きよぺーです。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

今回は、

女性にアプローチや口説きを行う時は、
見えざる波を見抜き、上手く乗りこなそう!

というお話をさせていただきます。

 

女性へのアプローチが上手い男性は、
女性に話しかけるタイミングや
攻め時を見抜くのが得意です。

そんなお話をば。

 

女性の状況を観察してもあんまし意味はない

さて、みなさんも、エロいことを
実現するために、日ごろ、

職場の女性などに対して、
声かけなどを行っていると思います。

 

そして、できるだけ、話しかけやすい
タイミングを見計らって、

「お疲れ~」

とか言ってらっしゃるのだと思います。

 

しかし、同じように声かけをしても、

女性から好反応が得られる時もあれば、
女性から塩対応をされるときも
あるかと思います。

 

そんな時、皆さんは、
どう感じるでしょうか?

 

「お、俺の声かけのレベルも上がったな」

「今日は、機嫌がいいのかな」

「今、忙しかったかな」

「やばい、俺、嫌われているかも」

など、様々な思いを巡らせて
いらっしゃることと思います。

 

しかし、数百回数千回の声かけを
してきて、私の感じているところでは、

女性の忙しさ

女性の機嫌

などは、アプローチとは
あまり関係がないように思うのです。

 

と、申しますのも、例えば、

職場の女性がいかに仕事が忙しそうでも、
声かけをした後、

めちゃくちゃ話が盛り上がって、
じゃあ、飲みに行きましょうと
話が発展することもありますし、

一撃必殺で塩対応を
されるときもあります。

 

女性の機嫌についても同様で、

しかめっ面している時であっても、
声かけが成功するときもあれば、
失敗するときもあるのです。

 

とはいえ、女性の内心では、

忙しそうに見えて忙しくなかったり、

機嫌が悪そうに見えて、
そうでもなかったりするかもしれません。

 

ってことはですね、

結局、女性が今、どのような状況にあって
どんな心境なのかなんて、
考えるだけ無駄ってことなのです。

 

アプローチが成功するかどうかは「波」にかかっている

では、女性にアプローチを
するにあたっては、どのようなことに
気を付ければ良いのでしょうか?

それは、

です。

 

女性に声かけをする時、

女性と会話をしている時、

女性を誘おうとする時、

アプローチをするその場には、
見えざる波が漂っているのです。

 

ただ、これは、女性の波ではありません。

女性とあなたとの間に漂っている波なのです。

 

なので、ある特定の女性に対して、

あなたが声をかけたら、
とてもフランクに会話ができた

ってこともあれば、

他の男性が声をかけたら、
結構、塩対応ってこともあるのです。

 

逆もまたしかりです。

 

これだけ聞くと、

「話しかけた男性が好かれているのか、嫌われているのかの違いではないか?」

と思ってしまいそうですが、
私は、そうではないと考えています。

 

もちろん、女性には、男性個々人に
対しての、好き嫌いはあるでしょう。

しかし、アプローチ中には、
そのような感情とはまた別の、

波的なものがあるのです。

 

二人の間にただよう波を上手く乗りこなそう

このとこがわかっていると、
女性へのアプローチへの
取り組み方が変わってきます。

 

例えば、職場のターゲットの
女性に対して、声かけをして、

ちょっといまいちな反応だった場合、

「今は、良い波が来ていないな」

と判断し、適当に二言三言
会話をして、その場を去る。

 

そして、別の日に、声掛けをして、
どうも、会話が乗っているなと
判断すれば、

場合によっては、会話の流れの中で
サシ飲みに誘ってしまう。

 

このようなことも可能になります。

 

例えば、以下のような感じでしょうか。

 

【悪い波の場合】

「お疲れー」

「お疲れ様でーす」

「(視線が合わないな)あれ、仕事頑張ってんの?」

「まあ、それなりに」

「(疲れているような感じではないが、反応がいまいちだな。でも、何か愚痴を聞いてほしいモードかもしれないな))あれ、もしかして、疲れている?」

「いや、普通ですよ」

「(ああ、今回は波が悪いな。退散しよう)なるほどねー。じゃあ、また」

「はい、お疲れ様です」

 

【良い波の場合】

「お疲れー」

「あ、きよぺーさん」

「もしかして、仕事してんの?」

「当り前じゃないですか」

「本当は、そこに突っ立ってるだけでしょ」

「あ、分かりました?」

「(おお、これはいい波がきてるな)もしかして、部長待ち?」

「いや、突っ立ってるだけですね」

「(会話が続けられそうな感じだな)信号機的な?」

「(笑)」

「赤信号でしょ」

「別に、(服は)赤くないし」

「顔が」

「うるさいですよ」

「(このまま誘ってみるかな)ごめん、今年一番反省してます」

「反省してください」

「じゃあ、いつ飲みに行こうか?」

「えー?」

「謝罪したいので、飲みに行こうよ」

「いきなり(笑)」

「いきなりステーキ行きたいの?」

「あ、いいですね。私、行ったことない」

「じゃあ、明日行こうか」

「本気で?」

「本気と書いて、ほんき」

「(笑)いいですよ」

「いきなりステーキ立ち食いだけど大丈夫?」

「え? 立って食べるんですか?」

「それが売りだから」

「へー」

「まあ、歩きながら、決めようか」

「そーですね」

「じゃあ、明日で」

 

と、こんな感じでしょうか。

 

良い波を感じたら、一気に攻めてください。

素敵な波は、その時だけかもしれません。

 

女性からしたら、
気が付いたら、誘いに乗っていた。

これが理想形です。

 

是非、波を感知する能力を
身につけていただきたいと思います。

 

きよぺーでした。

 

『サシ飲み会話具体例集(待ち合わせから夜のお誘いまで)』のご案内

ついに!

女性へのアプローチにおいて
必須のイベントである

サシ飲み

を具体的な会話例と共に
完全解説した記事が完成。

ついに、きよぺーのサシ飲みの
全容が明らかになりました。

ワンナイトラブが成功する
サシ飲みとは一体どのようなものなのか?

『サシ飲み会話具体例集(待ち合わせから夜のお誘いまで)』のご案内

きよぺーが「note」デビューいたしました!『サシ飲み会話具体例集(待ち合わせから夜のお誘いまで)』のご案内

ツイッター始めました

きよぺーがツイッターを始めました。

短い文章にモテのエッセンスを注ぎこんでおります。

当ブログでは見られない、きよぺーを是非お楽しみください。

きよぺーのTwitterを覗いてみる

毎日結構つぶやいてます