サシ飲みからホテルへ誘導する方法~3回目のデートでキスじゃない。初回でホテルだ~

 

きよぺーです。

ついに、たどり着いてしまいましたね。

当サイト最強の講義に。

 

今回は、エロい皆様が最も知りたいと願っている、

「サシ飲みの後に、ホテルに誘導する方法」

について、私がこれまでに身に付けてきた
ノウハウの「全て」をお伝えしようと
思います。

 

ですが、ご安心ください。

ノウハウの全てと言っても、
量が膨大であったり、
難しい内容があるわけではありません。

本当に効果的な誘導は
シンプルなものばかりです。

読んでいただければ「なるほど」と
ご納得いただけるようなものばかりでしょう。

 

また、一般的に女性をホテルに
連れ込むために、有効であるとされている、

  • 強引さ
  • 酒に酔わせる
  • マシンガントーク

などの「攻撃的」なテクニックも不要です。

 

むしろ、今の若い女性は、あまり自分を
さらけださない、おとなしいタイプが多いです。

そのため、上記のような攻撃的テクニックは
逆効果になってしまうこともあるでしょう。

 

もし、当講義をお読みいただく前に、
必要なものがあるとするならば、

「絶対に今夜、あの子を抱いてやる!」
という情熱

これがあれば十分です。

 

そのため、今回の講義は、
あなた自身が、狙っている女性と
サシ飲みの後、店を出たところ。

この状況を想像しながら、
読み進めていただきたいと思います。

 

「エアーホテル誘導」をしてみてください。

 

エアーとはいえ、
本気でやってくださいね。

 

その際、一つだけ助言を。

それは「格」

とにかく、その女性よりも
格上を維持した状態で、
ホテル誘導に臨んでいただきたいのです。

イメージだけで構いません。

 

こちらの記事でも
お伝えしておりますが、

相対的に、その女性よりも

あなたの方が格下ならば
ホテル誘導は失敗します。

逆に、

あなたの方が格上なら
ホテル誘導が容易に成功するでしょう。

 

想像してください。

狂おしいほどあなたを求める女性の姿を!

 

普段は服を着て、社会人や学生を
している女性が、

大人ぶっていて、すましていて、

「男子って下品」みたいなことを
言っている女性が、

裸になって、あなたを求めてくるのです。

 

いたる所を舐めあうのです。

 

50音では表現できない声をあげるのです。

 

ホテルへ誘導するとは、このような
「素晴らしい時間」を手に入れること
でもあります。

 

もちろん、それは女性も同じ。

その子にとって、忘れることのできない
ワンナイトラブをプレゼントしよう
じゃありませんか ^^

 

では、さっそく解説をさせて
いただきたいと思います。

今回は、店を出た後に行うべき行動を
シーン別に解説させていただきたいと
思います。

 

なお、今回の講義では、
ホテル誘導までを
順序立てて解説いたしますが、
必ずしも、その順序でなければ
ならないわけではありません。

場合によっては、
店を出て、そのままホテルへ
誘導してしまうこともありです。

 

逆に、今回お話しする順序どおりに
行動することが「不自然」に
なってしまうのであれば、
上手くいきません。

 

今回の講義でホテル誘導の基本を
学んでいただき、実戦で試していただく。

そのうえで、あなたらしい
スマートなホテル誘導アプローチを
確立していただきたいと思います。

 

そんなことも踏まえつつ、
今回の講義をお読みください。

では、始めます。

 

 

ホテル誘導 シーン1 店を出た直後

さて、まずは店を出た後です。

ここからは女性のノリによって
行動を変えていく必要があります。

以下で、女性の状態別にあなたが
取るべき行動を解説します。

 

女性のノリが良い場合 

まず、店を出た後
「女性のノリが良い場合」です。

最も理想的な展開といえます。

 

「ねえ、次どこ行く?」

「飲み足りないんだけど」

「もう、終わり?」

など、女性から次への行動を
促すセリフが出ていれば満点です。

 

このような状態でなくても、

  • 女性があなたに触れるか触れないかくらいまで近づいている
  • 女性から軽いタッチがある

これらも同様と考えていただいて結構です。

 

これらの場合は、店を出たところで
さっくりと手を繋いでしまいましょう。

 

軽く手を差し出すだけで
うまくいくと思います。

「散歩しよっか」などと言ってみても
良いかもしれません。

 

手をつないでさらにノリが良くなったのなら
言うことはありません。

熱が冷めやらないうちに、
次のアプローチに進みましょう。

 

しかし、手を差し出した瞬間に、
女性が戸惑ってしまった場合。

雰囲気を壊さないように、
ワンクッション必要になります。

 

「あれ、何か誤解してない?」
などと言ってみてください。

「えー?」とか「なんで?」とか
言ってくるかと思います。

 

そこで「手をつないでみればわかるよ」
とさらりと言います。

 

ちなみに手をつなぐ理由なんてありません。

でも、これで手をつないでくれる
ことも多いです。

 

女性を行動に促すには、
「論理」は必要ありません。

適当でもよいのです。

「男らしさ」さえ示せれば。

 

ここでノリ良く手が繋げたのであれば、
シーン2で解説している
「キスアプローチ」に進んでください。

 

一方で、上手く手が繋げなかった場合。

状況を整理する必要があります。

最も避けるべきなのは、次の日以降、
関係性が壊れてしまうこと。

 

これ以上は危険と判断したのであれば、
この日のアプローチは終了にするのも
選択肢の一つとしてはあるかと思います。

このサシ飲み後のアプローチを
仕掛けたこと自体に大きな意義があります。

改めて力をつけてから、
再度挑戦してみましょう。

 

大丈夫です。

 

私は数百回も失敗しましたが、
まだ、生きてます(笑)

ここで、ホテル誘導を諦める場合は、
「これ以上の進展は難しい場合」に
飛んで、スマートな飲みの終え方を
身につけてください。

一方、まだ粘れる状態であれば、
次の「女性が冷静な場合」を
参考に行動してみてください。

 

女性が冷静な場合

店を出た後、女性が冷静なままだった場合。

この時、無理に手をつなぐことを
促すのは危険です。

 

当然ですが、手をつなぐことが
目的ではありません。

あくまで、手をつなぐのはホテル誘導を
加速させるための手段なのです。

この最終局面で、これまで積み上げてきた
雰囲気を壊してはいけません。

 

私の場合、女性が冷静であれば、
カラオケに誘います。

「カラオケでも行こっか」

「ちょっと歌いたいなぁ。付き合ってよ」

「俺の歌聞きたい?」

「何、歌いたいの?」

上記のように、誘い方はなんでもいいので、
サクッと誘ってみてください。

ここまでで、特にミスがなければ、
女性はカラオケについてきてくれます。

 

ただし、女性がカラオケに
行くようなタイプではない場合。

無理にカラオケに誘うのは、
やめておきましょう。

心地よい環境では
なくなってしまいますので。

カラオケがダメなら、別の飲み屋に
誘導しても良いと思います。

「もう一杯だけ行こっか?」

この場合も、こんな感じで
さっくりな誘い方で構いません。

 

このように、手が上手く繋げなかった場合、
カラオケや2件目の店に行くこともあり得ます。

そう言った意味でも、サシ飲み自体は
早めに切り上げるのがベターなのです。

 

こちらの記事で解説しているとおり、
サシ飲みの理想は90分から120分程度。

盛り上がりの鮮度も保て、
その後のアプローチに割ける時間も
確保出来ます。

 

これ以上の進展は難しい場合

さて、ここで、手をつなぐことも
他の場所に行くことも難しい場合。

この日は消耗戦(サシ飲み失敗)で
終わったと思っても良いと思います。

 

次への行動に誘ってみて、

「今日は、もう帰ります」

「明日、早いから」

このように返された場合は、
無理をしない方がよいでしょう。

 

女性があなたの誘いに乗ってこなかった。

その一番大きな原因は、サシ飲みで女性に
「心地の良い空間」や「感情の高ぶり」
を作り上げられなかったことです。

 

とにかく、消耗戦で終わってしまったときは、
その女性との関係性を「ダメージ0」で
済ませることが非常に重要です。

誘導が無理と確信したのであれば、
すぐに、あなたのキャラを
「紳士モード」に切り替えてください。

紳士的に優しく丁寧に駅や
タクシー乗り場まで送ってあげましょう。

 

このような振る舞いに、
女性はドキドキを感じます。

嫌な印象を与えていなければ、
容易に、再度のサシ飲みに
チャレンジできます。

 

そう!

大丈夫です!

 

先ほども申し上げたように、
今回が消耗戦で終わったとしても、
力を付けて再度挑戦すれば良いだけの話です。

 

私も多くの消耗戦を経験してきました。

しかし、この消耗戦をきちんと
振り返り、反省することで
あなただけの貴重な経験値となるのです。

決して「無駄」にはなりません。

 

むしろ、気をつけるべきなのは、
しつこく粘って、無理やり手をつないだり、
次のお店に半ば強引に
連れていくような行動です。

このような暴挙は、
絶対にしてはいけません!

 

女性があなたの誘導を断っている時点で、
これから先、あなたと一緒にいることは、
女性にとって「苦痛」であると
認識してください。

 

「この子はおとなしい女性だから、
  多少強引に引っ張って行かないと」

などと、勘違いしないでください。

 

こちらの記事
お話しいたしましたが、

「その女性の幸せを考えてあげること」

これが女性を口説く原則であることを
忘れないでください。

 

 

ホテル誘導 シーン2 キスアプローチ

おまたせしました。

では、上手に手を繋げた場合や
カラオケに入った場合は、
いよいよ、次のステップに進みます。

 

「キス」です!

 

ホテル誘導の山場と言って良いでしょう。

そのため、じっくりと
細かく解説をさせていただきます。

 

まずは、女性という生き物の
「原則」をお話ししておきましょう。

原則、女性は彼氏や夫以外の男性に
自らを抱かせることはありません。

社会的側面はもちろん、
本能レベルでも女性は男性よりも
自分を大事にします。

貞操観念という言葉の通り、
無節操に男性に抱かれる訳には
いかないのです。

(この講義では、女性についての
  生物学的な解説は割愛させていただきます)

 

しかし、「性のスイッチ」が入り
「セックスモード」に突入した後は、
男性も女性も変わりはありません。

こうなると、女性からも
積極的に男性を求めるようになります。

非常に極端な変わりように、
初めて目の当たりにした男性は
驚くことでしょう。

 

そして、その性のスイッチがONになる瞬間。

それが「キス」なのです。

 

そのため、ホテル誘導を狙う際に、
いかに上手く「キス」をするのか、
ということが最も重要になります。

 

もうゴールは目の前まで来ています。

では、キスアプローチについて
詳しく見ていきましょう。

 

暗がりでキスを迫ってみる

まず、路上で手をつないでいる場合から
解説をいたします。

 

キスをするために考慮すべきは
周囲の状況です。

はっきり申し上げると、
明るい場所はキスに不向きです。

 

なぜなら、他人の目がある場所や、
明るい場所では女性が躊躇(ちゅうちょ)
してしまうからです。

 

そのため、暗い場所への誘導が
ポイントになってきます。

 

今回は、飲屋街や歓楽街で手をつないで
歩いているところを想定してお話しします。

この場合「ちょっとこっちおいでよ」
暗がりへ誘い込むのがよいでしょう。

ビルの合間や、路地裏ちっくなところですね。

このオファーについて来るようであれば、
キスは容易です。

 

ベンチなどを利用する

歩いているコースにベンチなどがあれば、
これを利用しましょう。

「ちょっと座っていい?」と言って、
座ります。

この時、軽く手を引く感じでも良いでしょう。

 

あくまで軽くです。

 

ベンチに座った後。

周りに人の目が気にならないような
状況であれば、そのまま横に座っている女性に
キスをしてみましょう。

 

コツは、一瞬、唇の手前で顔を止めること。

 

このことによって、
女性のOKサインがわかります。

 

顔を止めたときに、女性が
顔をそむけた場合は、少し注意です。

このケースは、この後「カラオケ」の
シーンで解説します。

 

ベンチに座るなどした後は、
ほぼ間を置かず、キスする必要があります。

女性側に「思考」をさせてはいけません。

会話するなんてもってのほかです。

非日常の演出を忘れないでください。

 

カラオケの個室でキス

さて、次はカラオケBOXに入った場合の
キスアプローチの解説です。

もちろん、ご理解いただいていると
思いますが、カラオケの目的は、
ミスチルを熱唱することではありません。

女性とキスをすることです。

 

そのため、二人で絶え間なく、
曲を入れ続けるような雰囲気には
しないでください。

1、2曲づつ歌ったところで、

「何か、一緒に歌う?」

「○○歌ってよ」

などと、トークを挟んでください。

 

ちょっとしたトークモードになれれば、
上出来です。

この後は、選曲でリモコンを
二人でいじることで距離を縮めてください。

そして、少々不意打ち気味に
キスを迫ってみましょう。

 

ただし、勢い良く迫ると、
女性が怖がってしまうので、
やはり、キスの寸前で一度顔を止めます。

この時、女性にアクションが無ければ、
そのままキスをしてしまいます。

 

一方で、女性が顔を避けるようであれば、
ひと工夫が必要です。

「あれ、キスすると思った?」
などとごまかしたり、

「キスなんてしないよ」と言って、
女性を安心させてください。

そして、隙を見て再度顔を近づけ
「何もしないよ」などと言って
キスをしてしまいましょう。

 

ただし、再度顔を近づけた時に
やはり顔を背(そむ)けられたら、
キスはやめておいた方が無難でしょう。

「あれ、キスしたいって
  言ってなかったっけ?」

などとユニークで誤魔化すのが
ベターかと思います。

 

口説きには多少の攻めが必要ですが、
強引に行けば女性を傷つけることに
なりかねません。

この見極めを是非慎重に行ってください。

今回は上手くいかなくても、
まだチャンスはあります。

 

キスのコツ

ちなみに、意外に重要なので申し上げると、
最初のキスは「ソフトキス」が効果的です。

舌を入れるようなキスはしない方が、
この先の誘導がスムーズです。

 

それは、ソフトキスによって
「余裕」を示すことができるからなのです。

女性にとっては、唇が触れるか触れないか
くらいの軽いキスをされることで、
ここから先の期待が高まるのです。

 

逆に、舌を入れて女性を
その気にさせてやろうという意識でいると、
こちら側の余裕の無さや
底の浅さが伝わってしまいます。

ここまでは、ユニークなキャラで
来ることが理想的です。

しかし、キス以降は大人の余裕で
引っ張っていくことが重要になります。

言葉数も意識して少なくしていきましょう。

重要なのは、非日常の演出です。

 

 

ホテル誘導 シーン3 ホテルに誘導する

ついにここまできましたね。

いよいよホテル誘導の解説をに入ります。

 

と言っても、キスをすることができていれば、
ほぼ勝負は決しています。

後は女性の背中を押して上げる
程度の感覚です。

 

もし、キスに成功していなくても、
十分に非日常的雰囲気が漂っているのなら、
ホテル誘導を試してみても構いません。

 

私自身、キスなしでホテルへ入ったことも
多々あります。

 

キスは、ホテル誘導における
潤滑油のようなものです。

キスをしていなくても、今回の講義の
冒頭でお話ししたように、

  • 格上
  • 男らしさ
  • 非日常感

これらが、維持されていれば、
ホテル誘導は容易に成功します。

 

では、解説します。

 

まず、ホテル誘導に、
凝ったセリフは不要です。

セリフは、
「どっかで飲み直そっか」
「コンビニでお酒でも買ってゆっくり飲もうか」などで十分。

これらのセリフで女性は
どこへ連れて行かれるのか理解するハズです。

 

しかし中には「どこで?」と聞いてくる
女性もいます。

その場合は「楽しいよ」などと言って
はぐらかしておきましょう。

 

いいですか!

ここから先は非日常の世界なのです!

 

日常で使用するような
具体的な言葉はもはや不要です。

「ホテルにいくよ」とか
「朝まで一緒に居たい」など
個別具体的なセリフは不要です。

このようなセリフは男らしさとは言えません。

 

女性が一緒についてくる限り
言葉はいりません。

そのままホテルへ入りましょう。

たいてい、女性は無言でホテルへ
入ってくれます。

 

ただし中には「ダメですよー」とか
「えー、まずくないですか」とか
言ってくる女性もいます。

言葉では拒否を表しているわけですね。

しかし、このような言葉は
無視してしまっても構いません。

 

誤解のないように申し上げると、
何も女性を強引にホテルへ連れ込めと
言っている訳ではないです。

ホテルの前まで来て、
女性の言葉の額面通りに受け取り
「やっぱり駄目だよな」なんて
諦める必要なないということです。

女性は拒否の言葉を示しつつも、
背中を軽く押してあげれば、
ホテルへ入ってくれます。

 

女性は、男性と違って
「悪いこと」を「誇らしい」とは思いません。

男性であれば、
過去の悪いことを自慢することもできますが、
女性はそのようなことはありません。

男性と女性とでは、そのあたりの
「倫理観」が180度ずれているのです。

 

もちろん、女性もHに興味が
ないわけではありません。

ホテルへの誘いがあれば、
罪悪感や背徳感を持ちつつ、
ついてきてくれる訳です。

 

ホテル誘導の時にイメージすべきは、
女性を包み込むような大らかで
余裕のある雰囲気の男性。

「どっかで飲み直そうか」と告げ、
女性の返事を待たずにゆっくりと
ホテルへ向かう。

あなたが手に入れるべき男性像は
まさにこれです。

何度も申し上げますが、ここまで来たら、
ユニークさや言葉数は抑えましょう。

 

 

 

ホテル誘導の極意

さて、では最後にホテル誘導の
極意をお話しいたします。

 

現在、私きよぺーは、
この極意を身につけているからこそ、

サシ飲みからホテルへの誘導を
何の苦労もなく出来ている
と言っても過言ではありません。

 

また、この極意は、
ホテル誘導に限らず、
サシ飲みに誘う際にも
当然に効果を発揮するものです。

口説き全般に使えるもの
ということです。

 

では、

その極意とは一体なんなのか!?

 

それは

「100%勝てる状態で口説く」

ということです。

 

「きよぺー! てめー、ふざけてんのかあ!」

 

ちょ、ちょっと待ってください!

詳しく説明いたします。

 

通常、男性の多くは、
サシ飲みに誘う際やホテルに誘導する時。

どういった気持ちで
アプローチしているでしょうか。

 

恐らくは、

「頑張って、頑張って、
  なんとかサシ飲みに誘う」

「頑張って、頑張って、
  なんとかホテルに誘導する」

こんな感じではないでしょうか。

 

イメージとしては、とても高い壁に
よじ登るような感覚ですね。

 

でも、これが駄目なんです!

だから、誘いや誘導に失敗するんです!

女性をモノに出来ないんです!

 

辛い話ですが、これが現実なのです。

 

実は、女性へのアプローチに
失敗する原因。

それは「頑張っている」からなんです。

 

頑張って、努力して、
なんとか女性を口説こうと
すればするほど失敗します。

 

あなたも経験があるかもしれません。

頑張って、苦労して、
何とかサシ飲みにこぎつけた場合に限って、

全く口説けない

何の進展もない

なんてことが。

 

では、なぜ頑張ると女性を
口説くことが出来ないのか。

 

その理由は簡単です。

 

それは「頑張る」ということが
格下からのアクションであるからです。

これまで、何度もお話ししてきたように、
女性は格下の男性には口説かれません。

よって、頑張ってアプローチして、
上手く、壁をよじ登ったとしても、

崖の上に立っている女性から
蹴り落とされるわけです!

 

格下男性からのアプローチは、
成功することはないんです。

 

では、私はどういった気持ちで
女性を誘い、そして誘導しているのか。

 

それは

「ただ背中を押してあげるだけ」

という感覚です。

 

他の男性が断崖絶壁を登るように、
女性をサシ飲みに誘い、
ホテルに誘導している中、

私は、ヘリコプターから
崖の上にさっそうと
舞い降りているんです。

 

つまりは「100%勝てる状態」で、
なんの躊躇やストレスもなく、
ただ、飲みに誘い、
ホテルに連れ込んでいるんです。

 

「それができたら苦労しねえよ」
って感じですよね。

 

わかります。

でも、そうなのだから仕方ありません。

 

もしかしたら、経験がある方も
いらっしゃるかもしれませんね。

たやすく飲みに誘えた女性と、
流れで、キスしちゃったとか、
ホテルに入っちゃったなんてことが。

そんなものなんです。

口説きというものは。

 

しかし、我々は、このようなケースを
「偶然」ではなく、
「必然」にしなければなりません。

全てのアプローチで、
100%勝てる状態にしたいわけです。

 

そして、このようなことを可能にするのが、
当講座で何度も申し上げてきた
「格上感」や「非日常感」
をまとったトークなのです。

 

格上な男性からのアプローチゆえに、
女性はたやすく誘いに乗ります。

非日常的な雰囲気が出ているからこそ、
非日常的なワンナイトラブが
可能になるのです。

 

 ‥‥と、こんな説明を
一方的にしてしまいましたが、

私も初めから自信にあふれた
トークなど出来ませんでした。

しかし、ある武器を手に入れたとたん、
あっという間に、女性が
口説けるようになりました。

 

冒頭お話ししたように、
サシ飲みの時点で
女性の感情を高めることができているため、
ホテル誘導は非常に簡単になります。

上記でいうと「ノリが良い状態」
で飲み屋を出てこれるというわけです。

これらを可能にするのが、
こちらの記事で紹介している教材です。

→ きよぺーが手に入れた武器

 

自分でも驚くほど短期間で、
女性をホテルに誘導し、
甘い朝を迎えることが出来ました。

しかも、
職場や習い事先などにいる女性や、
その日会ったばかりの女性など複数人を。

数年前まで、コンビニの店員さんの
目も見れなかった私が、
このような結果を出すことが出来たのです。

あなたならどれほどの効果があるのか‥‥

 

もし、あなたが、
気になる女性を好きな時に、
好きなように抱きたいのであれば。

騙されたと思って、
ぜひこちらの記事を全部読んでみて下さい。

→ きよぺーが手に入れた武器

 

それではまた。

きよぺーでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ