LINEは「誘いのツール」か「蜘蛛の糸」

 

きよぺーです。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

さて、今回は、気になる女性と

「LINE」

についてお話しさせていただいます。

 

一般的な男性は、気になる女性と、
出来る限り「LINE」を交換しようとします。

よく、

「ああ、俺、◯◯さんとLINEやってるよ」

「俺、◯◯ちゃんのLINE知ってるから電話しとくわ」

というような、自慢気な同僚・同級生の
言葉を聞いたことがあると思います。

 

要は、女性とLINEを交換している状況を

「一歩進んだ状態」

であると認識しているわけですね。

 

しかし、

そんなことはありません。

 

LINEを交換している状態は、
その女性との関係性において

なんら進んだ状態ではありません。

 

つまり、

 

全く自慢出来る要素はないのです。

 

 

では、LINEをどのように捉えるべきなのか。

私は、LINEを
次の2つの視点でしか利用していません。

1 誘いのツール

2 蜘蛛の糸

この二つです。

 

 

LINEで口説かない。誘うだけ

まず、1点目。

LINEは、ただの

「誘いのツール」でしかない、

ということです。

 

女性が口説けていない男性の多くは、
ここの認識が欠けています。

LINEは、あくまで連絡先。

「口説きのツール」ではない

ということです。

 

私の知り合いにもいるのですが、

気になる女性に対して、
LINEで長々と文章を送っている男性。

LINEを使って、一生懸命
口説こうとしているわけです。

 

クソめんどくさいです!

 

 

LINEが世間に出始めた当初は、まだ
口説きのツールとしての効果はありました。

それは、LINEがまだ

「特殊なツール」

だったからです。

 

LINEでやり取りする、そのこと自体が
楽しく、魅力的だったのです。

そのため、LINEで、文章で口説くことも
出来ていました。

 

ですが、今やLINEは一般化しています。

つまり、特殊なツールではないのです。

 

 

で、話を元に戻しますが、
LINEで口説こうとしている男性は、

 

クソめんどくさいです!

 

職場や、学校で会える仲であるにもかかわらず、
夜な夜なLINEを送る。

うっとうしいです、マジで。

 

喋ってください、実際に。

 

いいですか!

我々が目指しているのは、
最終的には、セックスです。

つまり、

リアルです。

 

そのため、いかにLINE上で、
盛り上がったとしても、

実際に会って、しゃべった時に、
なんの魅力も伝えられなかったら、

意味がないんです。

 

LINEは、

誘いのツールです。

口説きのツールではありません。

 

 

私は、リアルに、実際に会って
飲みなどに誘うタイプですが、

それが、なかなか難しい状況もあります。

 

そんな時は、LINEを使って誘う。

職場や学校で会えるような状況の
女性に対しては、そんな使い方くらいですね。

 

ただ、女子的に、ただ、会話を楽しむように、
LINEをしているのであれば、別です。

LINEでのやりとりを楽しんでください。

ただ、相手女性があなたとの
LINEのやりとりを楽しんでいるかは
わかりませんが…

 

 

LINEは「蜘蛛の糸」

もう一点。

LINEには重要な使い方があります。

 

それは、

「蜘蛛の糸」です。

 

あなたは、「蜘蛛の糸」知ってますよね。

芥川龍之介さんの代表作ですね。

 

ただ、LINEの効果である蜘蛛の糸は、
この作品のあらすじとは無関係です。

 

言いたいことはただ一つ。

「かろうじて繋がっている関係」

これです。

 

私たちは、人生において、
たくさんの女性と知り合いになるわけですが、

ほんの一瞬の繋がりしかない女性も
たくさんいます。

 

その中には、

魅力的な女性、

自分と相性ぴったりの女性

様々です。

 

そして、そのような女性たちは、
放っておけば、二度と会うことはありません。

職場や学校の女性であれば、
次の日以降、会えなくなるということは
ほぼありません。

 

しかし、

ビジネス上でのお付き合い

習い事先の女性

たまたま出会った女性

このような女性とは、
次の日以降、必ず会えるとは限りません。

 

このような状況で、その女性と
関係性を深めたいと思うのであれば、

蜘蛛の糸一本繋いでおく他ありません。

 

このような場合においては、
LINEは強い効果を発揮するでしょう。

また会えるかな、なんて思っていたら、

「実は、もう二度と会えなかった」

なんてこと、ざらにあります。

 

なので、狙っている女性が、
職場や学校、これに準じるような

次の日以降会えることが
ある程度担保されている関係でなければ、

LINEは交換しておいた方が良いでしょう。

 

きよぺーでした。

 

このページの先頭へ