隣の席の子とLINE

 

きよぺーです。

 

あいつよりモテるブログ!

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

さて、今回は、気になる女性と

「LINE」

についてお話しさせていただいます。

 

一般的な男性は、気になる女性と、
出来る限り「LINE」を交換しようとします。

よく、

「ああ、俺、◯◯さんとLINEやってるよ」

「俺、◯◯ちゃんのLINE知ってるから電話しとくわ」

というような、自慢気な同僚・同級生の
言葉を聞いたことがあると思います。

 

要は、女性とLINEを交換している状況を

「一歩進んだ状態」

であると認識しているわけですね。

 

しかし、

そんなことはありません。

 

LINEを交換している状態は、
その女性との関係性において

なんら進んだ状態ではありません。

 

つまり、

 

全く自慢出来る要素はないのです。

 

 

では、LINEをどのように捉えるべきなのか。

私は、LINEを
次の2つの視点でしか利用していません。

1 誘いのツール

2 蜘蛛の糸

この二つです。

 

 

LINEで口説かない。誘うだけ

まず、1点目。

LINEは、ただの

「誘いのツール」でしかない、

ということです。

 

女性が口説けていない男性の多くは、
ここの認識が欠けています。

LINEは、あくまで連絡先。

「口説きのツール」ではない

ということです。

 

私の知り合いにもいるのですが、

気になる女性に対して、
LINEで長々と文章を送っている男性。

LINEを使って、一生懸命
口説こうとしているわけです。

 

クソめんどくさいです!

 

 

LINEが世間に出始めた当初は、まだ
口説きのツールとしての効果はありました。

それは、LINEがまだ

「特殊なツール」

だったからです。

 

LINEでやり取りする、そのこと自体が
楽しく、魅力的だったのです。

そのため、LINEで、文章で口説くことも
出来ていました。

 

ですが、今やLINEは一般化しています。

つまり、特殊なツールではないのです。

 

 

で、話を元に戻しますが、
LINEで口説こうとしている男性は、

 

クソめんどくさいです!

 

職場や、学校で会える仲であるにもかかわらず、
夜な夜なLINEを送る。

うっとうしいです、マジで。

 

喋ってください、実際に。

 

いいですか!

我々が目指しているのは、
最終的には、セックスです。

つまり、

リアルです。

 

そのため、いかにLINE上で、
盛り上がったとしても、

実際に会って、しゃべった時に、
なんの魅力も伝えられなかったら、

意味がないんです。

 

LINEは、

誘いのツールです。

口説きのツールではありません。

 

 

私は、リアルに、実際に会って
飲みなどに誘うタイプですが、

それが、なかなか難しい状況もあります。

 

そんな時は、LINEを使って誘う。

職場や学校で会えるような状況の
女性に対しては、そんな使い方くらいですね。

 

ただ、女子的に、ただ、会話を楽しむように、
LINEをしているのであれば、別です。

LINEでのやりとりを楽しんでください。

ただ、相手女性があなたとの
LINEのやりとりを楽しんでいるかは
わかりませんが…

 

 

LINEは「蜘蛛の糸」

もう一点。

LINEには重要な使い方があります。

 

それは、

「蜘蛛の糸」です。

 

あなたは、「蜘蛛の糸」知ってますよね。

芥川龍之介さんの代表作ですね。

 

ただ、LINEの効果である蜘蛛の糸は、
この作品のあらすじとは無関係です。

 

言いたいことはただ一つ。

「かろうじて繋がっている関係」

これです。

 

私たちは、人生において、
たくさんの女性と知り合いになるわけですが、

ほんの一瞬の繋がりしかない女性も
たくさんいます。

 

その中には、

魅力的な女性、

自分と相性ぴったりの女性

様々です。

 

そして、そのような女性たちは、
放っておけば、二度と会うことはありません。

職場や学校の女性であれば、
次の日以降、会えなくなるということは
ほぼありません。

 

しかし、

ビジネス上でのお付き合い

習い事先の女性

たまたま出会った女性

このような女性とは、
次の日以降、必ず会えるとは限りません。

 

このような状況で、その女性と
関係性を深めたいと思うのであれば、

蜘蛛の糸一本繋いでおく他ありません。

 

このような場合においては、
LINEは強い効果を発揮するでしょう。

また会えるかな、なんて思っていたら、

「実は、もう二度と会えなかった」

なんてこと、ざらにあります。

 

なので、狙っている女性が、
職場や学校、これに準じるような

次の日以降会えることが
ある程度担保されている関係でなければ、

LINEは交換しておいた方が良いでしょう。

 

きよぺーでした。

 

LINEを極める方法(きよぺーワンナイトスクール付き)

LINEによって、女性との
関係性を深める唯一の方法は、

あなたとターゲットの女性との
関係性に即した文章を送ること。

LINEで悩むのは
もう終わりにしましょう。

今なら、きよぺーの魂の叫び
「きよぺーワンナイトスクール」
も付いてます!

『横山建の恋愛LINEマスター養成コンサル』解説

LINEを哀しみと
ストレスなツールから、

楽しくて嬉しくて
気持ちいいツールへ
変えちゃいましょう!

 

きよぺーの会話具体例シリーズ

モテるノウハウを身につけたら
仕上げに会話の具体例を手に入れ、

他の男子たちと差をつけよう!

『サシ飲み会話具体例集』

きよぺーが「note」デビューいたしました!『サシ飲み会話具体例集(待ち合わせから夜のお誘いまで)』のご案内

ターゲットの女性と二人きりの空間で
誰にも邪魔されることなくサシ飲み

だが、サシ飲みは男女にとって戦場ですよ

待ち合わせから夜のお誘いまで、
サシ飲み全シーンの会話具体例をあなたに!

『サシ飲み会話具体例』はこちらから。

 

『サシ飲みの誘い方21パターン』

『サシ飲みの誘い方17パターン(声かけからオファーまでの具体例)解説付き』が完成いたしました!

女性へのアプローチにおける
最初の関門であるサシ飲みへの誘い

誘う男性も誘われる女性も楽しくなる誘い

怯えながら震えながらサシ飲みに誘う
あなたとサヨナラしましょう。

『サシ飲みの誘い方21パターン』はこちらから。

 

『いじり会話具体例集』

いじり会話具体例集〜いじりから始まる縦横無尽なトークを手に入れよう!

女性との関係性を深めるために
必須のスキルである「いじり」

いじりを制する者がアプローチを性する

上手にいじり、女性の感情を揺さぶり、
非日常の世界に誘(いざな)いましょう。

『いじり会話具体例集』はこちらから。