小さな成功体験

 

きよぺーです。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

現在の話でなく恐縮ですが、
私は以前、プレゼンを主体とした
仕事をしていました。

 

成功が積み重なる

少人数もあれば、数百人を超える
大人数もある。

いわゆる、発表者、プレゼンターのような
仕事です。

 

もともとそんな業務とは
思っていなかったのですが、
だんだんと、やらされるようになった。

そんな感じです。

まあ、もちろん、それ以外の
業務もありましたが。

 

しかし、私は、

当サイトでも何回もお伝えしているように、
もともと対人恐怖症の権化のような
男でした。

 

当然、人前に出ると、
魂が抜けるような思いです。

…わかりにくいですね。

 

いわば、四方八方から、体中を
万力で「ぎゅー」って潰されるような、

…わかりにくいですね。

 

クラピカに心臓を鎖でぐるぐる巻きに
されたウヴォーギンような、

そう、そんな感じです。

 

とにかく、生きてる気もせず、
当然、喋りなんてできる訳ないって
感じなんです。

 

「俺、オワタ」

 

って、感じで、壇上に立ち、
喋り始めるのですが、

 

あれ?

意外に?

喋れるんです。

 

で、終わった後、私のプレゼンを
聞いてくださった方から、

職場の後輩から、先輩から、

「いやあ、うまかったね」

なんて言われると、もう有頂天。

 

さっきまでのクラピカの念能力は
どこからに消え去り、

次の現場では、自身満々に
しゃべれてしまう訳です。

 

これこそが、

成功体験

ですね。

 

人間なんて、

特に、男性なんて、

超単純なんです。

 

たった、1回褒められただけで、
たった、1回の成功で、

まるで違う自分になれちゃう訳です。

 

女性へのアプローチで成功体験を積み重ねる

女性へのアプローチでもそうです。

 

職場の女性をサシ飲みに誘う際に、
たった一回、

声かけでその女性が笑ってくれたら、
サシ飲みにOKをしてくれたら、

もうそれだけで、成功体験ゲット。

 

「俺は、サシ飲みに誘うのが得意」

ってな感じになる訳です。

 

ナンパだってそうでした。

 

私が女性を口説け始めた時期、
結構積極的に、女性に声かけしていた時、

喫茶店で近くに座っていた女性が
とてもタイプだったんですね。

 

黒髪

はっきりした顔立ち

ムッチリした体格

 

超タイプです。

 

「今、話しかけなければ、一生後悔するであろう!」

なんて心の中で叫んでました。

 

しかし、まだ知らない女性に対して
声かけの仕方なんてわかりません。

 

でも私は、動きました。

 

その女性が店を出た後、私も店を出て、

そして

 

「す、すいません」

「え?」

「あ、あの…さっきの喫茶店で、近くに座っていた者なんですが…」

「(女性構えてる)」

「その、ちょっと気になってしまって。その、あのお酒でも飲みに行きませんか?」

 

いやあ、いいですね。

今の私にはできない、清純系ナンパですね。

 

で、この私に対する女性の答えが、

「私、結婚しているんで、飲みには行けませんけど、ありがとうございます」

と言って、笑顔で去っていったんです。

 

これの捉え方は、人それぞれかと思いますが、
少なくとも私は、

その現場で、その女性の雰囲気を見ていた
私は、

この女性がとても
喜んでくれていたと思いました。

 

いきなり声をかけた私が、
この女性を笑顔にし、喜ばせた。

もう、とんでもない成功体験な訳です。

 

今、ちょっと、この時以上の
成功体験を思い浮かべることができません。

それほどの衝撃を私に与えました。

 

「俺が声をかけて、女性は喜ぶんだ!」

そう確信した瞬間でした。

 

それから私は、常に、
女性を喜ばせるようなアプローチを心がけ、
女性を幸せにする口説きを実行していきます。

 

「女性を遊ぶ」のではなく、
「女性と遊ぶ」のです。

一緒になって楽しむのです。

 

この意識があれば、
女性へのアプローチに「苦」はありません。

 

誘い、口説き、誘導、

その全てで女性に喜びを与えている。

そう思って行動すれば、
悩むことはありません。

 

ただ「楽しいこと」を一緒にしている。

こんな感覚が非常に重要です。

 

そのためにも、ほんの小さな
もので構いません。

小さな小さな成功体験をつかんでください。

 

それがいずれ、とても大きく
あなたを成長させてくれると思います。

 

きよぺーでした。

 

きよぺーからのご案内