えば、

「このまえの資料にメモ入れといてくれたんだね。超わかりやすかったよ。ありがとう」

「いつも、打ち合わせコーナーとか拭いてくれてるよね。ありがとう」

「○○さんがいると、なんか、職場が明るくなるよね」

など。

 

また、逆に、処女のコンプレックスを
解除してあげるのも有効です。

 

まだ、男性に裸を見られたことがないため、
処女は自分の身体にも自信がありません。

 

ここで、ある程度、処女との
距離感が縮まっていると、相手から

「もっと、色白がいいな」

とか

「私、足太いんですよね」

などと、自分の弱い部分を
晒してくるようになります。

 

これが、超チャンスになります。

 

このような弱気を、
全力で、否定してあげましょう。

 

「え? 全くそんなことないけど」

「俺は、今の状態がすげー素敵だと思うけど」

などちょっと歯の浮くようなセリフでもOK。

効果があります。

 

このように処女を褒めまくっていると、
徐々に関係性が温まってきます。

すると、いつもは受け身なスタンスだった
処女が、自分から積極的に、
話しかけてくるようになります。

 

「今、その話いる?」

みたいな、どうでもいいようなトークを
してくるようにもなります。

ここまでくると、処女の警戒心を
消し去ったと言えるでしょう。

 

処女を口説くステップ3 ユニークに誘い出す

さて、いよいよ最期のステップ。

処女をサシ飲みやデートに誘います。

 

が、ちょっと重要なことがあります。

 

それは、処女の中には、

男女で二人きりで飲みに行く
というイベントを強く拒否する
女性が多いということ。

 

先程から申し上げているように、
処女は、男性を警戒しています。

 

しかしながら、異性に興味が
ないわけではありません。

しかし、二人で飲みに行くのはちょっと…

 

そう!

 

貞操観念です。

 

処女を処女たらしめているのは、
この貞操観念であることが多いのです。

 

「お付き合いもしていない男性と二人でデートなんて…」

なんて言って、誘いを
拒否してしまうこともあるのです。

いやあ、奥ゆかしいですね。

 

このような中、草食系男子が
多数を締め始めた昨今、

女性を情熱的に口説こうとする男性は
少なくなってきています。

 

ひと昔前までであれば、誘った女性に、

「いや、二人ではちょっと」

なんて言われても、

「いっじゃん! いっじゃん! 行こーぜ〜」

なんてチャラく誘ったのでしょうが、
現在は、そんな心の強い男性は稀です。

 

つまりは、処女はなるべくして
なっているということ。

 

このような女性に対して、
最も有効な誘い方は、

理由を作る

というやり方です。

 

例えば、仕事の相談とか、忘年会の相談とか。

このようなフォーマルな要件があれば、
真面目な処女は誘いに応じる可能性が高いです。

 

しかし…

 

これではダメです!

 

こんな誘い方では、飲みには行けるかも
しれませんが、その先がありません。

 

ちょっとでも迫ったりしたら、

「え? 仕事の話なんじゃないの?」

「何、ちょっと近くない?」

などと逆に超絶警戒され、
口説くどころではなくなってしまいます。

 

処女とキスをしたり

処女とセックスをしたり

これが我々の目的のはず。

 

なので、上記のような情けない
誘い方はしてはいけません!

 

では、どのように誘うのが、ベストなのか。

 

それは、

ユニーク

これに尽きます。

 

ここまで、処女との関係性が
温まっていれば、

あとは、こちらの魅力が伝わればOKです。

ただただ、楽しい誘いをしてあげましょう。

 

私がうまくいった誘いを一つご紹介すると、
狙っていた処女が『すみっコぐらし』
好きな子だったので

その子とのトークの途中で、

「そういえば、すみっコぐらしのトカゲが、○○駅の西口の隅にいたなあ?」

「今夜、見に行かない?」

という感じで誘いました。

 

優しさや柔らかさで、イジりのラインを探り、

褒めることで警戒心を解き、

ユニークで誘い出す。

 

これが処女を口説き、誘い出す、
王道的な流れになります。

ぜひ、頑張ってみてください。

 

きよぺー

 

きよぺーからのご案内